彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2018年 07月 20日

蜂に見える サンビタリア

この花を見ると、蜂を連想する。
黄色と黒のバランスのせいだろう。
夏の陽射しの中を飛び回っているように見えてくる。
a0261169_10300699.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-20 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 07月 19日

早朝、日射しが強くなる前に

早朝、5時半に愛犬と散歩に出る。
日射しが強くなる前に、いつもの森公園を歩く。
日が昇っていないのと森の冷気で心地良い。
やはり、愛犬を連れた人が多い。
愛犬のためと同時に、この酷暑への対策であろう。
幸いにも、東の空に羊雲が広がり、太陽を包んでくれている。
暑くなる前に帰ろう。
木立の間から覗くと、いつもの池にサギが飛来し休んでいた。
しばらくいてくれると良いなぁ〜。
a0261169_10072088.jpg
a0261169_10080565.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-19 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 07月 18日

暑さに耐えるように

庭のキボウシが頑張っている。
幾度の豪雨に打たれながらも、その都度、茎が地面に着くほど垂れても
雨が上がると、いつの間にか立ち上がっている。
外見から感じるイメージより遙かに強い花である。
連日の強烈な夏の日射しにも耐えるように咲き続けている。
庭の花たち、頑張れ!。
a0261169_12364269.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-18 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 07月 17日

視線

デスクで作業をしていて、ふと視線を感じて見ると、
愛犬が、ジ〜っと見つめていることがある。
なにか言いたいことがあるのだろうか?
「なに?」と聞いても答えないが、その目は何かを訴えている。
あれこれ考えて、応えようとするが解らないことが多い。
もっと話が出来ると良いのになぁ〜。
a0261169_08142731.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-17 00:00 | | Comments(2)
2018年 07月 16日

朝陽の中に

朝陽の木洩れ日をあびる並木を背にした、いつもの門にレンズを向ける。
何度も何度も撮っているのに、目にすると撮ってしまう。
まぁ〜、好きな場所って、そういうものだろう。
平成天皇、皇太子時代のご成婚記念樹の桜も、すっかり大樹になって、
枝が歩道の上を覆っているので、頭をぶつけないよう保護カバーが掛けられている。
頭上注意の思いやりである。
a0261169_12044443.jpg
a0261169_12050313.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-16 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 07月 15日

サザンクロス

我が家に来て依頼、こんなに頑張って咲き続けてくれている花はない。
四季を通して花を着けてくれる。
よく見ると、花弁はスポンジのような柔らかさだ。
それなのに、凜としていて、細く凜々しい葉とのバランスも良い。
良い花と出会えたものである。
そうだ、忘れてはいけない、白丁花がいた。この花と両雄である。
a0261169_10341412.jpg
a0261169_10342597.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-15 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 07月 14日

色付き始めたブルーベリー

ブルーベリーが色付き始めていた。
まだ、青い実、黄色、オレンジ、赤、早くもブルーと、
まるで色付く過程を標本のようにバラバラである。
これから夏の強烈な日射しを受けて、一気に、あの濃いブルーへ変わっていくのだろう。
熟し具合を見にやってくる野鳥も増え始めているので、既に用意されているが、
もうすぐ、ブルーベリー畑全体がネットで覆われ始める。
a0261169_17111908.jpg
a0261169_17114235.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-14 00:01 | 花・実 | Comments(2)
2018年 07月 14日

ベンチで愛犬と休む

毎回、森公園の決まったベンチで休む。
見ていると、やはり、いつも同じベンチで犬と休む人が多い。
なんとなく、それぞれ好みの場所が出来るのであろう。
日中の暑さを吹き飛ばすように、夕暮れと共に涼しい風が吹き始める。
そんな風を求めるように愛犬と散歩する人が集まってくる。
森や芝の上を走り、他の犬と顔を合わす時、どの犬も、いつもより目が輝いている。
a0261169_18015406.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-14 00:00 | | Comments(2)
2018年 07月 13日

お約束

横浜に行くと必ず寄るのが、ここ。
かなり古い建物だが、内部を改装して店舗になっている。
外壁に世界の時刻を表示する時計が幾つもかかっていたり、
錨が装飾に置いてあったりユニークな店である。
何度も撮っているのに、横浜に行くとお約束のように撮りたくなるのである。
a0261169_20101424.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-13 00:00 | 風景 | Comments(4)
2018年 07月 12日

