彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 19日

ハニームーン・フライト

森の池に目を遣ると、トンボたちの恋の季節らしい。
あちこちでペアーが誕生して、連なって飛んでいる。
無理を処置で、飛んでいるトンボへレンズを向けてみた。
数カット撮った内に、偶然、ピントの合ったモノがあった。(^_^)v
撮った時には気がつかなかったが、拡大して見ると、体色の違うペアーである。
こういう取り合わせもあるんだなぁ〜と初めて知った想いだ。
水面に映る影を上手く入れられたのが良かった。

帰り道、森の中を歩いていると、ポツンと彼岸花が咲いていた。
なんと、こちらも色の違うペアーである。
よくよく今日は、異色の取り合わせに縁がある日なのか?
少し、不思議で可笑しくも思いながらシャッターを切った。
a0261169_15483048.jpg
クリックすると、大きな画像で見られます
a0261169_15394540.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-19 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 09月 18日

彼岸花(曼珠沙華)2

まだ、暑い日射しが照りつけて汗がシャツを濡らすが、森の中に入るとヒンヤリとする。
吹き抜ける風が、一気に、その汗を消してくれるのが心地良い。
群生地も良いが、いつもの鎮守の杜にわずかに咲く彼岸花もよい。
どうしてここに根付いたのか、誰かが、ソッと植えてくれたのか。
この作為のない自然な生え方に、なんとも言えず惹かれてしまうのである。
a0261169_15175900.jpg
a0261169_15181325.jpg
a0261169_15183171.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-18 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 09月 17日

彼岸花(曼珠沙華)

朝夕、涼しい風が吹き始めて、やっと彼岸花が咲き始めた。
毎回、この花の持つ妖しげな美しさに魅了され圧倒される。
まるで夏の終わりを宣言するように、秋との狭間に咲き揃う。
彩りを添えるように、アゲハが舞ってくれたのも嬉しい。
a0261169_20211687.jpg
a0261169_20214822.jpg
a0261169_20222195.jpg
稲とカカシと彼岸花、この時期の風物詩
a0261169_20213150.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-17 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 09月 16日

赤トンボと秋色

今年初めて赤トンボを撮った。
目の覚めるような朱色が心地良い。
「いよいよ秋だなぁ〜」と実感する。
もう一度、森の中でキノコを探してみたら、
可愛いキノコを見付けた。(^_^)v
a0261169_13242587.jpg
a0261169_13244182.jpg
a0261169_13251459.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-16 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 09月 15日

秋のさわり

池にはトンボが舞い、アメンボーが走り出した。
木々の中には、早々と葉を染め始めたものもある。
朝夕、ヒンヤリとした空気も感じるようになり、
秋が、やっと、そこまで来ているらしい。
トンボとカモが睨めっこ
a0261169_15041006.jpg
a0261169_15042608.jpg
a0261169_15045286.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-15 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 09月 14日

長雨のせいか、キノコがいっぱい

長雨のせいか、森のあちこちにキノコがビッシリと生えてきた。
例年、梅雨の初期にキノコを撮っているが、この時期に、こんなにキノコを見た記憶がない。
梅雨時と違って、色鮮やかなものなど沢山の種類はなく、似たような2〜3種類である。
超ローアングル、チルトのないモニターを苦しい姿勢で覗きながら撮ってみた。
a0261169_14571783.jpg
a0261169_14573440.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-14 00:00 | 植物 | Comments(0)
2018年 09月 13日

毎年、萩の撮影は、決まった萩のトンネルを撮っていた。
他で萩を見かけても、なんだか絵になりづらそうに思っていたのだ。
それが、ふと目に入った萩の花が、妙にリアルというかキレイに映った。
萩の花って、どんな形で、どう咲くのか、よく解らない印象もあったが、
この花が、「本当は、こう咲くの!」と教えてくれたような気がした。
a0261169_18353641.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-13 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 09月 12日

