彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 23日

嗚呼、靖国神社

靖国神社をお詣りしてきた。
他の神社と違って、英霊を祀っている神社である。
境内の桜は、どれも各地の戦友会が銘打った思い入れのある桜たちである。
無数の英霊が眠る靖国、やはり、言いようのない気持ちになる。
a0261169_20142424.jpg
a0261169_20143714.jpg
a0261169_20150067.jpg
a0261169_20151498.jpg
砲身に弾痕の痕も生々しい大砲
a0261169_20152634.jpg
a0261169_20153801.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-23 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 03月 22日

既に、一本だけ開花

実は、靖国神社で、目立たないところに、一本だけ、ほぼ満開の桜がある。
例年、この桜は早咲きで、知る人ぞ知る桜である。
「再開桜」と命名された桜で、染井吉野より遙かに大きな花を着けた、実に美しい桜である。
私たちは、開花の標本木を見るのでなく、開花情報が出る頃に咲くこの桜を見に靖国へ逝く。
まさに、標本木が開花を告げる頃が満開の時期なのである。
やはり、今年も、キレイな花を咲かせていた。
英霊を祀った方達の想いは切ないが、この花の美しさに癒やされるのである。
a0261169_19561685.jpg
a0261169_19563434.jpg
a0261169_19564581.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-22 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 03月 21日

桜の開花宣言 靖国神社

開花か? 毎日、テレビで東京の開花情報が流れる。
この時期、靖国神社に注目が集まる。
ここの標本木で「開花」を判断するのである。
まだ、靖国神社も皇居の千鳥ヶ淵も花はなく人通りもほとんど無い。
だが、ここだけは人が囲んで盛んにカメラを向ける。
テレビ各社からも、女子アナ中継を投入しての開花情報を競っている。
もう、これは例年恒例の風物詩であろう。
今日(20日)は、まだ宣言は出なかったが、さて明日(21日)は?
a0261169_19443314.jpg
a0261169_19444716.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-21 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 03月 20日

春の花が次々と

春を待ちかねた花たちが一斉に咲き始めている。
もう順番なんか待っていられないと言わんばかりである。
春は、人や動物も、木々も、花も、全てが命を輝かせる季節だと実感する。
沸き出でるような生命力に溢れる季節なのである。
写真を撮る身としても、これから、一番忙しい季節になりそうである。

桜の中では、一番色が濃いと思われるカンヒザクラ
a0261169_19595774.jpg
木蓮も開花を始めている
a0261169_19593559.jpg
ムラサキハナナも咲いていた
a0261169_20010124.jpg
気の早い桜が咲き始めている
a0261169_20012266.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-20 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 03月 19日

東京競馬場 平日の開放日

東京競馬場は、平日の木曜日に東門からの競馬博物館と子供公園を開放している。
先生に引率された保育園児や、お母さんと幼児に格好の遊び場になっている。
隣接された乗馬クラブも柵越しに見ることが出来る。
のんびり芝生に座って、馬の走る姿も楽しめる。

平日は、ここから先へは入れないが、
開催日には数万の人で埋まる場内が深閑としている。
a0261169_20250756.jpg
a0261169_20252263.jpg
隣接された乗馬クラブ
a0261169_20264802.jpg
a0261169_20253583.jpg
a0261169_20254778.jpg
a0261169_20262021.jpg
「おいで」と声を掛けたら、スンナリ近付いてくれた
つぶらで優しい目を見ていると、本当に癒やされる。
a0261169_20272006.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-19 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 03月 18日

ミツマタ

散歩道に一本だけあるミツマタに花が来た。
私の知っている限り、この街で出会えるのは、この木だけである。
冬風の中で、固い蕾をつけていたが、やっと開花を初めてくれた。
もうすぐ満開を迎えそうなので、極力、このコースを歩こうと思っている。
a0261169_10211534.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-18 00:01 | 花・実 | Comments(0)
2019年 03月 18日

木洩れ日の中に

遅咲きの濃い色の椿が咲いていた。
以前は、ほとんど全部の種類が一斉に咲いていたのに
近年は、バラバラに咲くので、よく言えば、長く楽しめることになった。
花が背景の木洩れ日に浮き上がっているようで、美しさが倍加して見えた。
a0261169_20164307.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-18 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 03月 17日

