彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 24日

咲き始めの山紫陽花が雨に濡れていた

庭に咲き始めた山紫陽花の白かった花弁に赤みが差し始めていたが、
丁度、降ってきた雨が、さらに彩りを濃く見せていた。
やはり紫陽花は雨が似合う。
a0261169_14555903.jpg
a0261169_14561491.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-24 00:00 | 花・実 | Comments(0)
2018年 05月 23日

ヘビイチゴ

森の草の中に、今年も紅いものが目立ち始めた。
ヘビイチゴである。(正式名称は知らない)
5ミリにも満たないような小さなイチゴが一面に広がっている。
本当に蛇が食べるとは思わないが、なんとなく周りを見回してしまう。
これも森を彩る春の贈り物であろう。
a0261169_10190123.jpg
a0261169_10312444.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-23 00:00 | 植物 | Comments(2)
2018年 05月 22日

今年も、ダービーが近付いて来た

今年も、ダービーが近付いて来た。
今度の日曜日 27日の開催である。
既に、競馬場の門前には徹夜組の席取りの列ができ始めている。
普段競馬をしない私も、ダービーだけはお祭りなので見に行き、馬券も買っている。
もちろん、いきなり競馬が理解できる訳もなく、運を天に任せての適当買いである。
本音を言えば、ダービーならではの何十頭もの名馬たちが直線手前の最後の第4コーナーへ
怒濤のように犇き合いながら突っ込んでくるのを撮りたいのである。
以前は、ゴールを狙っていたが、どうしても先頭馬との数頭になってしまうので
最近は、もっぱら、この第4コーナー狙いである。
ところが、この場所が、今や混み出してカメラを持って立っていると迷惑顔で見られてしまう。
今年は、どうしようか? 検討中である。写真は、2016のダービーのもの。
a0261169_13523239.jpg
週末しか使われない東京競馬場正門前駅(一時は、日本で一番長い駅名として良くクイズに使われた)
平日の閑散としたホームに、踏む人もいないので花が咲いていた。
これも、今週中にキレイに清掃されてしまうのだろう。
a0261169_13550200.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-22 00:01 | 風景 | Comments(5)
2018年 05月 22日

今年も、ダービーが近付いて来た 2

ダービーに向け、競馬場の正門もバラで飾られた。
競馬最大のお祭りの準備が、日一日と進んでいる。
毎年思うのだが、門の内側に飾られる、この背の低いテントのようなものは何なのだろう?
きっと、意味があるのだろうが解らない。
もっと別のものの方が映えるような気がするのは余計なお節介であろう。
a0261169_10112663.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-22 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 05月 21日

爽やかな青空に 白い雲

実に爽やかな一日であった。
風が心地良く、正に、これが五月晴れだ。
愛犬を連れ、妻が作ってくれたおにぎりを持って森公園へ。
芝に腰を下ろすと、暖かい陽射しと冷たい風が程良く心地良い。
空を見上げると、風に雲が次々と流されていく。
いつもより空の青さが濃いなぁ〜と感じる。
その分、雲が浮き出て美しい。思わずレンズを向けた。
芝生の丘の麓には、俄テント村が出現している
最近、休日には、テントを張って楽しむ人達が増えてきた。
a0261169_10440137.jpg
a0261169_10410488.jpg
a0261169_10412469.jpg
a0261169_00110419.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-21 00:11 | 風景 | Comments(2)
2018年 05月 20日

赤ちゃん

ふと見上げた桜の木に紅いものが目に入った。
なんと、小さなサクランボだ。
まだ生まれたてのサクランボの赤ちゃんである。
実に見事な色なので、つい見入ってしまった。
この桜並木でサクランボが採れるのは聞いたことがないが、
当然、実が着いて実るのだろう。
スーパーに、外国産の味は良いがどす黒いサクランボが並び始めている。
やっぱり、私は国産(山形産)の繊細な味の方が良い。
a0261169_20330787.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-20 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 05月 19日

一皮剥けて

竹林へ分け入ると、若竹が脱ぎ捨てた皮が散乱していた。
まるで卒業式を終えて成人式の服に着替えたかのようだ。
上を仰ぎ見ると、もう、どれが若竹か解らない。
これで、これから立派な一人前の竹である。
a0261169_20051969.jpg
a0261169_20054634.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-19 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 05月 18日

