彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

タグ:M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 ED ( 54 ) タグの人気記事


2017年 06月 13日

アオゲラと初めての出会い

まったく、予想も期待もしていなかった鳥に出会えた。アオゲラである。
散歩に出て5分もしないところで、驚くような大きな鳴き声に見上げると
頭に赤い冠を着けたような鳥がいる。
慌ててレンズを向けたが、この日は広角ズーム。それでも無理矢理撮る。
ネットで「アオゲラだよ」と教わる。初めての出会いであった。
それならと、翌日は望遠ズームを着け、期待半分で出かけたら、
同じ場所で、昨日のように大きな声。はやる気持ちを抑えてレンズを向ける。
どうにか姿を捉えることが出来た。まるで「しっかり撮ってよ」と待っていたかのようだ。
以前、撮ったことのあるコゲラと同じキツツキの仲間らしい。
これは ♀だと教えてもらった。近いうちに ♂にも会いたいと期待している。
a0261169_13592524.jpg


by taketyh1040 | 2017-06-13 00:02 | | Comments(0)
2017年 05月 20日

森と草むらの散歩道

いつもの散歩道。
ここが、住宅街から神社の森への入り口である。
(鳥居のある正式の入り口は別にある)
変わらないようで、四季折々の表情を楽しませてくれるマイ・フィールドでもある。
a0261169_21230165.jpg

a0261169_12264825.jpg
通称ヘビイチゴがなっていた。
先日、一面に黄色い可愛い花が咲いていたところだ。
あれはイチゴの花だったのだろうか。
ビッシリと赤い実が並んでいるが、本当に蛇が食べるなら、
しばらく、この道は敬遠である。(^_^;)
a0261169_21240970.jpg
少し離れた草むらに黄色い花が咲き乱れていた。
蝶々が飛んでこないかなぁ〜と
待ってみたが、今日は現れなかった。
a0261169_20155767.jpg
3枚目は、M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 ED



by taketyh1040 | 2017-05-20 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 05月 04日

藤とクマンバチ

今年、まだ藤を撮っていない。
毎年、撮っている藤が小さく、棚の上に微かに花を着けているだけで絵にならないのだ。
それならと、公園の藤棚を覗きに行った。
出迎えてくれたのは、クマンバチの大群であった。
十数匹が、棚のあちこちで蜜を吸っていて、近寄ると羽音も高く威嚇しながら警告に来る。(^_^;)
毎回、驚くのだが、クマンバチは直角飛行が得意だ。
折れ線グラフのように、カクッ、カクッと目にも留まらぬ早さで飛ぶ。
何とかカメラに収めたいのだが、ジッとしてくれない。
シャッタースピードが遅いのは解っていたが、羽が適当にブレて欲しいので
無理を承知で、そのまま随分シャッターを切ったが、案の定、ブレ写真の山であった。
その中でも、どうにか?というのを何点か載せるので、ブレにはご容赦を。
今年の初藤は、クマンバチが主役であった。
a0261169_14314833.jpg


a0261169_14325779.jpg



by taketyh1040 | 2017-05-04 00:02 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 02日

テスト2

帰宅後、従来の手持ちレンズも着けての相性テスト。
なるほど、2030万画素に増えただけあって精密さが増したように思える。
私には、これぐらいの画素数が実に相性が良いのだ。
まだ、他にも何本もテストを待っているので、当分、忙しくなりそうだ。
元々、このレンズは好きで、使い心地も気に入っていたが、
不思議なもので、今まで以上に操作性まで良く感じてしまう。
a0261169_14462909.jpg
a0261169_14464095.jpg



by taketyh1040 | 2017-05-02 00:02 | | Comments(2)
2016年 07月 29日

百日紅の咲く道

百日紅が咲き始めている。
普通は、それなりの木で、あの特徴のある幹に枝振りの良いものが多いが、
この道には、幹など見えず灌木のように路肩に茂っているのが珍しい。
こんな咲き方は他で見たことがない。毎年、不思議に思いながら見ている。
もしかしたら、普通の百日紅とは違うのであろうか?
いずれにしても、花は見事に咲き揃っている。

a0261169_16485648.jpg


by taketyh1040 | 2016-07-29 17:09 | 風景 | Comments(2)
2016年 07月 21日

夏の雲

夕方散歩の途中、空を見上げると気持ちの良い雲が浮かんでいた。
「あぁ〜夏だなぁ〜」と実感する。
正に夏の雲である。
しばらく足を止め、愛犬と空を見上げていた。

a0261169_2073191.jpg


by taketyh1040 | 2016-07-21 00:03 | | Comments(2)
2016年 07月 11日

7月に咲く

この時期には、花がないだろうなぁ〜と思いながら歩いていると、
意外に、いろんな花が目に飛び込んでくる。
まだまだ、咲いてきそうである。

チョッと気が早いのではないかと思うが、
コスモスが、一輪だけ、まるで見上げるように咲いていた。
a0261169_1024791.jpg

なんと言っても夏の花の代表であろうが、
広大な草原とは行かず、街ではビルの合間に咲いている。
a0261169_1045811.jpg

正直、この毒々しい派手さには一瞬退いてしまうのだが、
同時に、レンズを向けさせる妖しさもあるのだ。
どこかで、ヒョウ柄と似たものを感じさせるのかもしれないなぁ〜。
a0261169_1072432.jpg


by taketyh1040 | 2016-07-11 00:03 | | Comments(2)
2016年 06月 24日

中央分離帯を飾る

雨のシーズンになると、この花も咲き始める。
アガバンサスである。別名、ムラサキクンシランと言う。
近年まで、あまり目にした覚えはなかったが、最近は、あちこちで見られるようになった。
散歩道の中央分離帯にいち早く咲いているので、車の途切れるのを待って撮りに行く。
車を気にして、後ろを振り返りながらの撮影である。(^_^;)

a0261169_17285537.jpg


by taketyh1040 | 2016-06-24 00:03 | | Comments(2)
2016年 06月 17日

季節は巡る

気がついたら、神社に茅の輪が設けられていた。
早いものだなぁ〜、もう一年経ったのか〜と実感する。
神社脇に、何気なく立っていると思っていた杉の大木の根元に
たぶん欅だと思われる巨木の切り株(直径2m)があるのに、今頃気がついた。
遠い昔に、巨大な欅が倒れ、その幹の中に杉が芽生え、それが今日、こんな大木になっているのか。
悠久の刻を感じさせらながら、改めて見入ってしまった。

a0261169_118791.jpg

a0261169_1183042.jpg


by taketyh1040 | 2016-06-17 00:03 | 風景 | Comments(2)
2016年 06月 11日

ビヨウヤナギ

一斉に、ビヨウヤナギが咲き出していた。
この花ほど、シベが見事な花も少ないのではないだろうか。
見事に、王冠のように美しいシベを広げていた。

a0261169_14511786.jpg


by taketyh1040 | 2016-06-11 00:03 | | Comments(2)