人気ブログランキング |

彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:風景( 1213 )


2020年 08月 07日

観客のいない競馬場

競馬場が無観客にしてから大分経つ。
土日の開催日には、駐車場も満杯、電車で押し寄せる無数の客で埋まっていたのが嘘のようだ。
中で競走馬が走っているのが信じられないほど深閑としている。
散歩するものにとっては有り難いが、国や関係者には困った状況が続いているようだ。

門から覗くと、無人の正門前広場で、花馬車や子馬の馬車馬訓練が行われていた。
観客のいない競馬場_a0261169_15170570.jpg
観客のいない競馬場_a0261169_15174133.jpg
下の3枚は、雨上がりの日に 24mm F1.4 で撮影
観客のいない競馬場_a0261169_16490350.jpg
観客のいない競馬場_a0261169_16492185.jpg
通りにも人影もなく閑散としている
観客のいない競馬場_a0261169_16493662.jpg
駅前で、電車で来た客を迎える黄金の馬も
少し寂しげに見えるのは気のせいか。
観客のいない競馬場_a0261169_18300078.jpg


by taketyh1040 | 2020-08-07 00:00 | 風景 | Comments(6)
2020年 08月 02日

竹林の喫茶店

散歩道の竹林にある喫茶店。
ほとんど休業しているが、時々、思い出したように開店する。
店に入ると、店主の拘りらしいクラシックが、これも拘り抜いたスピーカーから流れている。
客席はほとんど空席が多く、常連客らしい人を偶に見かけるが、それでも良いらしい。
商売というより趣味でやっているのかもしれない。
そして、やはり拘りのあるらしい珈琲も美味しく、偶々、開店していると味わっている。
竹林の喫茶店_a0261169_18072472.jpg


by taketyh1040 | 2020-08-02 00:00 | 風景 | Comments(4)
2020年 07月 25日

今夏 初蝉の声

散歩道の竹林で、今夏、初めて蝉の声を聞いた。
「そうか〜、夏か〜」と実感する。
こんなに降り続く梅雨も珍しいと辟易するほど雨続きだったので
ある意味では楽で、茹だるような夏の暑さを忘れていた。
この声が聞こえ出すと、一緒に夏が来る。
今夏 初蝉の声_a0261169_17503982.jpg


by taketyh1040 | 2020-07-25 00:01 | 風景 | Comments(2)
2020年 07月 23日

昆虫はらっぱ

森公園に毎年恒例の昆虫はらっぱの看板が出た。
ここの草は、バッタやコオロギなど昆虫が好む草が植えてあるらしい。
しばらく、ここいら一帯に踏み入らないように注意を呼びかけている。
シーズンになり開放されると、目を凝らして虫たちを探すちびっ子達の歓声が溢れそうだ。
昆虫はらっぱ_a0261169_14274478.jpg


by taketyh1040 | 2020-07-23 00:00 | 風景 | Comments(2)
2020年 07月 21日

雨の森とキノコ

雨の森を歩いた。
なぜだか、雨の森に適したレンズと思えないが、単焦点の24㎜ を着けて出た。
マクロやズームではつまらないような気がしたのだ。
案の定、漠然と森を撮ってもつまらないなぁ〜と歩いていたが、
木々の向こうに明るい芝生の丘が目に入り、明暗差が妙にキレイに見えた。
森に踏み込むと、やはりキノコが目に入る。
少々、無理強いだが、レンズ面ギリギリまで近づけてアップで撮った。
広角レンズでも、こんな撮り方も出来るんだなぁ〜と妙に納得しながらシャッターを切る。
雨の森とキノコ_a0261169_16321055.jpg
雨の森とキノコ_a0261169_16323598.jpg
雨の森とキノコ_a0261169_16325539.jpg
雨の森とキノコ_a0261169_16334562.jpg
雨の上がった翌日、もう一度訪ねてみた
今回は、SONY α7RⅣ + SONY FE24-105mm F4 G OSS で撮影
雨の森とキノコ_a0261169_14141007.jpg


by taketyh1040 | 2020-07-21 00:00 | 風景 | Comments(2)
2020年 07月 13日

雨の道

雨が小雨になったのを見計らって散歩に出る。
いつもの道。
雨が、しっとり一味加えてくれる。
なんとはなく目に入るものへレンズを向けた。
雨の道_a0261169_14085462.jpg
雨の道_a0261169_14090962.jpg
雨の道_a0261169_14092301.jpg


by taketyh1040 | 2020-07-13 00:00 | 風景 | Comments(2)
2020年 07月 04日

夕暮れの道

夕暮れが迫る頃、やっと雨が上がったので散歩に出る。
いつものように、ほとんど歩いている人もいないがマスクを着ける。
時々、犬を連れた人とすれ違う。
すれ違うときに見上げるような人懐っこい犬の目と合う。
その目に「いいなぁ〜」と愛犬と歩いていた頃を思い出す。
湿気が煩わしいが、これもこの時期ならではの散歩である。
夕暮れの道_a0261169_18133578.jpg
夕暮れの道_a0261169_18134907.jpg


by taketyh1040 | 2020-07-04 00:00 | 風景 | Comments(4)
2020年 06月 30日

塀に沿って歩く

いつもの散歩道、長い黒塀に沿って歩いた。
途中、植木とぶつかったところで木の形に塀をくり抜いた仕事がしてある。
広大な庭からすれば、抜くか切るかしても差し支えもないだろうに、
手間をかけ、木を残した主人や職人の心意気に敬意を表したい気がする。
塀が上り坂にさしかかると、黒塀から石垣に変わり全く別の表情を見せる。
最上部に塀らしきものが見えるが、急斜面には熊笹やシダが茂って天然の要塞のようである。
別荘とは言え、我々凡人からすると、廷内に森から滝まであるのは、とても家とは思えないし、
緑地や景観として街の財産だと思うが、ここに住みたいとは思わない。
塀に沿って歩く_a0261169_19053002.jpg
塀に沿って歩く_a0261169_19055837.jpg
塀に沿って歩く_a0261169_19061633.jpg


by taketyh1040 | 2020-06-30 00:02 | 風景 | Comments(4)
2020年 06月 28日

池に活きる

普段、何気なく見ている池も、目を凝らして見ると
そこには多種の生き物が活きている。
魚は勿論、アメンボーや昆虫類、特にこの時期 トンボが元気に飛び交っている。
また、いつでも物思いに耽っているような亀たち。
なんだか、改めて、池に活きる生物のドラマが感じられるが、
今回は、偶然、見かけたトンボと亀にレンズを向けた。
池に活きる_a0261169_16263500.jpg
池に活きる_a0261169_16264608.jpg
池に活きる_a0261169_16271335.jpg


by taketyh1040 | 2020-06-28 00:00 | 風景 | Comments(2)
2020年 06月 03日

久しぶりに喫茶店

いつ以来だろうか?
久しぶりに喫茶店に入った。さすがに店内は空いていた。
完全に仕切られたボックス席なので心配も少ない。
「あぁ〜、こんな味だったなぁ〜」と驚くほど新鮮に舌に浸みる。
見慣れたはずの照明まで新鮮に感じられた。
久しぶりに喫茶店_a0261169_16092230.jpg
久しぶりに喫茶店_a0261169_16095107.jpg
久しぶりに喫茶店_a0261169_16100677.jpg


by taketyh1040 | 2020-06-03 00:00 | 風景 | Comments(4)