一人散歩

愛犬が亡くなって、早や2ヶ月が経とうとしている。
この7年間、雨の日も風の日も、毎日欠かさず朝夕、日によっては昼にも
日課のように連れ立って散歩をし、必ず、カメラを肩に歩いた。
私がカメラを構えると、当然のように「お座り」をしてジ〜と待っていてくれた。
その回数は、ざっと、5000回強となる。一回に平均で3000歩として1500万歩にもなる。
とても、一人だと歩けなかっただろうと思う。
いなくなったからと、歩かないのもいけないと、極力、一人でも歩いているが、
時々、フッと、隣に寄り添って歩いているような錯覚がある。
愛犬のくれた良い習慣を、これから一人でも続けていこうと思っている。

府中の森 芸術劇場
a0261169_10061905.jpg
a0261169_10080123.jpg
八幡神社の椿
a0261169_10085408.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-17 00:00 | 風景 | Comments(2)
2019年 03月 16日

大国魂神社

大国魂神社。
ほとんど毎日のように、散歩のついでにお詣りをしている。
特に、なにをお願いする訳でもない。無心で手を合わせる。
だが、訪れる度に、随神門や拝殿にレンズを向けたくなる。
難しく考えている訳でも、特に、テーマに取り組んでいる気持ちがある訳ではないのだが
同じようなアングルで(多少違うのか)繰り返し撮っている。
まぁ〜、これが、私なりの参拝方法なのかも知れないなぁ〜と思いながら今日もレンズを向けた。
地元に、毎度撮りたくなるような、立派で魅力的な神社があることに感謝である。
a0261169_09431642.jpg
a0261169_09433159.jpg
a0261169_09441064.jpg
a0261169_09445176.jpg
最後の一枚は、FUJI X-T2 + XF35mmF1.4 R


# by taketyh1040 | 2019-03-16 00:00 | 神社、仏閣 | Comments(0)
2019年 03月 15日

河津桜 満開

こちらでも河津桜が満開になった。
染井吉野より遙かに濃い色が遠くからも目に飛び込んでくる。
迫力がある。さくらのイメージを超えて迫ってくる。
冬枯れの色に慣れた目には、一層、強烈な印象である。
冬に浸っていた気持ちを、一変に目覚めさせられたようなインパクトだ。
これで、もう春を迎える気持ちの準備も出来たのである。
a0261169_22204867.jpg
a0261169_22211461.jpg
a0261169_22213495.jpg
a0261169_22214714.jpg
a0261169_22220399.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-15 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 03月 14日

名人芸

予期せぬ処で、名人芸が見られた。
操り獅子回しの妙技に目を見張る想いであった。
余程の年期が入った芸なのであろう。
獅子の絶妙の動きにも魅せられたが、
操る人の仕草や表情にもすっかり魅せられてしまった。
a0261169_18550978.jpg
a0261169_18552315.jpg
a0261169_18553743.jpg
a0261169_18560199.jpg
a0261169_18561423.jpg
a0261169_18562696.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-14 06:13 | | Comments(0)
2019年 03月 13日

今年は梅の当たり年

今年は、不思議なほど梅がキレイであった。
こんなに気持ち良く見られた年は少ない。
特に、初めて出会った「蝶の羽重ね」にすっかり魅了されてしまった。
a0261169_18421096.jpg
a0261169_18422995.jpg
最後は、やはり「蝶の羽重ね」
a0261169_18432216.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-13 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 03月 12日

一度も積もらなかったが

有名な金沢の兼六園とは比べものにならないが
我が街の森公園も、毎年、雪への保護で雪吊りを行う。
今年は、一度も積もる雪が来なかったので、管理の方はホッとされているだろうが、
写真を撮る身としては、少し残念に思っている。
意外に、春先に思わぬ大雪になることがあるのを密かに期待している。(^_^;)
a0261169_16195110.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-12 00:01 | 風景 | Comments(0)
2019年 03月 12日

ヒメリュウキンカに染まる庭

娘から、何気なく一本分けてもらった花が年々広がって
今や、庭の一角を占有するほど根付いている。
梅と並んで、我が家の春を知らせる花の定席を持つまでになった。
この光沢のある黄金色は他のどの花にも見られない独特の色だ。
力強く、温かい花が庭を染め始めている。
a0261169_21050562.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-12 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 03月 11日

冬から早春へ

歩いていると冬景色の中に早春の色が見え始めている。
なにが?ではないのだが、どことなく春を感じ始めてきたのである。
春も待ち遠しいが、花粉の時期が早く過ぎて欲しい。
a0261169_16090505.jpg
たった一輪だが、ミツマタが花を着けていた
a0261169_16095506.jpg
鈴掛の木も、もうすぐ芽吹きそうである
a0261169_16104897.jpg
寺の山門脇のしだれ梅も、今を盛りに花を着けている
a0261169_16130054.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-11 00:00 | 風景 | Comments(0)
2019年 03月 10日

