人気ブログランキング |

彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

タグ:EF24-70mm F4 L IS ( 181 ) タグの人気記事


2019年 05月 06日

くらやみ祭_太鼓

府中は「くらやみ祭」である。
4日は、20台の山車と6つの大太鼓が競演し、5日の夜は、八基の神輿が出て暗闇の中荘厳に舞う。
何と言っても、暗闇の中で提灯の明かりに照らされて金色に光る神輿は妖しくも神々しく美しい。
昼間、植木市を見に行く途中、丁度、一台の太鼓に出会った。
街並みを揺らすほどの、地響きのような大音を間近に聞くと身体が震えるほど迫力があるが、
こればかりは、騒音ではなく、伝統の心地良い音である。
a0261169_20343405.jpg
a0261169_20345938.jpg
a0261169_20351687.jpg
a0261169_20352748.jpg


by taketyh1040 | 2019-05-06 00:00 | | Comments(0)
2019年 04月 27日

散歩道のハナミズキ

散歩道にもハナミズキが目立ち始めている。
街路樹に多いせいか、街が一段と華やいで見える。
日本の桜と交換で、アメリカからやって来たこの花も
いまや、すっかり日本に定着しているようである。
a0261169_10244741.jpg
a0261169_10245660.jpg
a0261169_10302743.jpg
a0261169_10303665.jpg


by taketyh1040 | 2019-04-27 18:07 | 風景 | Comments(0)
2019年 04月 21日

春の善光寺 桜と梅の中、珍しく静かでゆったり参拝

何度か、善光寺を訪れたが、いつも、もの凄い参拝客に圧倒されながらの参拝であった。
今回は、驚くほど空いており、拍子抜けしそうなほど静かな善光寺であった。
参道にも、人影もまばらで、ゆったりと歩くことが出来た。
まだ、梅が咲いており、桜と梅の競演まで楽しむことが出来た。
a0261169_23054847.jpg
a0261169_23060945.jpg
a0261169_23062064.jpg
a0261169_23063615.jpg
a0261169_23073306.jpg
a0261169_23082803.jpg
a0261169_23075639.jpg
a0261169_23085341.jpg
東京では終わってしまった梅と桜が同時に見られ、長野らしいなぁ〜と感じる
a0261169_23090973.jpg


by taketyh1040 | 2019-04-21 00:00 | 神社、仏閣 | Comments(0)
2019年 04月 20日

大王わさび農場 安曇野の清流

安曇野というと、すっかり水路が有名になったが、
本来は、わさび農場である。
広大なわさび畑が広がり、美しい光景を見せてくれている。
a0261169_22564468.jpg
a0261169_22570450.jpg
a0261169_22572096.jpg
まだ、満開の土手の桜が花を添え、さらに美しい光景を創ってくれていた
a0261169_22573583.jpg


by taketyh1040 | 2019-04-20 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 04月 19日

安曇野

もう4〜5回目の訪問である。
黒澤作品「夢」で描かれて以来、すっかり有名になり
今では、観光バスが引っ切りなしに訪れる名所になっている。
相変わらず、透き通る水の流れも美しく、周りを雪をいただくアルプス山脈が囲み、心癒やされる光景が広がっていた。
a0261169_22452713.jpg
a0261169_22455117.jpg
a0261169_22481383.jpg
a0261169_22483192.jpg
a0261169_22484511.jpg
a0261169_22491434.jpg
a0261169_22493753.jpg
a0261169_22495213.jpg


by taketyh1040 | 2019-04-19 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 04月 18日

国宝 松本城

初めて松本城を訪ねた。
豊臣の城らしく黒壁の重厚な姿が威厳に満ちていた。
後ろに、まだ雪が残る日本アルプスが美しく連なり、得も言われぬ荘厳な佇まいである。
木造のままの姿は、400年余の風雪に耐えた日本の城の美しさを直に実感させてくれた。
a0261169_22023054.jpg
a0261169_22030243.jpg
a0261169_22042847.jpg
現存する日本最古の五重天守の風格ある景観
a0261169_22032912.jpg
a0261169_22035588.jpg
a0261169_22062258.jpg
a0261169_22064406.jpg
a0261169_22070523.jpg
建設当時のまま現存する木造の城。
以前、犬山城なども訪れたが、松本城ほど急角度な階段の城は他に無い。
緩やかなところでも55度、急なところは垂直に近い61度の急勾配だ。
あまりの傾斜に、いろんな国の言葉で悲鳴が響き渡っていた。
降りる人は、怖がってお尻をつき、しがみつきながら降りるので大停滞となった。
敵に攻め込まれたときに、容易に登れないよう工夫されたものであり、
いかにも戦国時代を痛感させるものであった。
a0261169_22072295.jpg
a0261169_22075034.jpg
a0261169_22082690.jpg
a0261169_22092643.jpg


by taketyh1040 | 2019-04-18 00:00 | | Comments(0)
2019年 04月 11日

鎮守の杜にムラサキハナナ

いつの間に根付いたのか、ムラサキハナナが鎮守の杜に広がっていた。
あまり色がない森だけに、この紫の鮮やかさが際だって見える。
森の木々に春を知らせているようである。
a0261169_01475194.jpg


by taketyh1040 | 2019-04-11 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 04月 10日

椿のトリ

いよいよ、頑張っていた椿が散っている。
冬枯れの、花が無い時期を頑張ってくれたが
春の花たちにバトンタッチである。
a0261169_01352579.jpg


by taketyh1040 | 2019-04-10 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 04月 08日

山桜の花吹雪が始まりそう

鎮守の杜の山桜が最盛期を迎えている。
もう、そろそろ散り始めてくるだろう。
驚くほど背の高い木が多いので、ここの花吹雪は見事の一言である。
誰もいない森の中で、山桜の吹雪を独り占めするのは恍惚感ですらある。
桜が咲くのと、同じぐらい楽しみにしている。
a0261169_23290713.jpg
a0261169_23292136.jpg
a0261169_23294322.jpg
a0261169_23300294.jpg
a0261169_23301961.jpg


by taketyh1040 | 2019-04-08 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 04月 02日

SL と ゼロ戦

あまり鉄道、特に SL など撮る機会がないが、
先日、靖国神社へ行った折、境内の遊就館(ゆうしゅうかん)に展示されている機関車を撮った。
今の電車には見られない動輪の逞しい美しさに魅せられてしまった。
SL マニアの気持ちが良く解る気がした。
同じフロアーに展示されているゼロ戦もキレイに修復されており、
往時の凜々しさを感じさせていた。
新元号を迎えたが、昭和の記念品を改めて見る想いである。
a0261169_00315035.jpg
a0261169_00320486.jpg


by taketyh1040 | 2019-04-02 00:00 | 電車・列車・鉄道 | Comments(0)