彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

タグ:FUJINON XF35mm F1.4 R ( 38 ) タグの人気記事


2018年 11月 13日

秋色に染まり行く森を歩く

森を歩くと、日を追うごとに、確実に彩りが濃くなっていく。
これが、秋の、なによりの楽しみである。
彩りが増すごとに、あんなに飛んでいた蝶やトンボの姿が見えなくなってきた。
夏から秋ではなく、もう秋から冬へ進んでいるのだ。
でも、紅葉のピークには、まだ遠い。
a0261169_14182093.jpg
拾った紅葉をベンチに置いてみた
a0261169_14183932.jpg
鴨池の周りも、キレイに色付いてきたが
カモたちも紅葉が解るのだろうか。
a0261169_14185793.jpg
a0261169_14191495.jpg
a0261169_14192778.jpg


by taketyh1040 | 2018-11-13 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 11月 11日

日一日 彩りも濃くなり

心地良い秋晴れの中、愛犬と森を歩く。
日一日、紅葉が彩りを濃くしているのが解る。
「まだまだ」と思いながらも、つい探しながらカメラを向ける。
まだ部分的なだけに、かえって色彩が強烈に感じるのかもしれない。
それにしても、自然が創り出す色は実に美しい。
a0261169_15532083.jpg
a0261169_15533602.jpg
a0261169_15535255.jpg
a0261169_15540935.jpg
a0261169_15542415.jpg


by taketyh1040 | 2018-11-11 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 11月 10日

紅葉

日ごとに紅葉が進んでいるが、まだまだ、ほんの一角だ。
早く、燃えるような紅葉が見たいものである。
首を長くしながら森を歩いている。
a0261169_12090306.jpg
a0261169_12092073.jpg


by taketyh1040 | 2018-11-10 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 11月 08日

紅葉の始まり

いつもの森公園にも、紅葉した木が目立ち始めてきた。
まだ全体の一割にも満たないが、今年の紅葉はどうなのだろうか?
そろそろ気が揉め始めてもいる。
ここ1〜2年、染まり具合も色も芳しくなく、地元ばかりか
箱根など紅葉の名勝地を訪ねても枯れ葉色が目立ち心配していた。
すぐに、温暖化のせいか?と考えてしまう始末。
東北方面へ北上せねば、本当の紅葉も見られなくなるのかと心配している。
そんな想いで、今年こそは美しい紅葉をと願いながら待っている。
a0261169_13403571.jpg
a0261169_13410164.jpg
以前は、この森は、この写真のように実に美しく紅葉していた。
また、美しさを取り戻して欲しいと切に願っている。
a0261169_13453427.jpg
Leica M9 + ELMART-M 28mm F2.8 ASPH(2011年撮影)


by taketyh1040 | 2018-11-08 00:00 | 木、森 | Comments(0)
2018年 11月 05日

トリミング

愛犬のトリミングに行ってきた。
トリミングは、月に一度。シャンプーは、週に一度である。
トリミングした、その日は、なにかしっくり馴染まない顔をしているが
数日すると落ち着いてくる。
昨日の今日だが、良さそうなのでカメラを向けると、なかなか正面を向いてくれない。
「人なら、もう少し顎を引いて」など注文を付けられるが、犬には通じない。
機嫌の良さそうな内に数枚撮った。
縦チルトが使える このカメラは、こういうローアングルには有り難い。
a0261169_20422369.jpg
a0261169_20420357.jpg
a0261169_20423617.jpg


by taketyh1040 | 2018-11-05 00:00 | | Comments(0)
2018年 11月 03日

秋日和

雲一つない秋空の下、意外に強い日射しなのか芝生の丘には人影もないが、
遠くで、遊びに来ている幼稚園児達の声が聞こえる。
隣接するコートでは、某大学のテニス大会が開かれているらしく
ショットが決まる度に大きな歓声が上がっている。
秋日和のなか、なにを撮るでもなく、心地良い風に吹かれながら歩いた。
a0261169_13593926.jpg
a0261169_13595801.jpg


by taketyh1040 | 2018-11-03 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 11月 01日

秋の空

愛犬と森公園を歩く。
秋らしい気持ちの良い天気だ。
ベンチに座り、休みながら見上げる空は、気持ち良く晴れ渡っている。
風も心地良く、雲が静かに流れていた。
ベンチに座ったまま背伸びをし、深呼吸する。
空を独り占めした気分なる。
まさに秋である。
a0261169_14235570.jpg


by taketyh1040 | 2018-11-01 00:01 | 風景 | Comments(0)
2018年 10月 25日

秋色

散歩道のキバナコスモス、夏の終わりから咲き続けて、
もうススキが咲いてきたのに頑張っている。野生化した強さであろうか。
それなら撮ってやらねばとカメラを向ける。
a0261169_12244111.jpg
庭の、柿の若木は、まだ背丈も腰の高さぐらいであるが、実を着け始めて数年が経つ。
庭には、老木になった柿の木が、「若者よ早く一人前になれ」と老体に鞭を入れながら頑張ってくれている。
桃、栗 3年、柿 8年と言われるが、「なるほど」と思わされる。
最初に実を着けた年、「さて」と食べてみると、全然、味がしない。
それから、毎年、「まだかなぁ〜」と待っていたが、
やっと、今年は、満足な柿らしい味がしてきた。
「なるほど8年経たないと一人前にならないのか」と解った次第である。
a0261169_12251594.jpg


by taketyh1040 | 2018-10-25 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 10月 24日

ハナミズキの赤い実

秋が進むにつれ、街路樹のハナミズキが赤い実を着けてきた。
毎年の光景なので、今や、木を覆う圧倒的な量と鮮やかな色が強く秋を感じさせる。
アメリカ生まれの木も、もうすっかり、日本の景色に溶け込んでいる。
a0261169_13120306.jpg
a0261169_13122145.jpg


by taketyh1040 | 2018-10-24 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 09月 30日

いつもの曲り路

愛犬と歩くいつもの散歩路。
あんなにうるさかった蝉の声も途切れ途切れになってきた。
路肩にススキの穂が目立ち、秋の色が濃くなり始めている。
春夏秋冬、歩く路だが、気が向くと、年に何回も、この曲がり路を撮っている。
なぜか、この曲り路の木々の重なり具合が好きなのである。
a0261169_17040214.jpg


by taketyh1040 | 2018-09-30 00:00 | 風景 | Comments(0)