彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 31日

本命の山桜

例年、本命にしている山桜が咲いた。
かなり立派な大木なので、長玉でないと引き付けて撮れない。
大型の三脚とセットで肩に担いで歩いているとかなり目立つらしいが、
駐車できる場所がないので、森まで、右に左に担ぎ直しながら歩いて行く。
そんな苦労は、この花の前に立つと忘れてしまう。
何と言っても、その素朴さと、葉と一緒に咲く姿と色に堪らなく惹かれる。
ウグイスの囀りを聞きながらの撮影は至福の刻である。
a0261169_22451426.jpg
a0261169_22460049.jpg
a0261169_22472804.jpg
a0261169_22480181.jpg


by taketyh1040 | 2018-03-31 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 03月 30日

満開をのんびり楽しむ新宿御苑

久しぶりに、桜満開の新宿御苑を訪れた。
想像を遙かに超える入場者が押し寄せていて、門前には長蛇の列。
かなりの人数が入場しているのだろうが、門を入ると途端に広大な苑内らしく門前の混雑が嘘のように自由になる。
苑内は、桜を見る人、寝転んで日光浴をする人、談笑する人、さまざまであるが、広さもあって人が気にならない。
ここが良いのは酒類の持ち込み禁止なので、どの人もゆったりと散策したり楽しんでいて、
カラオケや大声の騒ぎもない。
自然と歩調も緩やかになり、心地良い風に吹かれながら春を満喫する。
a0261169_19385921.jpg
a0261169_19402608.jpg
a0261169_19405169.jpg
a0261169_19411307.jpg
a0261169_19413577.jpg
a0261169_19415937.jpg
a0261169_19421786.jpg


by taketyh1040 | 2018-03-30 00:00 | 風景 | Comments(5)
2018年 03月 29日

嗚呼、靖国の桜の下で

今年も、桜の靖国神社に詣でた。
境内の数え切れないほどの桜、一本一本に寄贈した団体(軍人会)や個人の名札が貼ってある。
「靖国の桜の下で会おう」そう誓い合って散っていった戦士たちを想う仲間や遺族のものであろう。
ここの桜には、他と違った凜としたものが流れているように感じる。
昨今は、かなりの割合で外人も多く、そうした戦争や戦士に繋がる雰囲気は感じさせなくなっているが、
皆がどうであるかは別に、やはり、自分としては背筋を伸ばして参拝している。
a0261169_23341151.jpg
a0261169_23343831.jpg
a0261169_23345345.jpg
a0261169_23360270.jpg
開花の標本木も満開である
a0261169_23320857.jpg
海軍航空隊の「再会桜」と名付けられた この桜に会いに来る人も多いという
a0261169_23370682.jpg


by taketyh1040 | 2018-03-29 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 03月 28日

千鳥ヶ淵 満開の桜

テレビから、千鳥ヶ淵が満開だと伝えてくるので今年も行ってきた。
九段下の駅に降りると、構内から出るのが大変な混雑。
やっと地上へ出ると、さらなる人混みで身動きが出来ない。
例年通り、武道館で大学の卒業式が行われ、桜の観光客と重なるのだ。
覚悟して行っているので、人の流れに身を任せて進む。
それらしいポイントで、立ち止まりカメラを構えるのも慣れたものだ。
もう、これも春の風物詩かもしれないなぁ〜。
a0261169_21532846.jpg
a0261169_21535683.jpg
a0261169_21534063.jpg
a0261169_22193641.jpg


by taketyh1040 | 2018-03-28 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 03月 27日

清楚な舞のように

街中の桜が満開を迎えたこの時期に、森に、まるで清楚に舞うように山桜が咲き始める。
もちろん染井吉野も好きである。
でも、この山桜の清楚な素朴さが堪らなく好きなのである。
訪れる人もほとんどいない森の中で、鳥の囀りを聞きながら静かに山桜と向かい合う。
こんな時は、いつも、丁寧に山桜を味わうように撮影も全てマニュアルで行う。
a0261169_21551925.jpg
a0261169_21553221.jpg
a0261169_21563368.jpg
a0261169_21564920.jpg


by taketyh1040 | 2018-03-27 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 03月 26日

