彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 17日

ヒイラギナンテン

すっかり花も終わった馬酔木に色鮮やかな実が着いていて、
「こんな色の実を付けるのか〜」と初めて知ったと思っていたら、実は、ヒイラギナンテンであった。(^_^;)
このレンズ、今迄、いい加減に使っていたが、
よく見るとフォーカスリミットスイッチなるものが付いていて撮影距離範囲を変更できる。
それならと、1:1に設定して撮ってみると、なかなか良い。
元々付いているものを、発見して得をしたような気分になっている自分が可笑しい。
a0261169_18105573.jpg


by taketyh1040 | 2018-05-17 00:00 | 木、森 | Comments(2)
Commented by GEM at 2018-05-17 21:53 x
こんばんは。
換算120㎜で等倍撮影が出来るとなると力強い味方になってくれますね。
ニコンで主力のマクロレンズは1/2倍までの撮影なので時に因っては、
使いにくい場合があります。
ナンテンと云えば赤い実とか今までは東洋的な物を想像していましたが、
お写真の様な綺麗な色の実もあると知って驚きです。
Commented by taketyh1040 at 2018-05-17 22:25
GEMさん こんばんは。
「○○は、こういうものだ」と固定観念で決めつけているところがあり
とんでもない頃に、「えっ、そうなの!」と気がつくことがあります。
カメラも説明書をほとんど読まず、折角の新機種の機能を使っていないものが多いです。
最近、多少、注意深くなっているつもりでしたが、まだまだのようです。(^_^;)


<< カルミア      芍薬 >>