カルミア

気がつけば、カルミアも咲いていた。
どうも、この花を見るとトカゲが口を開けているように見えてしまうのは私だけなのだろうか。
それでも、ここのカルミアは蕾の色も可愛く葉の色も明るいので、他のカルミアよりも気に入っている。
a0261169_13290675.jpg
a0261169_13292106.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-18 00:00 | 花・実 | Comments(3)
2018年 05月 17日

ヒイラギナンテン

すっかり花も終わった馬酔木に色鮮やかな実が着いていて、
「こんな色の実を付けるのか〜」と初めて知ったと思っていたら、実は、ヒイラギナンテンであった。(^_^;)
このレンズ、今迄、いい加減に使っていたが、
よく見るとフォーカスリミットスイッチなるものが付いていて撮影距離範囲を変更できる。
それならと、1:1に設定して撮ってみると、なかなか良い。
元々付いているものを、発見して得をしたような気分になっている自分が可笑しい。
a0261169_18105573.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-17 00:00 | 木、森 | Comments(2)
2018年 05月 16日

芍薬

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は・・・」と謳われるように
その艶やかさと美しさは目を引く。
きっと、生産者のご苦労は大変なモノがあるだろうと推察されるが、
色鮮やかで大きいので撮りやすく撮り甲斐もある。
名前も風情溢れるものが多い。
無返の際
a0261169_19472411.jpg
面影
a0261169_19490512.jpg
ビロードクイーン
a0261169_19500048.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-16 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 05月 15日

バラフェスタ 神代植物園3

原産地はヨーロッパのものが多いだけに、生産者のご苦労は並大抵ではないであろう。
毎年通っていると、「これは昨年も見たなぁ〜」と思うモノが多い。
その中に、初めて目にするものを見るけると嬉しくなる。
なにしろ広大な会場であるが、そんな楽しみも味わいながら歩いていると時間の経つのが実に早い。
a0261169_19312949.jpg
a0261169_19323949.jpg
a0261169_19325609.jpg
a0261169_19331105.jpg
a0261169_19335548.jpg
a0261169_19341209.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-15 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 05月 14日

バラフェスタ 神代植物園 2

行くのも、入るのも、入ってからも、人の多さと暑さに閉口したが、
これは、また来るのは大変だと、逆にスイッチが入ったのか、
4時間も粘って500枚以上も撮っていたには自分でも驚いた。
なにが幸い(逆作用)するか解らないものである。
a0261169_23503076.jpg
a0261169_23504534.jpg
a0261169_23510267.jpg
a0261169_23511772.jpg
a0261169_23513712.jpg
a0261169_15054496.jpg
このバラ、優に夏みかんぐらいの大きさがありましたね。


# by taketyh1040 | 2018-05-14 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 05月 13日

バラフェスタ 神代植物園

昨日、車で向かったが駐車場が満車で入れず諦め、
今日は電車とバスで出直した。
いやぁ〜、入り口から長蛇の列。ディズニーランドですか?と言いたいくらいだ。
入って、バラ園に向かってみると、あの広大なバラ園が人で埋まっている。
改めて、バラ人気と関心の高さに驚嘆であった。
まだ、8日から開催なのに、既に傷んだ花が多いのは残念である。
炎天下、傷みがなく撮りたい花を探し4時間ほど園内を歩いた。
a0261169_23320008.jpg
a0261169_23321536.jpg
a0261169_23323221.jpg
a0261169_23324641.jpg
a0261169_23331166.jpg
a0261169_23333146.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-13 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 05月 12日

ヤマボウシ

木の枝を、まるで雪が積もったように白く覆っている花。
ヤマボウシである。
今にも風に乗って飛んでいきそうな風車の形をしている。
知らなかったが、この実が熟すとマンゴーのような味がするという。
味見に挑戦してみようかな。(^_^;)
a0261169_14400803.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-12 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 05月 11日

そっと入れ替わって

咲き始め、数えるほどだった白丁花の花が一面に、数え切れないほど覆ってきた。
只、増えたように思っていたら、よく見ると、当たり前だが、先に咲いた花が枯れ、次々と入れ替わっている。
それも、まるで黒子の衣装に着替えて目立たないように入れ替わっていくかのように
そっと、見事に表舞台から引いていくのだ。
なんだか、その奥ゆかしさに、一層、愛らしを感じさせられてしまうのである。
a0261169_16240207.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-11 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 05月 10日

