人気ブログランキング |

彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2019年 02月 28日

地獄の門

上野は美術館が多い。
駅のすぐ側に国立西洋美術館がある。
西洋の美術作品を専門とする美術館であり、本館が、ル・コルビュジエの建築作品として世界文化遺産に登録されている。
前提には、多くのロダンの作品が常設されている。
「カレーの市民」や「考える人」・・・などあるが、今回は「地獄の門」にレンズを向けてみた。
今度、ここだけをゆっくり訪ねたいと思っている。
a0261169_01055769.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-28 00:01 | 作品 | Comments(0)
2019年 02月 28日

東京ミッドタウン

六本木に聳え立つ 東京ミッドタウン。
六本木界隈で見回してみると、既に六本木ヒルズも目立たないほど超高層ビルが林立している。
そんな中でも、異彩を放っているのが東京ミッドタウン。
入ってみると、高級店が並び、気楽にショッピングとは言いにくいが、ウィンドウ・ショッピングには最適な処である。
少し時間があるときには、ゆっくり散策しながら時間調整には持って来いである。
a0261169_00285325.jpg
a0261169_00290553.jpg
a0261169_00291876.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-28 00:00 | 建物 | Comments(0)
2019年 02月 27日

上野動物園

パンダも見た後、もう閉園近い時間になっていたが、
一番近い施設を歩いてみた。
プレーリードッグや日本猿が目に入り、しばらく見ていたが
猿の、物思う仕草は、何か引き付けるものがある。
また、園内には旧寛永寺の五重塔が見事な姿を見せている。
a0261169_00415362.jpg
a0261169_00420798.jpg
a0261169_00422088.jpg
a0261169_00460047.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-27 00:00 | 動物 | Comments(0)
2019年 02月 26日

初めてのパンダ撮る

初めてパンダを撮った。
恥ずかしいが、生来、並ぶのが好きではないので
長い行列のニュースを見ると、とても行く気にはならなかった。
最近、ニュースも流れないので「もう、すっかり過熱も収まったのだろう」と
安易な気持ちで出掛けたが、門を入ると長い行列ができていた。
現地に来てしまったので、観念して行列に並んだ。
1時間以上並んで、「さぁ〜というところで」一旦、列が遮断され
「パンダを屋外から屋内へ移動させますので待って下さい」とアナウンス。
そして再開されると、先頭でパンダ舎へ。前に誰もいないので、自由にアングルもとれる。
それでも、分厚いガラス越しなので反射を避けるのが難しい。
「止まらないで下さい」の連呼の中、あれこれ工夫しながら、ゆっくり歩く。
案の定、反射とブレでボツの山であったが、どうにかの何枚かがあった。
直にパンダを見てみると、これは長い時間待っても見たいだろうなぁ〜と素直に実感した。

シャンシャンも、こんなに大きくなった。
寝ながら食べるのは父親ゆずりらしい。
a0261169_23141381.jpg
a0261169_23142649.jpg
シャンシャンのお母さんは座ってくれていた
a0261169_23291322.jpg
シャンシャンのお父さんは寝ながら食事だ
a0261169_23294653.jpg
a0261169_23301596.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-26 00:00 | 動物 | Comments(0)
2019年 02月 25日

梅がキレイ

天気も良く暖かいので、梅を撮りに行こうと思い立ち梅林へ。
日曜日とあって駐車場も満杯で。今年この梅林では見たことがないほど人が押し寄せていた。
いつも、梅を、それなりにキレイだなぁ〜と思いながら撮っているが、
この日は、見る梅、見る梅が本当にキレイであった。
盛りなのであろうか、いや、蕾をつけている花も多い。
なのに、一つ一つの花が、なにしろキレイに見えるのである。
なんだか嬉しくなった。こんな気持ちで梅を撮ったのは初めてであった。
やっぱり、行って良かった。(^_^)v
a0261169_20531682.jpg
a0261169_20533055.jpg
a0261169_20535302.jpg
a0261169_20542129.jpg
a0261169_20543763.jpg
a0261169_20545078.jpg
a0261169_20553914.jpg
a0261169_20555477.jpg
a0261169_20564435.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-25 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 02月 24日

