彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

タグ:M.ZUIKO ED 12-40mm F2.8 PRO ( 66 ) タグの人気記事


2018年 06月 25日

雨の八幡神社

雨の中、神社へお参りする。
普段でもいないのに、雨の日は人影もなく鳥の囀りも聞こえない。
でも、そんな雨に濡れる神社も好きである。
濡れないように、傘を不器用に使いながらシャッターを切るが、
やはり、カメラもレンズもビショ濡れになった。
でも、昨今は、カメラも防塵防滴、気にしなくて済むのが有り難い。(^_^;)
a0261169_13244573.jpg
a0261169_13250072.jpg
今更ながらではあるが、この PEN-F を創り上げてくれたオリンパスの技術・姿勢に敬意を表したい。
最近、X-T2 に接し、軽量とコンパクト+高機能に満足しているが、それにも伍して
この PEN-F の先見性と、さらには堅牢性に加え デザインの良さに魅せられている。
モニターの良し悪しには意見があるとして、ほとんどに文句の付けようがない。
OM-D シリーズをフラッグシップに頂いているが、自分は真っ直ぐ PEN-F である。
持つ喜びもカメラの重要な要素と考えている。
惚れ込める容姿、機能、性能、品質、操作性のバランスが重要なのだ。
軽快さから「お散歩カメラ」としての位置づけに置きそうになるのだが、
出てくる画像は、どのカメラにも引けをとらない。
否、意図したものの表現は優れていることすらある。
こんなカメラと出会えたことに、今更ながら感謝である。


by taketyh1040 | 2018-06-25 00:00 | 神社、仏閣 | Comments(2)
2018年 06月 23日

雨に咲く クチナシの花

雨の中、クチナシの花が泣いているように咲いていた。
歌のせいもあるのか、この花は寂しげに見える。
一世を風靡するほどの歌のイメージは強い。
レンズを向けると渡哲也の歌声が頭の中に流れてくる。
a0261169_13135971.jpg


by taketyh1040 | 2018-06-23 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 06月 07日

厄介者?

散歩道のあちこちに植えてあるのか、もはや雑草なのか
タチアオイが一斉に花を咲かせている。
私は好きであるが、もしかしたら厄介者になっているのかもしれない。
我が家でも生け垣に無数のツタが絡んで悩みの種だが、
何処の垣根にも、ツタが巻き付いている。
一番上まで行ってしまって、「これから、どうしよう?」と迷っている姿も可笑しい。
a0261169_22033917.jpg
a0261169_22035571.jpg


by taketyh1040 | 2018-06-07 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 06月 05日

久しぶりに 生びわ

本当に久しぶりに、枝になっているビワを見た。
「そうだったよなぁ〜」一目でビワと解る実と葉。
子供の頃には、あちこちにビワの木があり、採って食べた記憶がある。
同じく、最近見ないものに、ザクロ、イチジク、桑の実・・
身近から消えていったモノが多いのを思い知る。
懐かしく、少し寂しい気持ちで見上げてきた。
a0261169_20272565.jpg


by taketyh1040 | 2018-06-05 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 06月 02日

金糸梅

森公園の散歩道、曲がり角の正面で黄色い花が目に飛び込んでくる。
金糸梅である。
5月に咲く黄色い花では、未央柳(ビヨウヤナギ)と双璧である。
どちらも同じ種に属するらしく、華やかさを競っている。
前を通る度に、この鮮やかな色に魅せられて立ち止まってしまう。
a0261169_12532072.jpg


by taketyh1040 | 2018-06-02 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 05月 23日

ヘビイチゴ

森の草の中に、今年も紅いものが目立ち始めた。
ヘビイチゴである。(正式名称は知らない)
5ミリにも満たないような小さなイチゴが一面に広がっている。
本当に蛇が食べるとは思わないが、なんとなく周りを見回してしまう。
これも森を彩る春の贈り物であろう。
a0261169_10190123.jpg
a0261169_10312444.jpg


by taketyh1040 | 2018-05-23 00:00 | 植物 | Comments(2)
2018年 05月 22日

今年も、ダービーが近付いて来た 2

ダービーに向け、競馬場の正門もバラで飾られた。
競馬最大のお祭りの準備が、日一日と進んでいる。
毎年思うのだが、門の内側に飾られる、この背の低いテントのようなものは何なのだろう?
きっと、意味があるのだろうが解らない。
もっと別のものの方が映えるような気がするのは余計なお節介であろう。
a0261169_10112663.jpg


by taketyh1040 | 2018-05-22 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 05月 20日

赤ちゃん

ふと見上げた桜の木に紅いものが目に入った。
なんと、小さなサクランボだ。
まだ生まれたてのサクランボの赤ちゃんである。
実に見事な色なので、つい見入ってしまった。
この桜並木でサクランボが採れるのは聞いたことがないが、
当然、実が着いて実るのだろう。
スーパーに、外国産の味は良いがどす黒いサクランボが並び始めている。
やっぱり、私は国産(山形産)の繊細な味の方が良い。
a0261169_20330787.jpg


by taketyh1040 | 2018-05-20 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 05月 12日

ヤマボウシ

木の枝を、まるで雪が積もったように白く覆っている花。
ヤマボウシである。
今にも風に乗って飛んでいきそうな風車の形をしている。
知らなかったが、この実が熟すとマンゴーのような味がするという。
味見に挑戦してみようかな。(^_^;)
a0261169_14400803.jpg


by taketyh1040 | 2018-05-12 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 04月 27日

小さなお客様

ツルニチニチソウの花に小さなテントウ虫のお客様。
こんな小さなテントウ虫は初めてである。
歩いてくれないかと待っていたが動かない。
きっと恥ずかしがり屋さんなのかもね。(^^ゞ
a0261169_16394647.jpg


by taketyh1040 | 2018-04-27 00:00 | 花・実 | Comments(0)