人気ブログランキング |

彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:動物( 14 )


2019年 07月 30日

乗馬

平日の競馬場に入れる日がある。
主に保育園児達(幼稚園も)に開放している趣旨のようである。
南門から入り、日吉ヶ丘周辺が開放される。
近隣の幾つもの保育園から、保母さんに連れられて幼児軍団が次々とやってくる。
場内は、車の心配もなく、園児達を安全に遊ばせるには最適の環境である。
何気なく、覗いていると、隣接の乗馬クラブの一人が馬場から出て
気分転換なのか、暑い日射しを避けてか、木洩れ日の並木を散歩していた。
こんな光景が見られるのも競馬場ならではであろう。
a0261169_09201629.jpg


by taketyh1040 | 2019-07-30 00:00 | 動物 | Comments(0)
2019年 02月 27日

上野動物園

パンダも見た後、もう閉園近い時間になっていたが、
一番近い施設を歩いてみた。
プレーリードッグや日本猿が目に入り、しばらく見ていたが
猿の、物思う仕草は、何か引き付けるものがある。
また、園内には旧寛永寺の五重塔が見事な姿を見せている。
a0261169_00415362.jpg
a0261169_00420798.jpg
a0261169_00422088.jpg
a0261169_00460047.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-27 00:00 | 動物 | Comments(0)
2019年 02月 26日

初めてのパンダ撮る

初めてパンダを撮った。
恥ずかしいが、生来、並ぶのが好きではないので
長い行列のニュースを見ると、とても行く気にはならなかった。
最近、ニュースも流れないので「もう、すっかり過熱も収まったのだろう」と
安易な気持ちで出掛けたが、門を入ると長い行列ができていた。
現地に来てしまったので、観念して行列に並んだ。
1時間以上並んで、「さぁ〜というところで」一旦、列が遮断され
「パンダを屋外から屋内へ移動させますので待って下さい」とアナウンス。
そして再開されると、先頭でパンダ舎へ。前に誰もいないので、自由にアングルもとれる。
それでも、分厚いガラス越しなので反射を避けるのが難しい。
「止まらないで下さい」の連呼の中、あれこれ工夫しながら、ゆっくり歩く。
案の定、反射とブレでボツの山であったが、どうにかの何枚かがあった。
直にパンダを見てみると、これは長い時間待っても見たいだろうなぁ〜と素直に実感した。

シャンシャンも、こんなに大きくなった。
寝ながら食べるのは父親ゆずりらしい。
a0261169_23141381.jpg
a0261169_23142649.jpg
シャンシャンのお母さんは座ってくれていた
a0261169_23291322.jpg
シャンシャンのお父さんは寝ながら食事だ
a0261169_23294653.jpg
a0261169_23301596.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-26 00:00 | 動物 | Comments(0)
2018年 05月 27日

たぬき

今回、一番多く撮ったのが狸であった。
先日、ジブリの高畑勲監督が亡くなった。
随分多くの作品を見せていただいたが、中でも「平成狸合戦ぽんぽこ」は
一番好きな作品である。
この作品は、まさに、この多摩丘陵に住む狸の物語であった。
狸を撮りながら、頭の中に狸合戦の懐かしい絵が浮かんできた。
a0261169_18175263.jpg
a0261169_18180780.jpg
a0261169_18182183.jpg


by taketyh1040 | 2018-05-27 00:00 | 動物 | Comments(2)
2018年 05月 25日

犀 多摩動物園

いきなりだが 犀 である。
突然、動物園に行ってみようかと思った。
暑いし、空いているだろうと高を括って向かったが、
多摩動物公園に着くと、目の前の光景に「えっ、嘘だろ〜」
東京中の幼稚園児が来ているのか?と思うほどごった返している。
しかも、園児の数だけ母親が付いてきているのだ。
それだけではない。若者の軍団(なんて程度の生易しい数ではない)
これも課外授業で一斉に来たのか?と思うほど多い。
園内放送が「暑いので熱中症に気をつけ水分をとりましょう」と連呼している。
自分の予想の甘さを反省しながら、園児達の邪魔にならないように歩く。
元々、特に見たい動物がいた訳でもないので、空いている方へ歩き、適当なところで帰ってきたが、
山を上手に活かした動物園なので、上り下りも多く、汗ビッショリかいたのに、とても楽しかったのは、
珍しい動物に、目を見開いて歓声を上げる幼児達の姿が、動物たちと同じくらい脳裏に残っているせいか。
a0261169_17563187.jpg
コウノトリが巣作りをしているのを初めて見た
a0261169_17580494.jpg