少し小降りになってきた庭を見ると、
合歓の木の開いたばかりの若葉に雫が溜まっては落ちている。
雨に濡れて重く垂れ下がった紫蘭の花、
精一杯、葉を広げて雨を待っていたようなキボウシ。
柿の木も若葉に包まれて新芽を濡らしている。
雨の庭は彩りに満ちている。
それならと、雨の中、カメラを持って庭に出てみた。
少々濡れても良い、雫を撮ってみようとシャッターを切る。
a0261169_15382627.jpg
a0261169_15384119.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-10 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 05月 09日

雨が上がって欲しいワン

雨の日は散歩に行けない。
縁側に出ては、「まだ、上がらないかなぁ〜」と見つめている。
早く晴れると良いね。
a0261169_12502105.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-09 00:00 | | Comments(2)
2018年 05月 08日

路肩に咲く

散歩道の路肩に咲いていた花。
誰かが植えたのか、鮮やかな色が目に飛び込んでくる。
頼まれた訳でもないだろうに、公共の場所に花を植える。
誰にも知られない、そんな何気ない行為のお陰で
どれだけ多くの人が癒やされていることであろう。
マスコミで大言壮語を吐いている輩より、遙かに人々に和みを与え美しい。
a0261169_20395993.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-08 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 05月 07日

白丁花と紫蘭

5月になって、我が家の庭に咲く花。
白丁花は、亡き母が植えた花である。
紫蘭は、いつの間にか庭に根付いている。
紫陽花が咲くまでの間、5月を彩ってくれる。
a0261169_16104892.jpg
a0261169_16114550.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-07 00:00 | 花・実 | Comments(3)
2018年 05月 06日

くらやみ祭 神輿渡御

いよいよ、くらやみ祭もクライマックス、神輿渡御である。
8基の神輿が黄金色に輝きながら闇夜を舞う。
正に、くらやみ祭の極みである。
今年は、小池東京都知事も来られ、さらに盛り上がっている。
群衆も一段と押し寄せ立錐の余地もない有様なので、
残念だが、家でテレビ中継を見ることにした。
写真は、2年前に撮ったものである。
そう言えば、こういう祭りには、戦闘モードに入るのか、いつも1DXを手にしてしまうようだ。(^_^)v
a0261169_20131893.jpg
a0261169_20123348.jpg
a0261169_20125465.jpg
a0261169_20133421.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-06 00:00 | | Comments(2)
2018年 05月 05日

山車の行列と太鼓

今日は、神社に太鼓が勢揃いしての競演であった。
てっきり、ピークが夕方6時と思って出掛けたら思い違いで
既に太鼓は引き上げてしまって、山車の行列が始まっていた。
それはそれで良いとカメラを向けたが、毎年撮っているので
今年は、おじさん達の祭りファッションを入れて(主に)撮ってみたくなった。
偶然、小さいが一台だけ残っていた太鼓も撮れた。
a0261169_20494690.jpg
a0261169_20473165.jpg
a0261169_20474561.jpg
a0261169_20484810.jpg
a0261169_20480930.jpg
a0261169_20482690.jpg
a0261169_20491932.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-05 00:00 | | Comments(2)
2018年 05月 04日

くらやみ祭

府中 大国魂神社の「くらやみ祭」が始まった。
3日 山車の勢揃いと府中囃子の祭典、駒競べ(競馬式)
4日 太鼓の勢揃い、万燈
5日 神輿渡御
6日 神輿のお帰り
実は、その何ヶ月前から古式豊かな儀式に則って神事が行われているという。
我々一般人には、3日以降の祭りの公行事しか解らないが、それで十分である。
毎年、70万人が訪れる祭りだけに、参道や境内は屋台で埋め尽くされ、押し寄せる見物客で押しつぶされそうである。
3日の初日は、参道前から欅並木を埋め尽くして24台の山車が集まり、府中囃子を競い合う。
とても全部を案内できないので、そんな初日の一部を紹介する。
a0261169_22022295.jpg
a0261169_22024478.jpg
a0261169_22030727.jpg
時代は進んでも、祭りに欠かせないのがこれ。
a0261169_22033765.jpg
a0261169_22035577.jpg
屋台は、ファンタジーの世界
a0261169_22041215.jpg
a0261169_22042960.jpg
参道は身動きも出来ない
a0261169_22044781.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-04 00:00 | | Comments(2)
2018年 05月 03日

