彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 04日

椿の小径

なかなか咲かずに気を揉ませた椿の小径も
それらしく花が見られるようになって久しい。
そろそろ、枝の花より地面に落ちている数の方が目立つようになってきた。
見ている前で、ポトリと、花が枝から丸ごと落ちるとギクリとする。
昔の侍が、首が落ちるようだと好まなかったのも解る気がする。
侍の時代から、今のように、こんなに多くの種類の花があったのだろうか。
a0261169_20531338.jpg
a0261169_20533146.jpg
a0261169_20534701.jpg
a0261169_20540053.jpg
a0261169_17282427.jpg


by taketyh1040 | 2018-04-04 00:00 | 花・実 | Comments(2)
Commented by GEM at 2018-04-04 23:40 x
こんばんは。
大輪の綺麗な椿を見つけていざ撮ろうとすると、花弁の小さな虫食いが
あったりと中々綺麗な椿は見つかりませんね。
場所に因ってはツツジも咲き始めて、早い開花を心待ちにしています。
今日は雨が降ったのですが、咲き始めた花たちがどうなっているのか、
明日にでも見に行ってきます。
Commented by taketyh1040 at 2018-04-05 19:01
GEMさん こんばんは。
凄い勢いで春の花が咲いてきていますよね。
野草も入れたら、もう手の着けようがないかもしれませんよ。
まぁ〜、気に入ったものから、のんびり行こうと思っています。(^^ゞ


<< 八重桜がやって来た      桜吹雪に 一糸乱れず太鼓が舞う >>