彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:風情( 25 )


2017年 12月 31日

今年、一年 お世話になりました。

今年も、あっという間の一年でした。
ブログを通して、沢山の方に出会い、楽しく過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。
お陰様で、ほぼ一日も休まず投稿を続けられましたので
気持ち良く、新年を迎えられそうです。
どうぞ、来年も、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

年末に、手強い新しい相棒が加わりました。
AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8 G ED
わざわざ難かしい条件の相棒を選びたくなったのも不思議ですが
マニュアル主体で気を引き締めながら使っていこうと思っています。
a0261169_14250367.jpg
a0261169_14252259.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-31 00:00 | 風情 | Comments(0)
2017年 12月 29日

注連縄

正月準備を始める。
鏡餅を飾り、玄関や仏壇に水神さん、そして神棚への注連縄飾りを付け替える。
毎年、この4尺の注連縄を新しくすると新年を迎える実感がする。
交換してみると、随分、縄の色が焼けているのに気がつく。
青々とした新しい縄の臭いが心地良い。
もうすぐ新年である。
a0261169_15085837.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-29 00:00 | 風情 | Comments(2)
2017年 11月 03日

十三夜

保存農家で、十三夜の飾り付けを見た。
「忘れていたなぁ〜」としげしげと眺める。
そう言えば、月がまん丸になっていたなぁ〜と思い出す。
今年の十三夜は11月1日だったらしいが、過ぎてから気がついた。(^_^;)
今夜、改めて月を見てみようか。
a0261169_20571568.jpg
a0261169_20572596.jpg


by taketyh1040 | 2017-11-03 00:00 | 風情 | Comments(2)
2017年 08月 14日

花火

孫達が遊びに来て、夜、花火をする。
打上げ花火は住宅街で上げられないので、大人しく庭花火である。
いろいろあるが、一番キレイで面白がるのが線香花火のようだ。
それと、この短い、あっと言う間に終わる花火を、どう撮れば良いのか?が悩みである。
結局、エイ・ヤーで、盲滅法にシャッターを切った、
こういう楽しみのある、暑い夏も、また良いものである。
a0261169_22403342.jpg
a0261169_22405184.jpg
a0261169_22411344.jpg
a0261169_22412842.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-14 00:01 | 風情 | Comments(2)
2017年 02月 12日

ひな人形

そろそろ、ひな人形が飾られだした。
保存商家に飾られた、これらの人形は、かなり古い貴重なものらしい。
妻と二人の生活では、季節に合わせ、玄関に小さな人形を置くぐらいで
何段もの飾りなど、とんと縁が無くなった。
そもそも人形にレンズを向けることが少ないが、偶には、と撮ってみた。
a0261169_23352018.jpg


by taketyh1040 | 2017-02-12 00:01 | 風情 | Comments(4)
2017年 01月 01日

明けまして おめでとうございます

a0261169_2012599.jpg


by taketyh1040 | 2017-01-01 00:00 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 22日

ふるさと便

妻の友人から、暮れのふるさと便が続いている。
今回は、宇都宮の友人から生もので、「日本一の卵」に選定された卵だと言う。
「磨宝卵GOLD」と気張った名が付いている。
一流シェフやパティシェが賞賛しているらしいので
早速、半熟の目玉焼きを作ってみた。(^_^; 素人だから
同時に、生の卵かけご飯にもしてみたが、なるほど絶賛したい味であった。
あれこれ、卵料理に挑戦してみようと妻と話している。
なにより、貴重なモノ以上に、友人達のその気持ちに感謝である。

a0261169_13295662.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-22 00:01 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 19日

贈り物

妻の仙台の友人から、毎年の、暮れの贈り物が届いた。
大きな段ボールに、手作りのものがギッシリと詰まっている。
手作り干し柿、梅干し、梅ゼリー、米、せんべい、実家の農園(山形)で採れるリンゴやラフランス・・・。
まるで母娘のような、彼女たちの情の濃い付き合いはなんなのであろうか。
男とは違う、濃い友情の絆があるらしい。
既に、私たちは二人とも両親も亡くなり、東京育ちで故郷もないのに、 まるで、暮れになると届く 「ふるさと便」 のようである。
感謝しながら、「友情の故郷の味」 に舌鼓を打っている。

a0261169_17551314.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-19 00:01 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 17日

濡れ落ちて

庭木の最後の紅葉が夜来の雨に濡れ落ちていた。
多彩な色変化で楽しませてくれた 葉であったが、
庭に撒いた錆砂の上で、最後の鮮やかさを見せてくれていたので、
雫をいっぱい纏っている姿にレンズを向けた。

a0261169_13495957.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-17 00:01 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 16日

床の間 復活

長い間、家具で塞いでいた床の間を復活させた。
家具を移動させ、掃除をし、あれこれ掛け軸の中から選び、
20年前に中国蘇州市 寒山寺で買い求めた楓橋夜泊詩 拓本の掛け軸を掛けた。
香を焚くと、一段と、部屋が落ち着きを感じさせ格調も上がったような気がする。
やはり、復活させて良かった。

a0261169_2357118.jpg

          楓橋夜泊 張継

           月落烏啼霜滿天
           江楓漁火對愁眠
           姑蘇城外寒山寺
           夜半鐘聲到客船

by taketyh1040 | 2016-12-16 00:01 | 風情 | Comments(3)