CANON R 予約開始日だが

今日から、新型ミラーレス CANON R の予約が開始される。
「どうしようか?」悩んでいる。
EVF の利便性、画面いっぱいの測距点、瞳AFや暗闇でのAF性能向上、なんと言っても軽量・コンパクト・・・
確かに、いろいろ魅力的ではある。
しかし、手持ちのミラーレス機 FUJIFILM X-T2、OLMPUS PEN-F を使ってみて、「なるほど」と思うモノもあるが
結局、CANON EOS 5D Mark Ⅳ や 1DX 一眼レフの性能や使い易さを超えられるかと言えば NO である。
一番危惧されるのが、操作系の不一致である。
全く新しい思想で設計されており、従来のレフ機に慣れた操作とは、ボタン位置も違い(無い)
レンズのコントロールリングなど、従来機(レンズも)とは全く別の新種カメラ(操作)になってしまう。
自分は、手持ちのCANON機、1DX,5DMk4,7DMk2 のボタン機能を共通にカスタマイズして快適に使っている。
今迄の経験から、新機を買えば、その日から面白がって新機ばかりに手が伸び、旧機達は死蔵してしまうだろう。
「新機種を試してみたい」と思いつつ、カタログや立木義弘プロが撮ったヨーロッパでの撮影作品集を見ても、
現行機を捨ててまでの気持ちが動かないのだ。「もう少し様子見をしよう」と保留し、継続検討とした。
そんなことを考えながら、コントラストが強くて撮りにくい街景に、意味なくシャッターを切ってみたが、
迷う気持ちの通り、取り留めのない写真が撮れた。(^_^;)
a0261169_12135879.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-12 00:00 | 街景 | Comments(0)
2018年 09月 11日

大国魂神社

最近は、お参りをしても、あまり撮影していなかった大国魂神社。
珍しく、薄曇りだったのでカメラを向けてみた。
午後の落ち着いた時間だが、相変わらず参拝客は多い。
人が入らない処へレンズを向ける。
何度撮っても、飽きないから不思議である。
a0261169_17150011.jpg
a0261169_17151499.jpg
a0261169_17152815.jpg
a0261169_17154134.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-11 00:00 | 神社、仏閣 | Comments(0)
2018年 09月 10日

ご神木の生命力

大国魂神社の門前を守るご神木。
今迄も、大分手当て(手術)を受けてきたが、いよいよ大手術を施したらしい。
傷んだ内部をくり貫き、所々に腐らないように通気用の窓が開けてあった。
ここまで大胆な手術は初めて目にした。
枝も大幅に切り落とし、幹の負担を減らしたようである。
あの隆々とした逞しく美しい姿ではなくなったが、逆にある種の神々しさが出たように思われる。
何百年か千年か解らないが、生き続けてきた生命力には只只感服である。
どうか、これからも元気で門前を見守っり続けて欲しいと願う。
a0261169_22453345.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-10 00:00 | 木、森 | Comments(0)
2018年 09月 09日

塀に咲く

散歩道、信号待ちの間に何気なく目に入ったのが塀に咲く花。
こんな蔓を伸ばしにくい塀に上手に絡みつきながら頑張っているなあ〜。
誰かに見て貰えたのかなと要らぬ心配をする。
そんな健気な姿が気に入ったのでレンズを向けた。
a0261169_11035231.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-09 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 09月 08日

早咲き 彼岸花

これは早咲きの彼岸花である。
例年、一面に彼岸花で埋まる処には、まだ一輪も見られない。
どうして、ポツンとここに咲いているのか。
何処にも気の早い奴がいるのである。
a0261169_19220474.jpg
a0261169_19222000.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-08 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 09月 07日

早咲き コスモス

今年最初のコスモスに出会った。
周りにもコスモスは咲いておらず、この2輪だけである。
待ちきれずに咲いてくれたのだろうか、なんだかホッとする気持ちになれた。
a0261169_19504980.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-07 00:01 | 花・実 | Comments(0)
2018年 09月 07日

名残の時計草

随分前から蕾を見ているのに、今年は開花が見られなかった時計草。
やっと咲いている花に出会えた。
この家の人が、数年前に「時計草は3年しか咲かない」と言っていたのを思い出す。
貴重な最後の花かもしれないなぁ〜。
a0261169_19380527.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-07 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 09月 06日

台風一過 落ちた青いドングリ

今年最強の台風21号が去った。
昨日は、各地に予想外の大きな被害を出て、お驚きと緊張が走った。
お陰で、当地は大きな被害もなくホッと胸をなで下ろしている。
朝の内に、台風一過の森を歩いてきた。
大小の枝が落ち、痛々しい光景もあったが、全体的には落ち着いていた。
まだ青いドングリが落ちて路を覆っていたので、拾って、ベンチに置いてみた。
既に、芝生の丘には、園児達が元気に走っている。
手前の枝に、羽を休めていたトンボが、気のせいか、ホッとしているようにも見えた。(^^ゞ
a0261169_12453036.jpg
a0261169_16172108.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-06 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 09月 05日

