彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

タグ:EOS 20D ( 25 ) タグの人気記事


2016年 08月 18日

富良野・美瑛の涼を思い出して 4

少し気持ちが昂ぶっているのか、旅先では未明に目が覚める。
ホテルの窓から、空が徐徐に白んでくるのを見ているのは気持ちが良い。
妻を部屋に残して、夜明け早々の清々しい林道を歩いてくる。
その後の朝食が格段に美味しいのである。

a0261169_16543294.jpg

a0261169_1654596.jpg

隣接するゴルフ場も朝露に濡れて、まだ誰の足跡もついていない。鳥の囀りが心地よい。
a0261169_174241.jpg


by taketyh1040 | 2016-08-18 00:03 | 風景 | Comments(4)
2016年 08月 17日

富良野・美瑛の涼を思い出して 3

美瑛に行ったら、ここだけはと訪れた聖地「拓新館」
なんだか、前田真三さんと直に触れることが出来たような気持ちにもなった。
その後訪ねた牧場で、初めて馬に跨がり牧草地から山林の中を 2時間近くも散策をしたのが、
全く新しい北海道を実感できた時間であった。

a0261169_16451655.jpg

a0261169_16454786.jpg

a0261169_16461766.jpg


by taketyh1040 | 2016-08-17 00:03 | 風景 | Comments(2)
2016年 08月 16日

富良野・美瑛の涼を思い出して 2

美瑛の中を、当てずっぽうに走り回り、圧倒される景色に驚き、感動しながらシャッターを切った。
今に思えば、もっと落ち着いてジックリ撮れば良かったと後悔の念もある。
それでも、新鮮な感動が垣間見える気もするので由としている。

a0261169_16361064.jpg

a0261169_16363246.jpg

a0261169_16365317.jpg

a0261169_16372726.jpg


by taketyh1040 | 2016-08-16 00:03 | 風景 | Comments(2)
2016年 08月 15日

富良野・美瑛の涼を思い出して 1

お盆で、勝手に出歩けず家にいる。
僅かの時間でも外へ出ると暑さに逃げ帰る。
涼しさを考えていると、いつも思い出すのが夏の終わりの富良野・美瑛である。
確か、9月に入って早々だったと思うが、涼しかったなぁ〜。

美瑛をあちこち走り回り、帰りがけに夕暮れの中、その時は「クリスマスの木」とも知らずに撮った夕景だった。
a0261169_16254051.jpg

a0261169_16255647.jpg


by taketyh1040 | 2016-08-15 00:03 | 風景 | Comments(4)
2016年 07月 23日

安静

簡単な手術を受けて、4〜5日の安静を命じられている。
妻の監視もあり、カメラを持ちフラフラと出歩けない。愛犬も、優しく散歩の催促に来るが妻が代行してくれている。
原則として撮り立ての画像で投稿してきたのだが、出歩けないと、妙に遠出をしたときのことを思い出すので、
それならと、少し、以前の写真を振り返ってみることにした。
まだ、20Dの頃の写真で目についたは、北海道美瑛の草原と、琵琶湖畔、長浜の竹塀の道である。

a0261169_1762321.jpg

a0261169_1764414.jpg


by taketyh1040 | 2016-07-23 00:03 | 風景 | Comments(2)
2016年 05月 21日

大魔神

清原の裁判に情状証人として出席し、久しぶりにTVに繰り返し登場した大魔神こと佐々木が注目を集めていた。
そのこととは別に、私のブログで、嬉しいことに繰り返しご覧いただている写真のトップが、この大魔神なのである。
琵琶湖畔の長浜で撮った写真だが、私のブログのヒット写真となっている。
大魔神と向き合った、あの日(2006.4.26)を思い出しながら再掲載とした。
(ISO100 F5.6 1/8 手持ち撮影)

a0261169_19444282.jpg


by taketyh1040 | 2016-05-21 00:03 | 作品 | Comments(2)
2016年 02月 29日

盆梅展

梅の時期になると、決まって、長浜の盆梅展を思い出す。
初めて見たとき、あの迫力と見事さに圧倒されたのを、今でも強い印象で残っている。
小さな(普通の)盆に植えられたモノは見ていたが、天井まで届くほどの隆々とした姿は新鮮で驚きでもあった。
最近は、なかなか琵琶湖畔までは出かける用事もないが、機会があれば、また訪れたいものである。

a0261169_14401274.jpg

a0261169_1440313.jpg

a0261169_14404975.jpg


by taketyh1040 | 2016-02-29 00:03 | 花・実 | Comments(2)
2015年 08月 28日

ヒマワリ畑

9月が近付くと美瑛を思い出す。
私が知っている美瑛は、花で溢れる6月でなく、秋も深い9月の美瑛なのだ。
それでも、所々の丘を肥料にするための花が埋め尽くしていた。
このヒマワリの丘も、その初めて目にした広大さと美しさに圧倒されたのを思い出す。

a0261169_21525612.jpg


by taketyh1040 | 2015-08-28 00:03 | 風景 | Comments(4)
2015年 08月 04日

夜明けの富良野

富良野を想う時、最初に浮かぶのが、この写真である。
到着した翌早朝、やっと、朝陽が昇り始めた頃、ホテル裏の白樺林を歩いていたらゴルフ場に出た。
朝露に濡れたようなグリーンが美しく、清々しい空気を胸一杯に吸い込んだのを思い出す。
想い描いていた富良野の爽やかさに触れた想いであった。

a0261169_11594310.jpg


by taketyh1040 | 2015-08-04 00:03 | 風景 | Comments(4)
2015年 08月 03日

竹塀の道

印象深い写真がある。
その街や土地を思い浮かべると反射的に蘇る写真である。
理由は自分でも解らない。
そんな写真の一枚が、琵琶湖畔 長浜の、この竹塀の通りである。

a0261169_2113121.jpg


by taketyh1040 | 2015-08-03 00:03 | 風景 | Comments(2)