東京の5美術大学による制作展

国立新美術館を訪れたとき、東京の5つの美術大学連合で卒業制作展が行われていた。
入り口で、撮影しても良いか訪ねると「どうぞ、是非撮って下さい」とのこと。
1階、2階の全フロアーを使っての大規模な会場であった。
数え切れないほどの作品を見て回ったが、正直、素人の私には理解が難しいものが多かった。
どれも大作で、高さが優に3mを越すものや、横長の作品は横幅7〜8mもある大作である。
それでも、面白いものや、私にも見応えのある作品もあり、楽しく貴重な機会になった。
膨大な展示の中から、ほんの僅かだが、撮らせてもらった作品を紹介する。
因みに、5美術大学は下記の通り。
日本大学芸術学部、武蔵野美術大学、多摩芸術大学、女子美術大学、東京造形大学。
a0261169_23182087.jpg
a0261169_23183481.jpg
a0261169_23185625.jpg
a0261169_23191001.jpg
a0261169_23193254.jpg
a0261169_23194639.jpg
a0261169_23201001.jpg
a0261169_23202393.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-24 00:00 | 作品 | Comments(0)
2019年 02月 23日

国立新美術館

国立新美術館。黒川紀章氏の設計によるユニークで美しい美術館である。
少し前になるが、映画「君の名は」の主人公がアルバイトしているレストランとして描かれ、
国内はもとより海外からまで、一躍、聖地めぐりの大きなスポットとして人気を博した。
写真の投稿でも、良く撮影されている場所だけに、前から、是非、訪ねたいと思っていた。
六本木の交差点から歩いて10分程度の超一等地にあり利便性も抜群である。
外観も素晴らしいが、やはり内部の光景に目を奪われる。
総硝子張りの壁から射し込む陽射しが美しく計算された照明となり、得も言われぬ光景を創り出している。
しばらく、撮るのも忘れて陶酔するような気持ちに浸っていた。
a0261169_23000124.jpg
a0261169_23004655.jpg
a0261169_23011495.jpg
a0261169_23012811.jpg
a0261169_23014093.jpg
a0261169_23020421.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-23 00:00 | 建物 | Comments(0)
2019年 02月 22日

湯島天神2

天満宮に牛が飾られているのは、菅原道真公が太宰府に流された旅の途中、
命を狙う敵が現れた折に、都で可愛がっていた白牛が現れ敵から救ったと伝えられている。
その由来から、全国の多くの天満宮に牛の象が奉納されているだという。
ほとんどの参拝客が撫でるので、牛の象はピカピカに輝いていた。
a0261169_16380967.jpg
a0261169_16383341.jpg
a0261169_16384817.jpg
a0261169_16390372.jpg
境内から出たところにお土産屋があった。
懐かしい下町の風情が残って、思わず覗いてみたくなる店である。
a0261169_16392059.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-22 00:00 | 神社、仏閣 | Comments(0)
2019年 02月 21日

湯島天神

湯島天神(湯島天満宮)へ行く。
上野駅から程近く、「湯島の白梅」と音に聞こえた梅の名勝地である。
今迄、名は知っていても訪れたことがなかったが、
なるほど、参拝客が多く、神殿前には参拝のために長い行列ができていた。
期待したほど梅の数は多くなかったが、どれも選りすぐりの梅だろうと思わせる風格あるものであった。
それと驚いたのは、絵馬の数が、今迄、どの天満宮でも見たことがないほど桁違いに沢山掛けられていた。
古来、それほど多くの人が願いを掛けに訪れ続けてきたのだろう。
また、上野の新しい一面を知った想いであった。
a0261169_15593250.jpg
a0261169_15594702.jpg
a0261169_16000297.jpg
a0261169_16001934.jpg
a0261169_16003159.jpg
a0261169_16005618.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-21 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 02月 20日

上野と精養軒

久しぶりに上野を歩いた。
精養軒本店で食事することになっていたのが主な目的だったが、
時間があり、公園内を散策しながら歩いた。
考えてみると、今迄、西郷さんの銅像にカメラを向けたことがなかったが、
改めて、前に立ってみると撮りたいと思った。
不忍池に、こんなにカモメがいるのかと、今更ながら驚いたりした。
a0261169_21354765.jpg
a0261169_21363920.jpg
a0261169_21365219.jpg
a0261169_21370607.jpg
明治時代(鹿鳴館以前から)日本の洋食文化を作ってきた礎とも言える精養軒。
数多くの文壇の巨匠たちがここで交流を深めていたことでも知られている。
そんなことを想いながら、不忍池を眺めつつの食事は格別の趣がある。
a0261169_21442364.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-20 00:00 | 風景 | Comments(0)