椿 咲く

遅咲き組の椿が咲いてきた。
まだ、例年の顔ぶれが揃ってはいない。
こんなにバラバラに咲いていただろうか?
以前は、一斉に花を着けていたように記憶している。
その分、長く見られるようだが、出来れば、一変に咲き揃って欲しい。
a0261169_16015195.jpg
a0261169_16022146.jpg
a0261169_16024099.jpg
a0261169_16031372.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-10 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 03月 09日

森公園の梅林

森公園の小さな梅林。
幼児達が、梅の木の下を走り回り、犬たちもここへ来ると入りたがる。
年配の方が、ベンチに座ってゆっくり梅を楽しんでいる。
身近だからこそ、皆に愛されている梅林である。
a0261169_14585714.jpg
a0261169_14591046.jpg
a0261169_14592861.jpg
a0261169_14594090.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-09 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 03月 08日

森の爺さん スダジイ

彼岸桜とメジロを撮りに行ったのだが、
今年のメジロは敏感で警戒心が強いのか、
すぐに逃げてしまい一向に姿を見せてくれない。
仕方ないので森を歩いて、森の爺さん スタジイに会ってきた。
相変わらず元気で逞しい。
住宅地の中にある森で、これだけ多くのスダジイがあるのも珍しい。
いつまでも元気で森を見守って欲しい。
a0261169_21084070.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-08 00:01 | 木、森 | Comments(0)
2019年 03月 08日

スダジイ 2

スダジイの大木(老木)達を見ていると
Lord of the Ring の老巨木達を思い出す。
この森のスダ爺さん達も、あんな風に語り合っているのだろうか?
きっと、気の遠くなるほど長い年月、森を見つめてきたのだろう。
森はメルヘンの世界で溢れている。
a0261169_14485709.jpg
a0261169_14491147.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-08 00:00 | 木、森 | Comments(0)
2019年 03月 07日

彼岸桜が咲いた

待ちかねた彼岸桜が咲いていた。
予期していたはずなのに、この華やかな濃いピンクには圧倒される。
同じく待ちかねていたのだろう、ヒヨドリなどが大きな鳴き声を上げながら蜜を吸っていた。
ここはメジロが集まるので楽しみにしているのだが、ヒヨドリが多いと現れない。
願わくば、交代で来てくれると嬉しいのだが。(^^ゞ
a0261169_11355278.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-07 00:01 | Comments(0)
2019年 03月 07日

彼岸桜とメジロ

以前に撮ったメジロがいる彼岸桜。
今年は、どうしても近くに来てくれないので、久しぶりに開いてみた。
a0261169_10185982.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-07 00:00 | Comments(0)
2019年 03月 06日

我が家も枝垂れ梅に花が来た

待っていた我が家の枝垂れ梅に、やっと花が来た。
まだ1mにも満たない小さな木にポツンポツンとつぼみが付いている。
これから毎日、花が開くのを楽しめそうである。
塀に沿って植えてあるので身体が入らず、隣の木の枝の間にカメラを突っ込み、
モニターだけ自分に向けてのMF撮影。バリアングルならでは可能の撮り方であろう。
それでも四苦八苦のアングルでやっと捉えることが出来た。
小さな木の割に、一人前の花を着けてくれた。(^_^)v
a0261169_11545332.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-06 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 03月 05日

梅 満開

梅が満開を迎えている。
今年は、本当に梅がキレイである。
毎年、この梅林を何度も訪れている。
何処に、どんな木があるかも熟知しているつもりであった。
なのに、まだ見逃している木があったのである。
「蝶の羽重ね」という名だと言う。
幼児のコブシぐらいもある大きな花にも驚かされたりした。

最初の写真が「蝶の羽重ね」
a0261169_19592944.jpg
a0261169_19595078.jpg
a0261169_20000938.jpg
a0261169_20003856.jpg
a0261169_20012905.jpg
a0261169_20005740.jpg
a0261169_20025823.jpg
a0261169_20032525.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-05 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2019年 03月 04日