FUJI の色

実は、鎌倉の海を撮った時も「海の色が、いつもと違う」と思った。
特に、EVFで覗いたときの色は全く別物である。
今回、CANONと一緒に撮り、現像で並べてみると明らかに色が違う。
「どちらが良い」ではなく、違うのである。
現像で、自分の記憶色に極力近づけるが、これが PROVIA の色なのだろうか。
僅かに残るのだろうが、結局は、自分の好みの色に仕上げている。
a0261169_22502029.jpg
a0261169_20002194.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-12 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 07月 11日

横浜港の風

毎日、暑い日が続き、西日本の災害のニュースに胸を締め付けられている。
少し、広々とした景色が見たくなり横浜へ行く。
ジリジリと真夏のような日射しで焼けるようだが
強烈な海風が気持ち良い。
抜けるような青空に夏らしい雲が爽快である。
いつもなら、山下公園や中華街まで足を伸ばすのだが、
今回は、海風に当たるのが目的なので、大桟橋に腰を据えて過ごすことにした。
a0261169_19143565.jpg
上の1枚は、FUJINON XF23mm F2 R WR
今回気がついたが、やはりCANONと海の色が違う。
現像で極力合わせたが、それでも違いが出る。
a0261169_19145491.jpg
a0261169_19151135.jpg
a0261169_19153076.jpg
a0261169_19154709.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-11 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 07月 10日

花火

一昨日、今年初の花火大会があった。
自宅のすぐ近くなので会場へ行かず、自宅から見ることにした。
電線が邪魔をするので写真を撮るつもりもなく見ていたが、
その内、ムズムズしてきてカメラに手が伸びた。
無謀にも、手持ちで撮ってみようと思った。
窓枠に肘をつき、花火の上がるタイミングに合わせファインダーで追い、
バルブではなく自分の感覚で決めたSSで切る。
ほとんどがボツであったが、数枚、写っていた。
キレイに撮る花火と違い、無理矢理撮った花火である。
a0261169_20514996.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-10 00:01 | 街景 | Comments(2)
2018年 07月 10日

なに想う?

時々、愛犬が遠くを見つめて物思いにふけっていることがある。
何を想っているんだろう?
ソッと、隣に座ってやる。
うずくまるようにして身体を寄せてくる。
何も言わずに身体を撫ぜてやる。
a0261169_20083134.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-10 00:00 | | Comments(2)
2018年 07月 09日

焼け付くような炎天下の下、蓮池へ。
流石に、カメラマンも少ない。
やはり暑さに強いのか、白色系が目立ってきた。
それだけに飛ばないように露出に気を配る。
撮り始めると、流れる汗も忘れてしまう。
a0261169_16084834.jpg
a0261169_16090854.jpg
a0261169_16092376.jpg
a0261169_16093873.jpg
a0261169_16100993.jpg
a0261169_16102525.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-09 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 07月 08日

困った癖

気がつくと、愛犬が、いつの間にか私の椅子の下で寝ていることが多い。
しかも、脚を枕にキャスター部へ巻き付くようにして寝ているのだ。
迂闊に動かすと怪我もしかねない。
椅子から立ち上がるときは、必ず、愛犬を確認して、椅子を動かさないように立つ始末。
何度、言いきかせても、ここが居心地が良いらしい。
きっと、ステンレス部分が冷たくて気持ち良いのだろうなぁ〜。
なんとか、解らせようと頭を捻っている。(^_^;)
a0261169_08445952.jpg
a0261169_08451653.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-08 00:00 | | Comments(2)
2018年 07月 07日

今年もキボウシが咲いた

今年も、庭のキボウシが咲いた。
亡き母が好きで大切にしていた花だ。
花が咲く前、葉だけがこんもりと丸く揃った姿も好きであった。
この花が咲くと母を思い出す。
a0261169_21110180.jpg
a0261169_21112828.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-07 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 07月 06日

ガメラが守る蓮池

蓮を撮りに、いつもの池へ。
水面に目を遣ると、エッ!。
ガメラが赤い目で睨んでいる。
そうか、この池はガメラが守っているのだ。
これなら、蓮を荒らす不届き者は現れないだろう。
頑張れ、ガメラ。
a0261169_13591254.jpg
a0261169_13595753.jpg
a0261169_14002637.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-06 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 07月 05日