by taketyh1040 | 2018-05-25 00:00 | 動物 | Comments(2)
2017年 06月 15日

三つ編み

こちらを向いたら、三つ編みにした毛が額から垂れている。
大きな馬体と、貫禄のある風貌に不似合いなのが可愛い。
側に若い女性の飼育員が来ると駆け寄っていった。きっと、彼女が編んだのだろう。
馬への、細やかな愛情が垣間見えた気がした。
a0261169_09550606.jpg


by taketyh1040 | 2017-06-15 00:02 | 動物 | Comments(2)
2017年 06月 14日

馬の爪楊枝

実は、アオゲラに「また会えるのでは・・(^^ゞ 」と淡い期待をして
さらに写りの確かな一眼に望遠レンズを着けて散歩に出た。
しかし、そうは問屋が卸さずで、声も姿も見えなかった。
そうそう、こちらの思い通りにはいかないものだ。(^_^;)
帰り際に、競馬場の厩舎を覗いたら、馬が砂場でなにか探している。
まるで爪楊枝が欲しかったと言わんばかりに、細い棒を咥え、器用にモグモグしているのが
面白かったので撮ってみたが、馬の顔のアップは初めてである。
鳥の代わりに馬を撮ったことになった。
a0261169_14095848.jpg
帰宅すると、山紫陽花がピークを迎え
赤と言うより朱色になっている
鮮やかすぎるほどの色に、レンズを向けた。
a0261169_14120262.jpg


by taketyh1040 | 2017-06-14 00:02 | 動物 | Comments(2)
2016年 03月 12日

大人しく待つ

競馬場の朝、厩舎は忙しそうである。
一斉に、厩舎の掃除が行われ、その間、馬たちは外に繋がれて待っている。
まるで、ワンルームマンションのように並んだ扉の前に、それぞれの馬が整列するように立っている。
毎日のことなので、「朝の行事」と理解して大人しくしているようだ。
馬たちの目を見ていると、なぜか「達観」したような眼差しに思えてくる。
こんなに優しい目をした動物も少ないのではないだろうか。

子供達に人気のポニーにも、他の馬同様に、一人前の厩舎を与えられているようである。
「ラッキー」という名が愛らしい。
a0261169_10173998.jpg
a0261169_101757100.jpg


by taketyh1040 | 2016-03-12 00:03 | 動物 | Comments(2)
2015年 01月 05日

羊_岩場に立つ

滅多に主役にならない羊であるが、なんと言っても、今年は未年で主役なのである。
牧草地のイメージもあるが、最も似合うのが岩場であろう。
随分、以前に撮ったモノだが、そんな写真を探してみた。
a0261169_20101794.jpg
a0261169_2092781.jpg
a0261169_2011616.jpg
a0261169_2011273.jpg
a0261169_20115158.jpg


by taketyh1040 | 2015-01-05 00:03 | 動物 | Comments(4)
2014年 12月 24日

孫悟空

映画館で、久しぶりに西遊記の予告編を見た。
昔は、テレビでも放映され、なにかと目にした物語だが、すっかり忘れていた。
確かに、ドラゴン・ボールなど現代の表現豊かなアニメを見ている子供達には、もう、受けないのかもしれない。
随分前だが、名古屋の東山動物園で、孫悟空のモデルだという「キンシコウ」に、初めて出逢った時は妙に感動したのを思い出す。
今も、元気でいるのだろうか?
a0261169_16514090.jpg


by taketyh1040 | 2014-12-24 00:03 | 動物 | Comments(4)