彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

タグ:EOS-1DX ( 505 ) タグの人気記事


2017年 05月 28日

植物園も楽し

神代植物園は広大である。
この時期の暑さだと、園内を歩き回るのは少し無理がある。
入り口から、すぐ近くの薔薇フェスタ広場と牡丹園だけ歩くので精一杯だ。
折角なので、温室も覗いてみると思い掛けない花とも出会えた。
a0261169_16521884.jpg
a0261169_16522920.jpg
a0261169_16524507.jpg
a0261169_16525753.jpg
a0261169_16531208.jpg
a0261169_16532542.jpg
薔薇フェスタ広場
さらに、この両サイドにも広がっている
a0261169_17083906.jpg
一番下の写真は、OLYMPUS PEN-F + M.ZUIKO ED 12-40mm F2.8 PRO







by taketyh1040 | 2017-05-28 00:01 | | Comments(2)
2017年 05月 27日

バラに挑戦2

それほどバラに執着もなく、何気なく見ていた花だが
こうしてマジマジと見ていると、華やかも美しさも別格な花である。
また、好きな花が増えそうである。
a0261169_23551171.jpg
a0261169_23552169.jpg
a0261169_23553652.jpg
a0261169_23555123.jpg
a0261169_23501743.jpg





by taketyh1040 | 2017-05-27 00:01 | | Comments(0)
2017年 05月 26日

バラに挑戦

何年かぶりにバラに挑戦しようと、神代植物園へ出かけた。
丁度、恒例の「薔薇フェスタ」開催中で薔薇目当ての人でごった返していた。
薔薇園に足を踏み入れると、世界中のありとあらゆる種類が無数に迎えてくれる。
広大な園内は薔薇で埋まっていて、もう、こちらは、どれもこれも区別が付かなくなりそうである。
それでも、目を凝らして自分の琴線に触れる花を探す。
やはり、ヨーロッパ産が多いように思われるが、見た側から忘れる。
結局、自分好みを何点か撮っただけかもしれない。
a0261169_23492832.jpg
a0261169_23494437.jpg
a0261169_23560337.jpg
a0261169_23500191.jpg

a0261169_23504921.jpg






by taketyh1040 | 2017-05-26 00:01 | | Comments(4)
2017年 05月 25日

睡蓮

従来、あまり得意としていないと言うより、花は良いのだが、
葉や水面が汚れていて、好ましい題材と思えなかった睡蓮。
写友達の作品に刺激されて、少し気合いが入って神代植物園へ出かけてみた。
改めて、よく見ると、色も多彩で、光により表情も豊かで美しい。
今までの思い込みも消えて、好きな題材になりそうである。
a0261169_20265824.jpg
a0261169_20271704.jpg
a0261169_20272942.jpg
a0261169_20274249.jpg
a0261169_20275899.jpg
一番下の写真は、OLYMPUS PEN-F + M.ZUIKO ED 12-40mm F2.8 PRO






by taketyh1040 | 2017-05-25 00:01 | | Comments(2)
2017年 05月 18日

白丁花

今年も白丁花が咲き始めた。
遠い日に、母が植えた花であった。
この気品のある紫が好きである。
この花も含め、幾つか母を思い出す花がある。
a0261169_14382538.jpg


by taketyh1040 | 2017-05-18 00:01 | | Comments(4)
2017年 05月 15日

抜けない雑草

庭で、妻が「これ、抜けないわ」と言う。
見ると、数ミリの雑草の花を見ている。
目を凝らすと、なるほど可愛い花である
それならと、カメラを持ち出しマクロで覗いた。
いつものように、マクロは、何気ないものをメルヘンの世界に変えてくれる。
テントウ虫が来てくれたら、よく似合いそうだ。
「それじゃぁ〜残してやろう」この花は抜かないことにした。(^^ゞ
a0261169_13563588.jpg


by taketyh1040 | 2017-05-15 00:01 | | Comments(0)
2017年 05月 11日

雨にも凜と

今朝、庭の紫蘭が、昨夜からの雨に打たれながらも
凜と立っているのを見て、「それなら撮ってやろう」と思った。
雨の庭に膝をついたり寝そべる訳にもいかないので、
カメラに、滅多に使わない外付け液晶モニターを装着し、
背中に傘を背負いながらの撮影となった。
少々、手間は掛かったが、これも楽しい撮影であった。
a0261169_14533834.jpg



by taketyh1040 | 2017-05-11 00:02 | | Comments(2)
2017年 05月 10日

共通点=似たもの同士

Df を買った時も、PEN-F を買った時も、違和感がなくスンナリ入った。
どこかで懐かしさを感じたりもした。
他に数えられないほどの新製品があるのに、どうしても、この2台に惹かれてしまった。
クラシックスタイルと言うだけででなく、なにか馴染んだものさえあった。
大分昔に味わったワクワク感のようなものまで身体の中から戻ってきた。
今日、何気なく飾り棚の旧機を見ていて「これだ」と気がついた。
F 3 だった。
さすがにFやF2は、並べてみても、マニュアル過ぎて継続性を感じるには無理があるが、
洗練されたジウジアーロのデザインや、電池によるデジタルの走りを感じさせるものがあるF3。
そこで、久しぶりに引っ張り出し、3台を並べてみた。
並べてみると、まるで、兄弟機種のようにさえ感じられる佇まいや雰囲気がある。「やはりなぁ〜」と実感する。
久しぶりに、電池を入れ F3のシャッターを切り、交互に構えてみた。
要するに、こいつらに共通するものが好きなんだなぁ〜。(^_^)v
たとえ、Ⅱ型、Ⅲ型が出ても追いかけず、こいつらを使い続けるだろうと確信している。
a0261169_22202848.jpg
a0261169_22203925.jpg
ならば、メインシステムの CANON は何なのだ?
Leicaを持った時の恍惚感は何なのだ?
 と自分に問うている。
そこが一概に言えない悩ましいところであり、カメラの魅力でもある。(^_^;)





by taketyh1040 | 2017-05-10 00:01 | 道具・機械 | Comments(4)
2017年 05月 03日

3年待った甲斐があった

きっと、買ったのには気に入った訳があったはずだ。と思いながらも、
何という木で、どんな花が咲くのか、全く憶えていなかった。
「咲くのかなぁ〜」この3年、半信半疑でいたのだ。
5月に入るのを待っていたかのように、初めて花が咲いた。
花を見た途端、「山査子(サンザシ)」だと思い出した。
まるで簪のような花が、わずか1m の若木全体にビッシリと咲いた。
「我慢して、待っていて良かったなぁ〜」が実感である。
a0261169_15245407.jpg
a0261169_15250485.jpg



by taketyh1040 | 2017-05-03 00:01 | | Comments(2)
2017年 04月 29日

外に出られない日の押し問答

外に出られない日、さかんに「外へ行こうよ」と訴える。
庭への戸を開けてやると、雨に濡れないギリギリの処まで出て行き理解するようだ。
それでも今度は「こっちは?」と玄関の方を開けろとせがむ。
玄関でも、屋根のあるとこを行き来し、やっと納得する。
我が家は、家の周りを濡れずに歩けるようになっている分、犬の自由度が高い。
それでも、やっぱり外を思いっきり歩きたいよね。
a0261169_23155643.jpg
a0261169_23160988.jpg



by taketyh1040 | 2017-04-29 00:01 | | Comments(2)