お願い

もうすぐ七夕。
笹の葉に、小さなお願いがいっぱい付けられていた。
神様も、きっと叶えてくれるよね。(^^ゞ
a0261169_14143845.jpg
a0261169_14145405.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-05 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 07月 04日

アガパンサス

今年も、この花がやって来た。
いつの頃からか、街並みに、この花の定位置ができていた。
今では、あちこちに定着していて、
夏を迎える花として、すっかり認知されている。
a0261169_15500971.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-04 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 07月 03日

咲いたら行こうと粘っていたら第一陣を逃した。
でも、本命は、まだこれからである。
撮影日は雨の翌日であったが、本当は、少し雨が降っていた方が良いのだろう。
次回は小雨の日に行きたい。
a0261169_14542192.jpg
a0261169_14544753.jpg
a0261169_14552220.jpg
a0261169_14562459.jpg
a0261169_14564375.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-03 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 07月 02日

キノコの世界は梅雨の一瞬

キノコたちと会える期間は短い。
すぐにメルヘンの世界は消えてしまう。
我々には快適ではない梅雨も植物にとっては貴重なものである。
田畑はもちろん、森や植物が大手を広げて受け取っている。
その木々の根元、苔と一緒にキノコたちも短い時間を謳歌する。
そんな一瞬にソッとレンズを向けている。
a0261169_15120974.jpg
a0261169_15095133.jpg
a0261169_15091431.jpg
a0261169_15110435.jpg


# by taketyh1040 | 2018-07-02 00:00 | 植物 | Comments(0)
2018年 07月 01日

キノコの世界

梅雨のこの時期は、森の路を歩くと目がキノコを探している。
不思議なもので、チラッと色や独特の形が目の隅に入ると「キノコだ」と解る。
森に分け入り確認してからレンズを向ける。梅雨の時期の楽しみである。
a0261169_14511111.jpg
a0261169_14515838.jpg
a0261169_14522559.jpg
a0261169_14525510.jpg
a0261169_14533135.jpg
a0261169_14425708.jpg
最後の一枚は、FUJINON XF35mm F1.4 R


# by taketyh1040 | 2018-07-01 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 06月 30日

稲村ヶ崎から江ノ島へ

海は強風が吹いていた。
熱い日射しの中では、湿り気はあるものの心地良かった。
サーファー達には、最良の風だったらしく沢山のサーファーが波と遊んでいた。
稲村ヶ崎で波と遊び、江ノ島へ。
いつもカメラを向けていたヨットハーバーは、すっかり改装され、海に浮かんだボートもなく撮影も不可になっていた。
それならと、参道の店を覗きながら歩き、3度も乗り継ぐエスカー(有料エスカレーター)で山を登る。
実は、今回が初めて展望台に上った。
最上階の屋外展望台からの江ノ島全貌は、想像以上の絶景で強い風を受けながら堪能できた。
a0261169_23265721.jpg
a0261169_23264351.jpg
a0261169_08361843.jpg
a0261169_23470618.jpg
a0261169_23472196.jpg
a0261169_23273455.jpg


# by taketyh1040 | 2018-06-30 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 06月 29日

鎌倉 長谷寺

久しぶりに鎌倉へ、まず長谷寺を訪れた。
なんと言っても、良縁地蔵、和み地蔵が笑顔で迎えてくれるのが嬉しい。
さらには、洞窟の中に弘法大師が刻んだという弁財天が蝋燭の明かりの中で迎えてくれる。
相変わらず外国の方も多い参拝客と一緒に鎌倉を味わってきた。
a0261169_23052163.jpg
a0261169_23055099.jpg
a0261169_23062009.jpg
a0261169_23065393.jpg
a0261169_23072884.jpg


# by taketyh1040 | 2018-06-29 00:00 | 神社、仏閣 | Comments(2)
2018年 06月 28日

呼んでも お澄まし

呼ぶと、尻尾を振りながら走ってくる。
ところが、呼んでも澄ましているときがある。
わざと、こちらを向かない。
仕方が無いから、こちらから近寄って撫でてやる。
いつも無条件で駆けてくるのではなく、時々、気を引くのである。
a0261169_21250006.jpg
a0261169_21261438.jpg
今迄、いろんなカメラで愛犬を撮ってきたが、
いつも、実物と、「何か違う」「もっと、そのまま写せないものか?」と自分の技量のなさを悔いていた。
今回、何気なく撮ったのに、まったく違和感のない愛犬が撮れた。
描写もそうだが、醸し出す雰囲気がそのままなのである。
カメラか、レンズか?、益々、このセット気に入ったぞ。(^_^)v


