彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:風景( 1073 )


2019年 03月 23日

嗚呼、靖国神社

靖国神社をお詣りしてきた。
他の神社と違って、英霊を祀っている神社である。
境内の桜は、どれも各地の戦友会が銘打った思い入れのある桜たちである。
無数の英霊が眠る靖国、やはり、言いようのない気持ちになる。
a0261169_20142424.jpg
a0261169_20143714.jpg
a0261169_20150067.jpg
a0261169_20151498.jpg
砲身に弾痕の痕も生々しい大砲
a0261169_20152634.jpg
a0261169_20153801.jpg


by taketyh1040 | 2019-03-23 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 03月 21日

桜の開花宣言 靖国神社

開花か? 毎日、テレビで東京の開花情報が流れる。
この時期、靖国神社に注目が集まる。
ここの標本木で「開花」を判断するのである。
まだ、靖国神社も皇居の千鳥ヶ淵も花はなく人通りもほとんど無い。
だが、ここだけは人が囲んで盛んにカメラを向ける。
テレビ各社からも、女子アナ中継を投入しての開花情報を競っている。
もう、これは例年恒例の風物詩であろう。
今日(20日)は、まだ宣言は出なかったが、さて明日(21日)は?
a0261169_19443314.jpg
a0261169_19444716.jpg


by taketyh1040 | 2019-03-21 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 03月 19日

東京競馬場 平日の開放日

東京競馬場は、平日の木曜日に東門からの競馬博物館と子供公園を開放している。
先生に引率された保育園児や、お母さんと幼児に格好の遊び場になっている。
隣接された乗馬クラブも柵越しに見ることが出来る。
のんびり芝生に座って、馬の走る姿も楽しめる。

平日は、ここから先へは入れないが、
開催日には数万の人で埋まる場内が深閑としている。
a0261169_20250756.jpg
a0261169_20252263.jpg
隣接された乗馬クラブ
a0261169_20264802.jpg
a0261169_20253583.jpg
a0261169_20254778.jpg
a0261169_20262021.jpg
「おいで」と声を掛けたら、スンナリ近付いてくれた
つぶらで優しい目を見ていると、本当に癒やされる。
a0261169_20272006.jpg


by taketyh1040 | 2019-03-19 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 03月 17日

一人散歩

愛犬が亡くなって、早や2ヶ月が経とうとしている。
この7年間、雨の日も風の日も、毎日欠かさず朝夕、日によっては昼にも
日課のように連れ立って散歩をし、必ず、カメラを肩に歩いた。
私がカメラを構えると、当然のように「お座り」をしてジ〜と待っていてくれた。
その回数は、ざっと、5000回強となる。一回に平均で3000歩として1500万歩にもなる。
とても、一人だと歩けなかっただろうと思う。
いなくなったからと、歩かないのもいけないと、極力、一人でも歩いているが、
時々、フッと、隣に寄り添って歩いているような錯覚がある。
愛犬のくれた良い習慣を、これから一人でも続けていこうと思っている。

府中の森 芸術劇場
a0261169_10061905.jpg
a0261169_10080123.jpg
八幡神社の椿
a0261169_10085408.jpg


by taketyh1040 | 2019-03-17 00:00 | 風景 | Comments(2)
2019年 03月 12日

一度も積もらなかったが

有名な金沢の兼六園とは比べものにならないが
我が街の森公園も、毎年、雪への保護で雪吊りを行う。
今年は、一度も積もる雪が来なかったので、管理の方はホッとされているだろうが、
写真を撮る身としては、少し残念に思っている。
意外に、春先に思わぬ大雪になることがあるのを密かに期待している。(^_^;)
a0261169_16195110.jpg


by taketyh1040 | 2019-03-12 00:01 | 風景 | Comments(0)
2019年 03月 11日

冬から早春へ

歩いていると冬景色の中に早春の色が見え始めている。
なにが?ではないのだが、どことなく春を感じ始めてきたのである。
春も待ち遠しいが、花粉の時期が早く過ぎて欲しい。
a0261169_16090505.jpg
たった一輪だが、ミツマタが花を着けていた
a0261169_16095506.jpg
鈴掛の木も、もうすぐ芽吹きそうである
a0261169_16104897.jpg
寺の山門脇のしだれ梅も、今を盛りに花を着けている
a0261169_16130054.jpg


by taketyh1040 | 2019-03-11 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 02月 21日

湯島天神

湯島天神(湯島天満宮)へ行く。
上野駅から程近く、「湯島の白梅」と音に聞こえた梅の名勝地である。
今迄、名は知っていても訪れたことがなかったが、
なるほど、参拝客が多く、神殿前には参拝のために長い行列ができていた。
期待したほど梅の数は多くなかったが、どれも選りすぐりの梅だろうと思わせる風格あるものであった。
それと驚いたのは、絵馬の数が、今迄、どの天満宮でも見たことがないほど桁違いに沢山掛けられていた。
古来、それほど多くの人が願いを掛けに訪れ続けてきたのだろう。
また、上野の新しい一面を知った想いであった。
a0261169_15593250.jpg
a0261169_15594702.jpg
a0261169_16000297.jpg
a0261169_16001934.jpg
a0261169_16003159.jpg
a0261169_16005618.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-21 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 02月 20日

上野と精養軒

久しぶりに上野を歩いた。
精養軒本店で食事することになっていたのが主な目的だったが、
時間があり、公園内を散策しながら歩いた。
考えてみると、今迄、西郷さんの銅像にカメラを向けたことがなかったが、
改めて、前に立ってみると撮りたいと思った。
不忍池に、こんなにカモメがいるのかと、今更ながら驚いたりした。
a0261169_21354765.jpg
a0261169_21363920.jpg
a0261169_21365219.jpg
a0261169_21370607.jpg
明治時代(鹿鳴館以前から)日本の洋食文化を作ってきた礎とも言える精養軒。
数多くの文壇の巨匠たちがここで交流を深めていたことでも知られている。
そんなことを想いながら、不忍池を眺めつつの食事は格別の趣がある。
a0261169_21442364.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-20 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 02月 19日

相撲の街

相撲の街 両国を訪れた。
残念なことに国技館も大江戸博物館も閉館日。
仕方なく、周辺を歩き、両国駅に併設されている観光案内所に入ったが、
実寸大の土俵まで設えた手の混んだ造りと、情調たっぷりの食事処が軒を並べていた。
期待以上の設備と企画にに十分楽しめた。
a0261169_19590902.jpg
a0261169_19593781.jpg
a0261169_19594949.jpg
a0261169_20000577.jpg



by taketyh1040 | 2019-02-19 00:01 | 風景 | Comments(0)
2019年 02月 18日

夕陽に光る

一日中、出掛けて、夕暮れの家路への途中
今にも沈みかけた夕陽が線路を照らし、夕暮れの中に浮かび上がらせていた。
この夕陽の位置は、出会えるようで出会えない瞬間。咄嗟にレンズを向けた。
a0261169_18034720.jpg


by taketyh1040 | 2019-02-18 18:04 | 風景 | Comments(0)