彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

タグ:OLYMPUS PEN-F ( 83 ) タグの人気記事


2018年 02月 20日

待ちかねたように

少し暖かい日が続いたと思うと、また寒さが戻ったりしているが、
まるで、寒い時期を山茶花に譲っていたかのように椿が咲き始めた。
似ている花だが、やはり、押し出しもよく貫禄のようなものがある。
これから、いろんな花弁の椿が待ちかねたように花を咲かせてくれるだろう。
a0261169_16064177.jpg


by taketyh1040 | 2018-02-20 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 02月 16日

冬バラ

散歩道に、冬バラを見付けた。
思わず「本当に?」としゃがみ込んで覗いてみた。
実に優しい色で咲いていたのだが、強烈な日射しで
コントラストが強く、いやでも上部が飛んでしまい
無理矢理、色を補正したので、少しキツイ色になってしまった。(それでも飛んでいる)
ご覧になるには、その分、差し引いて見て欲しい。(^_^;)
a0261169_15131055.jpg
a0261169_17372032.jpg
下の画像は、PEN-F + M_ZUIKO ED 60mm F2.8 MACRO
翌日、改めて別のカメラで撮ってみた。
やや日射しは優しかったが、中腰でアングルをとるのも苦しく
こういう時は、バリアングルモニターが有り難い。


by taketyh1040 | 2018-02-16 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 02月 15日

冬のツタ

散歩道に、ツタに囲まれた建物がある。
見事なほどに、建物だけでなく、塀にもビッシリとツタが這っている。
一本のツタなのであろうか。
冬のツタは葉もないが、別の意味で造形美のようなものを感じさせる。
a0261169_13353633.jpg
a0261169_13363876.jpg


by taketyh1040 | 2018-02-15 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 02月 06日

足跡もないカモ小屋

2度目の雪が降った翌日、森公園を訪れた。
カモ小屋を覗いてみたら、やはりカモたちはおらず、
小屋の周りの残雪にも足跡もなかった。
来る途中の南側の池に沢山のカモがいたので、
前回の雪以来、戻らずに凍らない池で過ごしているらしい。
池の周りに雪が残っていると、池に向かって雪を投げ込んで遊ぶ人が多いのだが
今回の雪は溶けてしまったので、ほとんど投げ込まれず小屋の周りも綺麗であった。(^^ゞ
a0261169_14423672.jpg


by taketyh1040 | 2018-02-06 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 01月 29日

スダジイ

森の爺、スダジイである。
森公園には古老のスダジイが多い。
何歳なのか、百を超える木なのか見当もつかないが、
その風格、風貌は貫禄に満ちている。
なにより、ギリギリと捻れたような幹が迫力であるが、
四方へ伸ばした大きな腕(枝)も逞しい。
時々、この大好きな爺さんを撮らせてもらう。
a0261169_15522386.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-29 00:00 | 木、森 | Comments(2)
2018年 01月 28日

懸命に咲く花

実は、これらの写真は、雪の前日に撮ったものであった。
雪の数日後に訪れると、雪の重さでか、ほとんど全部の花が落ちていた。
どの木も、蕾だけが歯を食い縛るように頑張っていた。
「そうか〜、梅も、こういう洗礼を受けるのか〜」
この歳になって、雪でこんなにも花が落ちてしまうのを初めて知り、
咲く花たちの懸命さを知った想いである。
これからは、花たちと、もっと真剣に向かい合おうと思う。
a0261169_15455361.jpg
a0261169_15461062.jpg
a0261169_15462710.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-28 00:00 | Comments(2)
2018年 01月 26日

逸れ凧

早いもので、もう正月の雰囲気も去って、すっかり日常の生活に戻っている。
公園で、何気なく見上げた目に、枝に引っ掛かった逸れ凧が映った。
そう言えば、まだ一月だったなぁ〜と妙に実感させられた。
a0261169_15381162.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-26 00:00 | 風景 | Comments(4)
2018年 01月 25日

雪が止んで色が蘇る

雪が止んだ翌日は、朝から近所総出で道路の雪かき。
若い人達が頑張ってくれたお陰で、家の前の通りは綺麗に除雪できた。
それから、ゆっくり朝食をとり、一段落して愛犬と雪道の散歩に出る。
最初、戸惑っていたが、徐々に慣れてきて(無理矢理?)腹まで雪にこすりながら歩いていた。
きっと、足は痛いほど冷たいだろうなぁ〜と思ったが、そのままいつものコースを歩く。
いつもの茅葺きの前に来て、雪の中で、あの墨絵のように見えた残像が残っていたので
木々や青空の色鮮やかに、自分でも驚くほど意外に感じた。
「そうか、当たり前に思っていたが、こんなに色鮮やかだったのか〜」と痛感。
なんだか、新しいものを発見したような気持ちになった。
a0261169_16054634.jpg
a0261169_16061731.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-25 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 01月 11日

葉隠れの術

夢中になって捕っている間、愛犬はジ〜と待っている。
撮り終わって、「さぁ〜行くよ」と振り返ったら犬がいない (@_@;)
「何処へ行った?」と探しかけたとき、積もった枯れ葉からムクッと頭を上げた。
「エッ!、隠れていたの?」まさか、暇なので腹ばいに伏せている間に葉に潜ってしまったらしい。
それにしても、上手く潜ったものだなぁ〜とレンズを向けた。
これじゃ〜、葉隠れの術だなといっても、本人はキョトンとしている。
a0261169_21174222.jpg
まだ落ちているシダーローズを拾いながら森を歩いていると
切り株の中に、小さな芽吹きがあった。
もしかしたら、転がり込んだドングリが芽を吹いたのかもしれない。
冷たい風にも負けず、凜と葉を広げている。
「生意気だなぁ〜」と笑いかけたくなる。
頑張って大きく育つと良いね。(^^ゞ
a0261169_20440134.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-11 00:00 | | Comments(2)
2018年 01月 10日

冬の鳥

最近、鳥を撮っていなかった。
「鳥を撮るぞ」というときは長玉を着け、それなりの準備をするのに、
今日は出会い頭で、真反対の広角ズームを目一杯伸ばしてである。(^_^;)
相変わらず鳥音痴なので、ヒヨドリではないらしい?ぐらいしか解らない。
それでも、ぷっくりと可愛い姿にレンズを向けてみた。
池では、凍った氷の上から、まるで堀ながら餌を狙うかのようなカモの仕草が面白く
カメラを忘れて見入ってしまった。
a0261169_21061908.jpg
a0261169_21063593.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-10 00:00 | | Comments(7)