彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

タグ:EF24-70mm F4 L IS ( 165 ) タグの人気記事


2019年 02月 22日

湯島天神2

天満宮に牛が飾られているのは、菅原道真公が太宰府に流された旅の途中、
命を狙う敵が現れた折に、都で可愛がっていた白牛が現れ敵から救ったと伝えられている。
その由来から、全国の多くの天満宮に牛の象が奉納されているだという。
ほとんどの参拝客が撫でるので、牛の象はピカピカに輝いていた。
a0261169_16380967.jpg
a0261169_16383341.jpg
a0261169_16384817.jpg
a0261169_16390372.jpg
境内から出たところにお土産屋があった。
懐かしい下町の風情が残って、思わず覗いてみたくなる店である。
a0261169_16392059.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-22 00:00 | 神社、仏閣 | Comments(0)
2019年 02月 21日

湯島天神

湯島天神(湯島天満宮)へ行く。
上野駅から程近く、「湯島の白梅」と音に聞こえた梅の名勝地である。
今迄、名は知っていても訪れたことがなかったが、
なるほど、参拝客が多く、神殿前には参拝のために長い行列ができていた。
期待したほど梅の数は多くなかったが、どれも選りすぐりの梅だろうと思わせる風格あるものであった。
それと驚いたのは、絵馬の数が、今迄、どの天満宮でも見たことがないほど桁違いに沢山掛けられていた。
古来、それほど多くの人が願いを掛けに訪れ続けてきたのだろう。
また、上野の新しい一面を知った想いであった。
a0261169_15593250.jpg
a0261169_15594702.jpg
a0261169_16000297.jpg
a0261169_16001934.jpg
a0261169_16003159.jpg
a0261169_16005618.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-21 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 02月 20日

上野と精養軒

久しぶりに上野を歩いた。
精養軒本店で食事することになっていたのが主な目的だったが、
時間があり、公園内を散策しながら歩いた。
考えてみると、今迄、西郷さんの銅像にカメラを向けたことがなかったが、
改めて、前に立ってみると撮りたいと思った。
不忍池に、こんなにカモメがいるのかと、今更ながら驚いたりした。
a0261169_21354765.jpg
a0261169_21363920.jpg
a0261169_21365219.jpg
a0261169_21370607.jpg
明治時代(鹿鳴館以前から)日本の洋食文化を作ってきた礎とも言える精養軒。
数多くの文壇の巨匠たちがここで交流を深めていたことでも知られている。
そんなことを想いながら、不忍池を眺めつつの食事は格別の趣がある。
a0261169_21442364.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-20 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 02月 19日

相撲の街

相撲の街 両国を訪れた。
残念なことに国技館も大江戸博物館も閉館日。
仕方なく、周辺を歩き、両国駅に併設されている観光案内所に入ったが、
実寸大の土俵まで設えた手の混んだ造りと、情調たっぷりの食事処が軒を並べていた。
期待以上の設備と企画にに十分楽しめた。
a0261169_19590902.jpg
a0261169_19593781.jpg
a0261169_19594949.jpg
a0261169_20000577.jpg



by taketyh1040 | 2019-02-19 00:01 | 風景 | Comments(0)
2019年 02月 15日

稲荷神社

神社や寺はよく撮影しているが、稲荷神社は、あまり撮ったことがない。
どうも狐を飾っていることに抵抗があるのかもしれない。
大国魂神社の境内にも稲荷神社が祀られている。
ここは、鳥居とお社だけで狐は飾っていない。
だからという訳ではないが、珍しくカメラを向けてみた。
a0261169_21583151.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-15 00:00 | 神社、仏閣 | Comments(0)
2019年 02月 14日

随神門

撮る当てがない日、自然と足が向く処がある。
この随神門も、その一つである。
四季折々、こちらの勝手なときに訪れても、
黙ってモデルを務めてくれる。
でも、それらの写真を振り返ってみると
不思議なもので、その度に違う写真になっている。
撮る こちらの気持ちが違うのか、その時々の光が違うのか、
解らないが、なにかが違っているのだろう。
a0261169_22024607.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-14 00:00 | 神社、仏閣 | Comments(0)
2019年 02月 07日

小田原城の梅と海

我々夫婦にとって、小田原城の最も強い印象が美しい梅であった。
きっと、当時も2月に訪れたのであろう。
城内で目にした梅は、そんな遙かな思い出のとおり美しく上品で威厳に満ちていた。
a0261169_15572660.jpg
a0261169_15573967.jpg
もう一つ、小田原の石だらけの海岸と海。
久しぶりに、足をねんざしないよう注意しながら海岸へ降りた。
a0261169_15595665.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-07 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 02月 06日

小田原城

熱海の帰りに小田原城に寄った。
小田原城に来たのは実に50年ぶりである。
結婚前、妻と最初に遠出したのが小田原城であった。
当時のことは断片的にしか憶えていないが、二人とも懐かしさに浸りながら歩いた。
既に夕方であったが、ゆっくり城内を散策した。
流石に天下の名城。なんとも言えない趣と威厳に満ちていた。
a0261169_15375674.jpg
a0261169_15380961.jpg
a0261169_15383761.jpg
a0261169_15385477.jpg
a0261169_15382244.jpg
a0261169_15401749.jpg
a0261169_15403202.jpg
小田原城陥落の決め手となった「一夜城の絵図面」


by taketyh1040 | 2019-02-06 00:00 | | Comments(0)
2019年 02月 05日

熱海は春

妻が、朝、急に思い立って熱海に行こうという。
2月なのに、まるで春のような暖かさなので、10時を過ぎていたが気紛れに出掛けた。
久しぶりの熱海は、驚いたことに熱海桜が満開であった。
海岸の一本だけかと思ったら、街中の川沿いの桜並木も満開である。
シャツ一枚で袖をまくっても汗ばみながら桜の下を歩いた。
カモメたちも機嫌が良いのか、近付いても逃げず愛嬌を振りまいている。
熱海城から見下ろす真っ青な海には、初島へ向かう観光船が白い波の糸を引いていた。
熱海は、もう春であった。
a0261169_22472427.jpg
a0261169_22473929.jpg
a0261169_22475270.jpg
a0261169_22480300.jpg
a0261169_22481823.jpg
a0261169_22483177.jpg
a0261169_22484577.jpg
a0261169_22490433.jpg
a0261169_22491942.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-05 00:00 | 風景 | Comments(2)
2019年 01月 01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
旧年中は 大変お世話になりました
本年が 皆さまに良い年であり 益々傑作が撮れますようお祈りいたします
本年も 新たな気持ちで写真に取り組んでいきたいと存じます
どうぞ宜しくお願いいたします
a0261169_21051178.jpg


by taketyh1040 | 2019-01-01 00:00 | 風景 | Comments(0)