# by taketyh1040 | 2018-06-28 00:00 | | Comments(2)
2018年 06月 27日

今年もキノコ達がやって来た2

キノコ達の生える場所は何カ所か押さえている。
今年は、まだ、その内の一カ所だけしか生えていない。
これから梅雨が進むにつれて他の場所にもやって来るだろう。
まだ、いつもの顔ぶれが揃っていないのだ。
時々、確認に行かなくてはならない。
a0261169_19583083.jpg
a0261169_19585270.jpg
a0261169_19591046.jpg
a0261169_19592969.jpg
a0261169_20001077.jpg


# by taketyh1040 | 2018-06-27 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 06月 26日

今年もキノコ達がやって来た

梅雨の湿気と一緒に、森の木陰にキノコ達が顔を出す。
実際には、ほとんどが毒キノコであるが、その姿はメルヘンの世界を連想させる。
キノコの影から、小さな妖精達が顔を出してきそうな気がする。
そんな空想を思い浮かべながらレンズを向けているのは実に楽しい。
今年は、防虫ウェアーを新調したので、例年閉口している蚊の攻撃も気にならない。
おかげで、慌てずゆっくりとシャッターを切れた。
a0261169_19491236.jpg
a0261169_19493617.jpg
a0261169_19500245.jpg
a0261169_19511933.jpg
a0261169_19513023.jpg


# by taketyh1040 | 2018-06-26 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 06月 25日

雨の八幡神社

雨の中、神社へお参りする。
普段でもいないのに、雨の日は人影もなく鳥の囀りも聞こえない。
でも、そんな雨に濡れる神社も好きである。
濡れないように、傘を不器用に使いながらシャッターを切るが、
やはり、カメラもレンズもビショ濡れになった。
でも、昨今は、カメラも防塵防滴、気にしなくて済むのが有り難い。(^_^;)
a0261169_13244573.jpg
a0261169_13250072.jpg
今更ながらではあるが、この PEN-F を創り上げてくれたオリンパスの技術・姿勢に敬意を表したい。
最近、X-T2 に接し、軽量とコンパクト+高機能に満足しているが、それにも伍して
この PEN-F の先見性と、さらには堅牢性に加え デザインの良さに魅せられている。
モニターの良し悪しには意見があるとして、ほとんどに文句の付けようがない。
OM-D シリーズをフラッグシップに頂いているが、自分は真っ直ぐ PEN-F である。
持つ喜びもカメラの重要な要素と考えている。
惚れ込める容姿、機能、性能、品質、操作性のバランスが重要なのだ。
軽快さから「お散歩カメラ」としての位置づけに置きそうになるのだが、
出てくる画像は、どのカメラにも引けをとらない。
否、意図したものの表現は優れていることすらある。
こんなカメラと出会えたことに、今更ながら感謝である。


# by taketyh1040 | 2018-06-25 00:00 | 神社、仏閣 | Comments(2)
2018年 06月 24日

冷気に惹かれて

汗を流して歩いている耳に水の音が飛び込んできた。
「滝だ」
微かに流れてくる冷気に吸い寄せられるように向かった。
実際の温度より、水の流れが涼しげでホッとしてリュックを下ろす。
リュックで押されていた背中の汗が冷えて行くのが解る。
涼しい木陰の風と滝の冷気でしばらく鋭気を養い立ち上がった。
a0261169_22061460.jpg
ふと足下に目を遣ると、ネジバナが風に揺れていた。
a0261169_15293144.jpg


# by taketyh1040 | 2018-06-24 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 06月 23日

子ガモの季節

鴨池には、今年も小ガモたちが賑やかに泳ぎ回っている。
あの小さな身体のどこに、そんなパワーがあるのかと思うほど活発である。
一時として止まることがなく動き回る。
これも天敵から身を守る術なのかもしれない。
その分、カメラで捉えるのは至難の業である。(^_^;)
a0261169_15230726.jpg
a0261169_15240194.jpg



# by taketyh1040 | 2018-06-23 00:01 | | Comments(2)