彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 16日

朝陽の中に

朝陽の木洩れ日をあびる並木を背にした、いつもの門にレンズを向ける。
何度も何度も撮っているのに、目にすると撮ってしまう。
まぁ〜、好きな場所って、そういうものだろう。
平成天皇、皇太子時代のご成婚記念樹の桜も、すっかり大樹になって、
枝が歩道の上を覆っているので、頭をぶつけないよう保護カバーが掛けられている。
頭上注意の思いやりである。
a0261169_12044443.jpg
a0261169_12050313.jpg


by taketyh1040 | 2018-07-16 00:00 | 風景 | Comments(2)
Commented by GEM at 2018-07-17 22:11 x
こんばんは。
この時期満足にレンズを向けられるのは早朝位しかないでしょうね。
自分は昨日ひまわりと電車を撮りに岡山県近くまで出かけて来ました。
写友から見頃だと教えられて行ったのですが、強烈な暑さには参りました。
帰宅してそれを伝えると、写友は朝一番出かけて始発電車とひまわりとを、
コラボで撮って来たとの事、朝が苦手な自分には到底出来ない遠征です。
Commented by taketyh1040 at 2018-07-17 23:17
GEMさん こんばんは。
自分も、以前に何回か真昼のヒマワリ畑に撮影に行きましたが、
正に、灼熱地獄でしたね。
ヒマワリ畑なので当然ですが、日射しを避ける場所もなく、
ただただ耐えるだけでした。
あれから、すっかりヒマワリ畑には出掛けなくなりましたね。
それに引き替え、山の上まで続く富良野のヒマワリ畑は素晴らしかったです。
また、是非、行ってみたいものです。


<< 視線      サザンクロス >>