人気ブログランキング |

彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2018年 01月 31日

茅葺きの残雪

寒いせいもあるが、雪がなかなか溶けない。
特に日陰の北側には、今も大分残っている。
私には、これも味わい深く好きな絵であるが、
作業をする方達には難儀な残雪のようである。
a0261169_17214172.jpg
a0261169_17215631.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-31 00:00 | 風景 | Comments(4)
2018年 01月 30日

少し早いが桜が咲いた

妻が、床の間に桜を活けた。
花屋さんに寄ったら、生け花用に出ていたらしい。
その日は蕾であったが、翌日、もう花が開いていた。
床の間から、座敷へ引き出し、カメラを向けてみた。
庭には雪が残っているのに、我が家に少し早い春が来た。
a0261169_17591286.jpg
a0261169_18000745.jpg
a0261169_18014408.jpg
a0261169_18020805.jpg
a0261169_18154415.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-30 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 01月 29日

スダジイ

森の爺、スダジイである。
森公園には古老のスダジイが多い。
何歳なのか、百を超える木なのか見当もつかないが、
その風格、風貌は貫禄に満ちている。
なにより、ギリギリと捻れたような幹が迫力であるが、
四方へ伸ばした大きな腕(枝)も逞しい。
時々、この大好きな爺さんを撮らせてもらう。
a0261169_15522386.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-29 00:00 | 木、森 | Comments(2)
2018年 01月 28日

懸命に咲く花

実は、これらの写真は、雪の前日に撮ったものであった。
雪の数日後に訪れると、雪の重さでか、ほとんど全部の花が落ちていた。
どの木も、蕾だけが歯を食い縛るように頑張っていた。
「そうか〜、梅も、こういう洗礼を受けるのか〜」
この歳になって、雪でこんなにも花が落ちてしまうのを初めて知り、
咲く花たちの懸命さを知った想いである。
これからは、花たちと、もっと真剣に向かい合おうと思う。
a0261169_15455361.jpg
a0261169_15461062.jpg
a0261169_15462710.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-28 00:00 | Comments(2)
2018年 01月 27日

残雪の中

雪が降った日以来、初めて森公園へ足を伸ばした。
道も、ほとんど溶けているが、北側の日陰には、
今や氷となった残雪がテカテカに光って歩きにくい。
森公園の中も、思ったより溶けて歩くのに不自由はなかった。
さすがに、芝生の丘には一面に残雪があり人影も少ない。
鴨池は、ガチガチに凍ってカモの姿もない。
南側の陽当たりが良く、すぐ溶ける池へ移動しているらしい。
風は痛いほど冷たかったが、残雪のある風景が心地良かった。
a0261169_17265187.jpg
a0261169_17270786.jpg
いつも、写真の現像をしていて思うことだが、
レンズプロファイルを適用して、周辺光量落ちが修正されると、
妙に間延びして、締まりの無い画像になる気がして、適用しないことにしている。
結果、ほとんど例外なく、撮ったままの画像で仕上げる。
最近は読まなくなったが、撮影や現像方法の本や、動画チュートリアルでも
やらないと損をするかのような秘技のように説明しているが、未だに納得がいかない。
機械任せの仕上げより、自分の記憶色やイメージに沿った表現にしたいと思っている。


by taketyh1040 | 2018-01-27 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 01月 26日

逸れ凧

早いもので、もう正月の雰囲気も去って、すっかり日常の生活に戻っている。
公園で、何気なく見上げた目に、枝に引っ掛かった逸れ凧が映った。
そう言えば、まだ一月だったなぁ〜と妙に実感させられた。
a0261169_15381162.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-26 00:00 | 風景 | Comments(4)
2018年 01月 25日

雪が止んで色が蘇る

雪が止んだ翌日は、朝から近所総出で道路の雪かき。
若い人達が頑張ってくれたお陰で、家の前の通りは綺麗に除雪できた。
それから、ゆっくり朝食をとり、一段落して愛犬と雪道の散歩に出る。
最初、戸惑っていたが、徐々に慣れてきて(無理矢理?)腹まで雪にこすりながら歩いていた。
きっと、足は痛いほど冷たいだろうなぁ〜と思ったが、そのままいつものコースを歩く。
いつもの茅葺きの前に来て、雪の中で、あの墨絵のように見えた残像が残っていたので
木々や青空の色鮮やかに、自分でも驚くほど意外に感じた。
「そうか、当たり前に思っていたが、こんなに色鮮やかだったのか〜」と痛感。
なんだか、新しいものを発見したような気持ちになった。
a0261169_16054634.jpg
a0261169_16061731.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-25 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 01月 24日

雪景色

いつもの景色が雪で一変する。
森は白い雪で包まれ、見慣れた景色が全く違う光景を見せてくれる。
掲載したのは、夕方、撮った写真だが、その後も降り続き、
夜9時には、自宅の庭でも30㎝を越えた。
こんな降雪は久しぶりである。
a0261169_22142085.jpg
a0261169_22144310.jpg
a0261169_22150095.jpg
a0261169_22151522.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-24 00:00 | 風景 | Comments(4)
2018年 01月 23日

まさかの大雪

先週から、天気予報が「雪」を伝えていた。
午後からのはずが、朝からチラチラ降り始め、
気がついたら本降りになっていた。
あれよあれよという間に、一面銀世界に。
それならと、昼過ぎに、意を決して雪景色を撮りにでる。
これなら丁度良い雪景色だなぁ〜と帰宅したが、その後も一向に降り止まない。
夕方には、歩くのには、かなり気をつけないと歩き辛い程積もった。
それなら、再度、チャレンジと、もう一度出掛けた。
こういう寒さと濡れる悪条件には、しばらく眠っていた一騎当千1DXの出番である。
a0261169_21580693.jpg
a0261169_21583712.jpg
いつもの茅葺きも雪化粧
a0261169_22013881.jpg
a0261169_22021290.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-23 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 01月 22日

甲冑

車で、少し遠出したついでに、途中にあった道の駅に寄る。
あまり珍しいモノも無いので帰ろうと出口へ向かった目に入ってきたのが
ズラリと並んだ甲冑。
道の駅に甲冑? 詳しい説明は読んでいないが、どうも本物ではなく、
愛好家達が作ったものを展示しているらしい。
いろんな趣味があるものだと感心しながら iPhone で撮る。
a0261169_22385316.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-22 00:00 | 風景 | Comments(4)