彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

タグ:OLYMPUS PEN-F ( 56 ) タグの人気記事


2017年 09月 19日

台風の翌朝 蝉の声が消えた

台風が去った翌朝、一日中、外出が出来なかった愛犬と早朝散歩。
道には、木々から落ちた小枝や木の実がビッシリと覆っていた。
いかに木々が実を着けているかが解る。
ドングリも大小や、細いの丸いのいろいろである。
時々、解らない木の実もあり、新しい発見もある。
そう言えば、あんなに鳴いていた蝉の声がパタッと聞こえない「どうしたのだろう?」と心配になる。
あまりにも突然だが、こういう幕引きもあるのかもしれないなぁ〜。
a0261169_10181647.jpg
a0261169_10182593.jpg
a0261169_10183764.jpg


by taketyh1040 | 2017-09-19 00:00 | 風景 | Comments(2)
2017年 09月 13日

何を見ているの

愛犬が、時々、真剣な顔で見つめている時がある。
何を見ているのか?
そんなに気になるものって何だろう。(^^ゞ
a0261169_13343830.jpg


by taketyh1040 | 2017-09-13 00:01 | | Comments(2)
2017年 09月 05日

秋の陽射し

いつの間にか、焼け付くような陽射しから変わってきた。
強いようで爽やかさがあり、風が心地良いのだ。
あ〜、秋の風だ。と感じる。
見上げると、緑の葉に当たる陽射しが優しく見える。
a0261169_17253891.jpg


by taketyh1040 | 2017-09-05 00:01 | 風景 | Comments(0)
2017年 08月 31日

アサガオ

今年2度目のアサガオ写真、それも、2度とも野生化したアサガオを撮ったことになる。
以前は、お決まりのようにどこの家にもアサガオが見られたのに
なぜか、家庭に植えられたアサガオが見られなくなったような気がする。
それでも、アサガオたちは夏の花のプライドを保つように小さな草むらや垣根を飾っている。
なんだか、「頑張れよ」と言いたい来持ちになってくる。
a0261169_11085945.jpg
ネットで写友から、アメリカアサガオとルコウソウと教わった。
両方とも外来種らしいが、根付いて久しく、今や日本種に近いらしい。


by taketyh1040 | 2017-08-31 00:01 | | Comments(4)
2017年 08月 30日

長雨で

21日も雨が続いたせいか、森には、まだキノコが元気に生えている。
立派な姿を見ると、食べてみようかと思うのかもしれないが危険である。
まず、食用のものは無いであろう。
カメラを向けて楽しむだけにするのが良さそうだ。
a0261169_10514180.jpg
a0261169_10515267.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-30 00:01 | 植物 | Comments(4)
2017年 08月 28日

優しく修繕

池の、カモ小屋が傷んで気になっていた。
屋根は朽ち落ち、床も抜けているようだった。
ふと気がつくと、いつの間にか修繕されている。
それも、周りの草は刈らずに残したままである。
公園管理者達の優しさが伝わってきて和んだ気持ちになる。
早くも、周りを、無数のトンボが飛び交っていて、どこかで秋が近付いているのを感じさせていた。
a0261169_10574752.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-28 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 08月 21日

アンダー12

下の孫のお供で買い物へ。
小学生達に人気のお店をあちこち廻る。
ゲームからファッション、文具、食事、友達とのプレゼント交換グッズまで、
大人顔負けの幅の広さである。
それでも、可愛らしいものが多く楽しい気持ちになる。
孫と妻が店内で吟味している間、待ちながら店頭の陳列を楽しんで過ごすのも由である。
a0261169_17222719.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-21 00:01 | 街景 | Comments(4)
2017年 08月 20日

雨の日の心残り

数日前の競馬場の厩舎。
雨の日でも変わらず、馬の運動や手入れ、調教がされている。
午前中、違うカメラで、飼育員の馬への愛情が手に取るように解るシーンを撮影出来た。
ところが、夢中で撮り終えたあとで、メモリーカードが入っていないことに気がついた。
千載一遇のようなシーンであったので残念で仕方がない。
その悔しさが、雨の中、もう一度、競馬場へ足を向けさせたが、午後になると、馬どころか飼育員の姿も見えない。
それでも待っていると、屋内で歩かせる建物へでも行くのか白馬が出てきた。
なんの変哲もない光景だがシャッターを切り、またの機会にと、自分に言い聞かせながら帰宅する。(^_^;)
a0261169_15565521.jpg
上の写真は、EOS 5D Mark Ⅳ+EF70-200mm F4 L IS

根気よく、さらに翌日、もう一度、午前中に訪ねてみた。
先日のイメージとは違うが、どうも飼育員ではないらしい、
乗馬クラブの生徒のような若者達が、愛おしそうに話しかけながら手入れをしていた。

下の写真は、OLYMPUS PEN-F+M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 ED
a0261169_16233173.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-20 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 08月 18日

300g超えステーキ

長年、ステーキは落ち着いたレストランで楽しんできた。
その概念が一変してしまった。
新しいビルにオープンしたステーキハウス。
入り口に、「当店では300gレアー以上が基本です」と書かれている。
長い列で順番を待って案内され、席を確保したら席札を持って注文カウンターへ、
肉の種類と焼き方を指定し精算をしてから席に戻る、程なく、注文のステーキが席へ運ばれてくる。
ナイフ、フォークも自分でとり、基本以上のタレや調味料は各自の好みで使う。
今迄、せいぜい200g〜250gで、300超えを頼んだ記憶がない(沖縄であったかも)のに、自然と300越えを注文する。
客ごとに独立のテーブルではないが、思ったより余裕もある十分な席で窮屈感はない。
なるほど、周りも、見慣れない大きさのステーキにフォークを運んでいる。
私は、リブロースやサーロインより、もっぱらヒレのミディアムが好みである。
正直、味も申し分ない、値段もリーズナブルであり、長蛇の列になるのも仕方ないであろう。
今回、2度目だったが、これからも、時々、長い列に並びそうである。
a0261169_10084650.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-18 00:01 | 街景 | Comments(4)
2017年 08月 17日

テッポウユリ

毎年、いろんなユリを撮っているのに、今年は、なぜか撮っていなかった。
散歩道の、今迄ユリなど見たことがないところに咲いていた。
決して良いシチュエーションでもなく、撮りにくい条件だったが
背伸びしてレンズを向けた。
a0261169_18480388.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-17 00:01 | | Comments(4)