もう10年以上も経っていた

偶然、このカモ小屋の写真が出てきた。
日付を見ると、2008.05となっている。
少なくとも、もう10年以上も経っていたのだ。
この頃は、まだ小屋も新しくキレイだが、
既にツツジも綺麗に咲き揃っているので、さらに数年前に建てられたのだろう。
時間の経つのは早い。
機会があれば、改築を進言しようかと思っている。
a0261169_10485756.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-03 10:49 | 風景 | Comments(2)
2018年 05月 03日

ツツジの咲く家

池のカモ小屋にツツジが咲いていた。
いろんなカモ小屋を見てきたが、ツツジまで植えてあるのは見たことがない。
この公園の管理の人達の優しさとセンスの良さを感じる。
ツツジと緑に守られて、産卵も近いのだろうか。
a0261169_22061371.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-03 00:01 | 風景 | Comments(0)
2018年 05月 02日

幻の ランプの花

数年前、一度出会ったきりで、是非、また見たいなぁ〜と思っていた花に出会えた。
名前も知らないが、とても印象的で、それから気にして探していたのだが
なかなか見付からず、私には幻の花になっていた。
前回は白であったが、今回出会ったのは、紫で複数の花を咲かせていた。
まるで、ランプのような形なので、勝手に「ランプの花」と呼んでいる。
a0261169_17462633.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-02 00:00 | 花・実 | Comments(2)
2018年 05月 01日

一人前

ゴールデンウィークの公園には家族連れが多い。
広場も芝生の丘も子供がいつにも増して多く、楽しげな声が響いていた。
ベンチから眺めていると、偶々、人が途切れた噴水に小さな自転車の男の子がやって来た。
まるで噴水を見回るかのように堂に入った態度で暫し見回していた。
親御さんの姿は見当たらなかったが、どこかで見守られていたのだろう。
一人前の仕草が可愛くもあり、生意気な格好に惹かれてレンズを向けた。(^^ゞ
a0261169_17323136.jpg


# by taketyh1040 | 2018-05-01 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 04月 30日

琥珀にも似て

何気なく見たあんずの幹に、まるで琥珀のような模様が見えた。
「なんだろう?」とよく見ると樹液である。
手前の小さな樹液は、いかにも樹液らしい色であるが、
偶然の産物なのか、妖しくも美しい。
チョッと得をしたような気持ちで、しばらく見入っていた。
a0261169_13573092.jpg


# by taketyh1040 | 2018-04-30 00:00 | 風景 | Comments(2)
2018年 04月 29日

青空に泳ぐ

新緑の青空に、気持ち良さそうに鯉のぼりが泳いでいた。
そう言えば、もうすぐ5月だ。
我が家は孫達が女の子なので、子供達が成長してから上げたことがない。
今年は、小さな鯉のぼりでも窓から上げようかな。
a0261169_17260956.jpg


# by taketyh1040 | 2018-04-29 00:00 | 風景 | Comments(0)
2018年 04月 28日

藤の蜜を求めて

藤棚にキレイな藤が咲き始めていた。
見ると、いました。お約束のクマンバチ君。
羽音も逞しく、花から花へ蜜を吸っている。
藤棚の下で遊ぶ子供達も「蜂さんだ〜」と怖がる様子もない。
女性も平気で座っている。
体格も大きく、顔を見ると、かなりの悪役顔をしているのだが、
クマンバチの穏やかな性格を皆さん熟知しているようであった。(^^ゞ
a0261169_16500093.jpg
クマンバチに夢中になっていたら、
大きな影が目の端を横切った。
なんとアゲハが来てくれたので、
咄嗟にレンズを向け数枚シャッターを切ると
サッといなくなってしまった。
嬉しいご褒美であった。
a0261169_16502656.jpg


# by taketyh1040 | 2018-04-28 00:00 | 昆虫 | Comments(0)
2018年 04月 27日

小さなお客様

ツルニチニチソウの花に小さなテントウ虫のお客様。
こんな小さなテントウ虫は初めてである。
歩いてくれないかと待っていたが動かない。
きっと恥ずかしがり屋さんなのかもね。(^^ゞ
a0261169_16394647.jpg


# by taketyh1040 | 2018-04-27 00:00 | 花・実 | Comments(0)