彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:鳥( 66 )


2018年 10月 20日

カモ一家は、既に60羽を超えていた

森公園に住み着いたカモ。
毎年、10羽前後の子供を産み、今や、家族は、優に60羽を超えている。
園内にある4つの池を自由に行き来し、本宅と別荘、避暑地のごとく快適に使い分けている。
池だけでなく、森の中を平然と群れて歩き、犬やカラスにも物怖じしない。
完全に、自分たちのテリトリーとしているようだ。(^^ゞ
a0261169_14010490.jpg
a0261169_14012566.jpg
a0261169_14014660.jpg
a0261169_14020460.jpg


by taketyh1040 | 2018-10-20 00:00 | | Comments(0)
2018年 08月 14日

松島とカモメ

仙台の友人が、「ぶらりと松島へ行ってきたよ」という。
そう言えば、もう、ずいぶん松島へも行っていないなぁ〜。
でも、話が出ると、湾から、沖まで、ほぼ全部の光景が目に浮かぶ。
何度行っただろうか? あまりに多くて憶えていない。
改めて、松島の写真を探してみた。
景色より、カモメたちの写真が目に付いた。
a0261169_10233450.jpg
a0261169_10235015.jpg
a0261169_10240226.jpg


by taketyh1040 | 2018-08-14 00:00 | | Comments(0)
2018年 08月 01日

カモたちも避暑池へ

いつもの鴨池が浅いせいか、藻が水面を覆うほど発生している。
そのせいか、水も豊富で澄んでいて木陰も多い日本庭園の池に避暑のように引っ越して来ている。
いくつかの池を自由に行き来し、池どころか噴水や森までも自由に闊歩している。
早朝の池には、カモたちを楽しみに見に来る人も多い。
もう、どれが子ガモなのか、全く見分けが付かない。(^^ゞ
a0261169_09244499.jpg
a0261169_09245852.jpg


by taketyh1040 | 2018-08-01 00:01 | | Comments(0)
2018年 06月 23日

子ガモの季節

鴨池には、今年も小ガモたちが賑やかに泳ぎ回っている。
あの小さな身体のどこに、そんなパワーがあるのかと思うほど活発である。
一時として止まることがなく動き回る。
これも天敵から身を守る術なのかもしれない。
その分、カメラで捉えるのは至難の業である。(^_^;)
a0261169_15230726.jpg
a0261169_15240194.jpg



by taketyh1040 | 2018-06-23 00:01 | | Comments(2)
2018年 06月 22日

遊ぼうよ

生まれたての子ガモは、まだ、何がいけないことか解らず、
興味の方が先行しているらしく、
愛犬の足下に来て、盛んに覗き込んだり
遊ぼうよと水に誘うような仕草を見せる。
怖い物知らずの子ガモに、親ガモの心配は当分続きそうである。
a0261169_15213518.jpg


by taketyh1040 | 2018-06-22 00:00 | | Comments(2)
2018年 06月 01日

iPhone で鳥撮り

散歩道で、ふと見上げた竹の枝に
少し尾の長い鳥が留まった。スズメではないらしい。
すると、後から後から次々と10羽以上が飛んできた。
カメラがないので、慌てて iPhone を取り出しカメラ設定にする。
上に向けたら、残念、もう1〜2羽しかいない。
しかも、iPhone の短いレンズでどうする? まぁ〜、これはこれで由とシャッターを切る。
結果は、少々ブレ気味だが、俄バーダーには精一杯の写真である。
a0261169_12283242.jpg


by taketyh1040 | 2018-06-01 00:00 | | Comments(2)
2018年 05月 26日

白梟

真っ白のフクロウである。
この鳥を見ると、すぐにハリーポッターを連想する。
なんとも、妖しくファンタジックな雰囲気を醸し出すフクロウである。
フクロウのエリアに行くと、真っ直ぐ、この鳥を撮りに行く。
a0261169_18054145.jpg
a0261169_18055573.jpg


by taketyh1040 | 2018-05-26 00:00 | | Comments(2)
2018年 03月 12日

小屋に帰ってきたカモ一家

池が凍っている間、南側の暖かい池へ行っていたカモ一家が
いつもの池に戻ってきていた。
向こうの池が一年中、快適なように思われるが、
あちらは池の淵も浅く、外敵からの安全性など心配かも、こちらの方が住みやすいのかもしれないなぁ〜。
こちらは、石垣の淵も高く、橋を挟んで二つの池が自由に行き来出来るし広く安全である。
産卵は、必ず、この池でするし、この小屋が我が家なのであろう。
もう、すっかり育って、20羽近い家族は、私には、どれが子供なのか全く見分けがつかない。
a0261169_21590371.jpg


by taketyh1040 | 2018-03-12 00:00 | | Comments(2)
2018年 02月 13日

カモの居ぬ間に

鴨池のカモたちが凍っていない池に疎開している間に
カラスたちが、池で餌を啄んでいた。
きっと、カモたちが餌をとる様を見て学習したのであろう。
盛んに、氷を割り、石をひっくり返して虫などを探しているようであった。
それにしても、頭が良く逞しい鳥である。
a0261169_17535708.jpg


by taketyh1040 | 2018-02-13 00:00 | | Comments(2)
2018年 01月 10日

冬の鳥

最近、鳥を撮っていなかった。
「鳥を撮るぞ」というときは長玉を着け、それなりの準備をするのに、
今日は出会い頭で、真反対の広角ズームを目一杯伸ばしてである。(^_^;)
相変わらず鳥音痴なので、ヒヨドリではないらしい?ぐらいしか解らない。
それでも、ぷっくりと可愛い姿にレンズを向けてみた。
池では、凍った氷の上から、まるで堀ながら餌を狙うかのようなカモの仕草が面白く
カメラを忘れて見入ってしまった。
a0261169_21061908.jpg
a0261169_21063593.jpg


by taketyh1040 | 2018-01-10 00:00 | | Comments(7)