彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

タグ:FUJINON XF35mm F1.4 R ( 29 ) タグの人気記事


2018年 09月 30日

いつもの曲り路

愛犬と歩くいつもの散歩路。
あんなにうるさかった蝉の声も途切れ途切れになってきた。
路肩にススキの穂が目立ち、秋の色が濃くなり始めている。
春夏秋冬、歩く路だが、気が向くと、年に何回も、この曲がり路を撮っている。
なぜか、この曲り路の木々の重なり具合が好きなのである。
a0261169_17040214.jpg


by taketyh1040 | 2018-09-30 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 09月 18日

彼岸花(曼珠沙華)2

まだ、暑い日射しが照りつけて汗がシャツを濡らすが、森の中に入るとヒンヤリとする。
吹き抜ける風が、一気に、その汗を消してくれるのが心地良い。
群生地も良いが、いつもの鎮守の杜にわずかに咲く彼岸花もよい。
どうしてここに根付いたのか、誰かが、ソッと植えてくれたのか。
この作為のない自然な生え方に、なんとも言えず惹かれてしまうのである。
a0261169_15175900.jpg
a0261169_15181325.jpg
a0261169_15183171.jpg


by taketyh1040 | 2018-09-18 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 09月 13日

毎年、萩の撮影は、決まった萩のトンネルを撮っていた。
他で萩を見かけても、なんだか絵になりづらそうに思っていたのだ。
それが、ふと目に入った萩の花が、妙にリアルというかキレイに映った。
萩の花って、どんな形で、どう咲くのか、よく解らない印象もあったが、
この花が、「本当は、こう咲くの!」と教えてくれたような気がした。
a0261169_18353641.jpg


by taketyh1040 | 2018-09-13 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 09月 11日

大国魂神社

最近は、お参りをしても、あまり撮影していなかった大国魂神社。
珍しく、薄曇りだったのでカメラを向けてみた。
午後の落ち着いた時間だが、相変わらず参拝客は多い。
人が入らない処へレンズを向ける。
何度撮っても、飽きないから不思議である。
a0261169_17150011.jpg
a0261169_17151499.jpg
a0261169_17152815.jpg
a0261169_17154134.jpg


by taketyh1040 | 2018-09-11 00:00 | 神社、仏閣 | Comments(0)
2018年 09月 10日

ご神木の生命力

大国魂神社の門前を守るご神木。
今迄も、大分手当て(手術)を受けてきたが、いよいよ大手術を施したらしい。
傷んだ内部をくり貫き、所々に腐らないように通気用の窓が開けてあった。
ここまで大胆な手術は初めて目にした。
枝も大幅に切り落とし、幹の負担を減らしたようである。
あの隆々とした逞しく美しい姿ではなくなったが、逆にある種の神々しさが出たように思われる。
何百年か千年か解らないが、生き続けてきた生命力には只只感服である。
どうか、これからも元気で門前を見守っり続けて欲しいと願う。
a0261169_22453345.jpg


by taketyh1040 | 2018-09-10 00:00 | 木、森 | Comments(0)
2018年 09月 07日

名残の時計草

随分前から蕾を見ているのに、今年は開花が見られなかった時計草。
やっと咲いている花に出会えた。
この家の人が、数年前に「時計草は3年しか咲かない」と言っていたのを思い出す。
貴重な最後の花かもしれないなぁ〜。
a0261169_19380527.jpg


by taketyh1040 | 2018-09-07 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 09月 06日

台風一過 落ちた青いドングリ

今年最強の台風21号が去った。
昨日は、各地に予想外の大きな被害を出て、お驚きと緊張が走った。
お陰で、当地は大きな被害もなくホッと胸をなで下ろしている。
朝の内に、台風一過の森を歩いてきた。
大小の枝が落ち、痛々しい光景もあったが、全体的には落ち着いていた。
まだ青いドングリが落ちて路を覆っていたので、拾って、ベンチに置いてみた。
既に、芝生の丘には、園児達が元気に走っている。
手前の枝に、羽を休めていたトンボが、気のせいか、ホッとしているようにも見えた。(^^ゞ
a0261169_12453036.jpg
a0261169_16172108.jpg


by taketyh1040 | 2018-09-06 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 08月 31日

保存家屋 豪商

昨日の農家と対照的な、豪商の屋敷も保存されている。
あまりに豪華で広大な屋敷に、当時の隆盛を垣間見ることが出来る。
ただ、不思議と閑散としたものを感じてしまうのは何故だろうか。
庭の先には、茶室も兼ねたような趣のある別邸も設けられている。
a0261169_18450410.jpg
a0261169_18445063.jpg
a0261169_18443496.jpg
この FUJI のセットだと、レンズ3本を持って歩いても苦にならないのが嬉しい。(^_^)v


by taketyh1040 | 2018-08-31 00:00 | 建物 | Comments(0)
2018年 08月 19日

散歩道の夏

森に、いつの間にかキツネノカミソリが咲いていた。
ノウゼンカズラも、もう満開を過ぎつつある。
蝉が、精一杯の声で鳴いている。
静かで、騒がしい散歩道の夏である。
a0261169_14461142.jpg
案内が前後するが、上の1枚は新レンズ FUJINON XF90mm F2 R LM WR にて撮影

下の2枚は、FUJINON XF35mm F1.4 R
a0261169_09105714.jpg
a0261169_09111599.jpg


by taketyh1040 | 2018-08-19 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 08月 17日

軽量か、実用性か

先日、長年愛用した折りたたみ傘が壊れたと書いたが、
買い物のついでに傘売り場を覗いてみた。
思わず「こんなにあるのか〜」ざっと30 〜 40 種類も置いてある。
最初、軽量のものが良いと軽いものから見始めたが、
あまりの華奢さに微風でも折れそうだと思えるものばかり、
今更、高級なものは望まないで、普及品で選ぶと決めたが、
それでも、できれば小さくて丈夫な方が良い。
私にしては珍しく、次々と売り場で開いて見比べた。
結局、選んだのは骨数も最低限妥協できる7本、造りもシッカリ感のあるものになった。
安くも高くもなく、手頃なものに出会えて、バッグに入れて予備に持ち歩くのならこれで由と納得。
一口に傘と云っても、多種多様。良い勉強になった。
a0261169_15384118.jpg


by taketyh1040 | 2018-08-17 00:00 | 道具・機械 | Comments(0)