横浜港 夜の観光船

夜の遊覧観光を締めくくるように大型の観光船が出航していく。
白く浮かび上がるベイブリッジを潜り外洋まで出ていく。
夜なのにカモメが数羽追いかけていった。
デッキに寄り添うカップルの影が楽しそうである。
a0261169_14512767.jpg
a0261169_14514745.jpg
a0261169_14525698.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-05 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 09月 04日

横浜港 夜景

夜の海から陸へ、象の鼻パーク周辺をを歩く。
昼間は気にも留まらなかった衝立のようなオブジェに紫色の灯が点り、なんとも言えない妖しい雰囲気を醸し出している。
いつものワールドタイムの店も既に閉まっていたが、壁の時計に灯が点っていた。
街のレストランも昼間と違った顔を見せてくれる。
白い教会も、宵闇の中、一段と美しい白さで浮かび上がっていた。
a0261169_14295829.jpg
a0261169_14301799.jpg
a0261169_14304389.jpg
a0261169_14353859.jpg
a0261169_14360495.jpg
a0261169_14363609.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-04 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 09月 03日

南極観測船 そうや

この日、丁度、夜になって南極観測船 そうや の入港歓迎式が行われていた。
「こんなに大きな船なのか〜」と想像よりはるかに大きな船体に驚いた。
ヘリコプターも数機搭載でき、十分な砕氷機能も持っていて逞しい姿である。
風に乗って流れてくる船内での式典の挨拶を耳にしながら、
夜の海に浮かび上がるオレンジの船体にレンズを向けた。
a0261169_14194326.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-03 00:00 | | Comments(0)
2018年 09月 02日

横浜港 夜景

もうすぐ、また台風が来そうなので、陽が落ちてから横浜港の夜景を撮りに出掛けた。
涼しいとは言えないが、日中の暑さはない。
やはり涼を求めてか、夜の遊覧船は人気のようで乗船客が長蛇の列を作っていた。
大小の船が、次々と夜の海へ出て行く。
大桟橋から見ると、みなとみらいのビル群の灯が美しい夜景を創り出してくれる。
いつ見ても、この夜景は美しい。
a0261169_13550535.jpg
a0261169_13580480.jpg
a0261169_13555872.jpg
a0261169_13562324.jpg
この美しい夜景が好きで足を運んでしまう
a0261169_13592803.jpg
赤レンガ倉庫にも灯が点っている
この1枚は、FUJIFILM X-T2 + FUJINON XF90mm F2 R LM WR


# by taketyh1040 | 2018-09-02 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 09月 01日

保存建物 小学校(木造)

農家、豪商に次いで小学校である。
この保存校舎を訪れる度に、あまりのキレイさに現役でも使えるのではと思ってしまう。
それでも、木製の机や椅子など、そこかしこから懐かしい温もりが感じられる。
遠い日の歓声が聞こえてくるような気がした。
a0261169_18590535.jpg
a0261169_18594187.jpg
a0261169_19001343.jpg
a0261169_19002844.jpg


# by taketyh1040 | 2018-09-01 00:00 | 建物 | Comments(0)
2018年 08月 31日

保存家屋 豪商

昨日の農家と対照的な、豪商の屋敷も保存されている。
あまりに豪華で広大な屋敷に、当時の隆盛を垣間見ることが出来る。
ただ、不思議と閑散としたものを感じてしまうのは何故だろうか。
庭の先には、茶室も兼ねたような趣のある別邸も設けられている。
a0261169_18450410.jpg
a0261169_18445063.jpg
a0261169_18443496.jpg
この FUJI のセットだと、レンズ3本を持って歩いても苦にならないのが嬉しい。(^_^)v


# by taketyh1040 | 2018-08-31 00:00 | 建物 | Comments(0)
2018年 08月 30日

茅葺き農家の夏

久しぶりに、市の保存家屋、茅葺きの農家を訪ねた。
いつもと同じかと思っていたが、お盆の飾り付けや、夏らしく蚊帳が吊ってあり
囲炉裏の周りには食事の支度もされていて、当時の生活が偲ばれるものがあった。
そうか、夏休みだったので、子供達に昔の生活を見せるためのものだったのだろう。
予想外の、手の込んだ飾り付けの気配りに、嬉しい驚きを味わいながらレンズを向けた。
a0261169_18055675.jpg
a0261169_18061923.jpg
何十年ぶりかの蚊帳の中にカメラを入れてみた
a0261169_18064417.jpg
a0261169_18071567.jpg
a0261169_18081241.jpg
a0261169_18082779.jpg