北国の春

桜に気を取られていたら、コブシも咲き始めていた。
この花を見ると、千昌夫の「北国の春」を思い出す。
最初に、この歌を聴いた頃は、まだコブシを知らなかった。
東北勤務時代、春に咲く、この花を知った。
この花と「北国の春」が結びついたのである。
今では、東京で、この花に春を感じている。
a0261169_16550565.jpg
a0261169_19572759.jpg


by taketyh1040 | 2018-03-26 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 03月 25日

気がつけば散歩道の桜も満開

毎日歩いている散歩道なのに「あれっ、いつ咲いたの?」
昨日まで気がつかなかった桜が満開である。
「これは急がないと大変だぞ}と妙な焦りを感じだした。
もう少し先だろうと高を括っていたのに不意を食らった感じだ。
来週は、気合いを入れて桜を撮ろう。;
a0261169_21062091.jpg
散歩道にある、ありふれた椿の木。
でも、なぜか、この立ち姿が好きなのである。
a0261169_21093414.jpg


by taketyh1040 | 2018-03-25 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 03月 24日

大国魂神社 枝垂れ桜が満開

2日間降り続いた雨が上がったので、もう夕暮れも近かったが愛犬と散歩に出た。
3日ぶりの散歩に、いかにも嬉しそうに歩いているのが解る。
いつものコースより、少し足を伸ばして閉門間際の大国魂神社へ。
門を潜ると、枝垂れ桜が夕暮れの中に輝いて見えた。
満開である。
青空だったらなぁ〜と、残念に思いながらシャッターを切った。
a0261169_20391077.jpg
門脇の若い枝垂れ桜も、細い枝ながら満開の花を着けていた
a0261169_20392716.jpg
やはり、青空で撮ろうと、翌日、再度、訪れた。
「晴れ渡る」ほどではなかったが、撮影にはかえって良かった。
さすがに天気が良いと、桜の周りに見物(参拝)客も多く、全景を撮るのは難しい。
門脇の若木も、少し角度を変えて撮り直した。
a0261169_20555219.jpg
a0261169_20561873.jpg
a0261169_20565812.jpg
a0261169_20572670.jpg


by taketyh1040 | 2018-03-24 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 03月 23日

雨に濡れて

「もしや?」と雨の中、車を回して例年の場所に、
「やっぱり」ミモザが雨に濡れながら満開であった。
これぐらいの雨なら、かえって有り難いとカメラを持ち出す。
いつもは高いところに咲いているのに、雨の重みで枝が垂れ下がり
丁度、目線の高さに降りていた。
今日は、撮影日和だったのかもしれないなぁ〜。
a0261169_13141702.jpg
a0261169_13143387.jpg
a0261169_13144880.jpg


by taketyh1040 | 2018-03-23 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 03月 22日

椿の小径が色付いた

例年の半分にも満たないが、椿の小径が遅ればせながら色付いた。
両側から覆い被さるような椿のトンネルにはほど遠いが、
チラチラとそれぞれの木に花を着けて、少ない花に申し訳なさそうな表情に見える。
それでも「頑張ったね〜」と言いながらレンズを向けた。
少々、枚数が多いが椿たちの頑張りに答えるつもりで掲載した。
a0261169_17230978.jpg
a0261169_17232969.jpg
a0261169_17235076.jpg
a0261169_17240830.jpg
a0261169_17242322.jpg
a0261169_17244215.jpg
a0261169_17245838.jpg
a0261169_17261076.jpg
a0261169_17262205.jpg
a0261169_17263806.jpg
a0261169_17251494.jpg


by taketyh1040 | 2018-03-22 00:00 | 花・実 | Comments(2)