初代と最新の色

行きに京王帝都 初代の頃に使っていた色にメモリアル塗装した車両が来たので何気なくシャッターを切った。
なんと、帰りには、これから導入するピカピカの最新色車両が来た。
振り返ると、初代以来、いったい何色の電車に乗ってきたのか憶えていない。
そんなことを知らない妻は、何事もなかったように乗っていたが、
鉄ちゃんではないのに、この偶然に嬉しくなって、帰りの車両にもレンズを向けた。
なんだか、少し、鉄ちゃんになった気分である。

京王帝都 初期のメモリアル色
a0261169_21361490.jpg
これからの最新車両と最新色
a0261169_21375544.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-04 00:00 | 電車・列車・鉄道 | Comments(0)
2019年 03月 03日

サンシュユと福寿草

サンシュユが咲いていた。
毎年、この花を見ると、例の歌が頭の中に流れる。
「庭ののサンシュユ〜の〜♪」・・・
もう、今年も咲く頃になったのかぁ〜と実感しながらレンズを向ける。
足下には福寿草も咲いていた。
上も下も黄金色で心地良い。
a0261169_21204024.jpg
a0261169_21205394.jpg
a0261169_21210632.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-03 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2019年 03月 02日

江戸東京博物館

江戸の当時、武家屋敷や江戸城の様子、および町人文化がどうであったか
ジオラマで再現されたり、実物を見ることが出来る。
特に、篤姫から皇女和宮への手紙など興味深く拝見した。
当時の歌舞伎や祭の様子も、その場にいるかのような臨場感が味わえる。
a0261169_20212021.jpg
忠臣蔵で有名な、江戸城 松の廊下
a0261169_20214196.jpg
a0261169_20225208.jpg
篤姫から皇女和宮への手紙
a0261169_20231012.jpg
手紙の訳文
a0261169_20564922.jpg
a0261169_20235980.jpg
a0261169_20241445.jpg
a0261169_20243194.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-02 00:00 | 風情 | Comments(0)
2019年 03月 01日

江戸東京博物館

前回、訪ねたときは休館日であったので、改めて訪れた。
隣の国技館にも劣らないほど大きいのに、下の数階を空間にし空中に浮いているようなユニークな建物である。
入ってみて驚いた。タイムトンネルを抜けたのかと錯覚するような世界に飛び込んだ。
江戸から明治初期の東京が様々な形で再現、表現され、貴重な当時のものが陳列されている。
ジオラマで再現された江戸は、見事なリアルさで息を呑むほど素晴らしかった。
いったい、どれほどの時間と手間が掛ったのだろうか?
時間を忘れて、時空の向こうの世界を楽しむことができる。
a0261169_19463035.jpg
a0261169_19464900.jpg
a0261169_19471735.jpg
a0261169_19473116.jpg
a0261169_20043375.jpg


# by taketyh1040 | 2019-03-01 00:00 | 風情 | Comments(0)
2019年 02月 28日

地獄の門

上野は美術館が多い。
駅のすぐ側に国立西洋美術館がある。
西洋の美術作品を専門とする美術館であり、本館が、ル・コルビュジエの建築作品として世界文化遺産に登録されている。
前提には、多くのロダンの作品が常設されている。
「カレーの市民」や「考える人」・・・などあるが、今回は「地獄の門」にレンズを向けてみた。
今度、ここだけをゆっくり訪ねたいと思っている。
a0261169_01055769.jpg


# by taketyh1040 | 2019-02-28 00:01 | 作品 | Comments(0)
2019年 02月 28日

東京ミッドタウン

六本木に聳え立つ 東京ミッドタウン。
六本木界隈で見回してみると、既に六本木ヒルズも目立たないほど超高層ビルが林立している。
そんな中でも、異彩を放っているのが東京ミッドタウン。
入ってみると、高級店が並び、気楽にショッピングとは言いにくいが、ウィンドウ・ショッピングには最適な処である。
少し時間があるときには、ゆっくり散策しながら時間調整には持って来いである。
a0261169_00285325.jpg
a0261169_00290553.jpg
a0261169_00291876.jpg


# by taketyh1040 | 2019-02-28 00:00 | 建物 | Comments(0)
2019年 02月 27日

上野動物園

パンダも見た後、もう閉園近い時間になっていたが、
一番近い施設を歩いてみた。
プレーリードッグや日本猿が目に入り、しばらく見ていたが
猿の、物思う仕草は、何か引き付けるものがある。
また、園内には旧寛永寺の五重塔が見事な姿を見せている。
a0261169_00415362.jpg
a0261169_00420798.jpg
a0261169_00422088.jpg
a0261169_00460047.jpg


# by taketyh1040 | 2019-02-27 00:00 | 動物 | Comments(0)