# by taketyh1040 | 2018-08-30 00:00 | 建物 | Comments(0)
2018年 08月 29日

トンボ

今年も何度かトンボを見かけたが、全然、留まってくれる様子もなく
撮る機会がなかった。
不思議なもので、今日は近くに飛んで来て留まってくれた。
すぐ飛び立つ様子もなく大人しい。
その場で身じろぎもしないので、こちらも身体を動かさないまま、
ソ〜ッとレンズを向けシャッターを切った。(^_^)v
a0261169_11452038.jpg


# by taketyh1040 | 2018-08-29 00:00 | 昆虫 | Comments(0)
2018年 08月 28日

キバナコスモス

名前は似ていても、コスモスとは全く別種になっているキバナコスモス。
夏の内から力強く花を着けている。
キバナコスモスだけで咲き揃うと別の良さもあるが、もはや、街で見かけるのは完全に雑草である。
だが、この色には力強さがあり、逞しさが伝わってくる。
a0261169_10365955.jpg


# by taketyh1040 | 2018-08-28 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 08月 27日

まだまだ暑いよ!

夏の間は、まだ道路が暑くならない早朝に愛犬と散歩に出ている。
少し寝坊して遅くなると、焼けた地面に近い分、犬にとっては辛いらしい。
日陰の冷たい石畳などを見付けると腹ばいになって冷やしている。
それほどでもないだろうと思って芝生の丘で休ませてみたら、
舌から汗がしたたっていた。
帰り道は、出来るだけ日陰の道を選んで帰ろうね。
a0261169_19595701.jpg


# by taketyh1040 | 2018-08-27 00:00 | | Comments(0)
2018年 08月 26日

秋の足音

まだまだ暑い日が続いているが、
気がつくと、どこかに秋が近付いて来ている。
森の木々やツタの葉にも、僅かだが秋の化粧が始まっている。
美しく飛び交う蝶も、目を凝らして見ると傷んだ羽が痛々しい。
忍び足で、秋は近付いて来ているらしい。
今夏は酷暑に悩まされ、涼しい秋が待ち遠しい。
a0261169_14071052.jpg
a0261169_11202503.jpg


# by taketyh1040 | 2018-08-26 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 08月 25日

猫じゃらし

我が家に猫はいない。
以前、ペルシャのチンチラを飼っていたことがある。
家族以外にはなつかず、プライドが高く、気難しいが、気品があり美しい猫であった。
そのくせ、寝るときは、必ず私の頭に身体をすり寄せるようにして眠った。
そんな気高い猫も、猫じゃらしには弱く、すぐに反応していた。
この穂を見ると、雪のように白く美しい姿を思い出す。
a0261169_13562251.jpg


# by taketyh1040 | 2018-08-25 00:00 | 植物 | Comments(0)
2018年 08月 24日

桔梗

秋の七草、桔梗が咲いていた。
いつも、この色には惹かれる。
まだ、強い夏の日射しに照らされているが、
できれば、優しい陽射しの下でシットリと撮りたい花である。

それにしても、このレンズのボケの美しさには唸ってしまう。
a0261169_13442704.jpg
a0261169_13444327.jpg
a0261169_13445866.jpg


# by taketyh1040 | 2018-08-24 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 08月 23日

実に澄んだ瞳である。
いつ見ても、気持ちが良いほど澄んでいる。
このレンズで、まず最初に撮りたいと思っていた。
呼んでも、なかなか正視してくれないので腹ばいで待つ。
CANON や NIKON機に比べると、どうしても合焦スピードが遅いので
視線に合わせたタイミングを逃しやすい。
ただ、お互いに急ぐ訳でもなし。撮れたらラッキーぐらいの気持ちである。
その気になれば、また撮れば良い。
a0261169_10423979.jpg
a0261169_10425244.jpg


# by taketyh1040 | 2018-08-23 00:00 | | Comments(0)
2018年 08月 22日

レンズ・テスト2

久しぶりの 135 画角。
50年以上昔だが、初めて一眼レフカメラを手にして、最初に持ったレンズが、55 と 135 であった。
それから、カメラは変わっても必須の画角として、絶えず 135 は欠かさなかったが、
沢山の画角レンズが増えるにつれ、いつからか、135 に、あまり手が伸びなくなり遠ざかっていた。
こうして改めて構えてみると、懐かしく、ズームで使う同画角とは味わいも気持ちも違う。
これから、こいつと末永く付き合っていこうと思う。
a0261169_11503129.jpg
a0261169_11505665.jpg


# by taketyh1040 | 2018-08-22 00:00 | 風景 | Comments(0)