彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

タグ:EOS 5D Mark Ⅳ ( 132 ) タグの人気記事


2017年 12月 18日

茅葺きに初冬の日射し

久しぶりに、保存茅葺き農家を撮りに行った。
なんとなく、初冬の日射しが優しく感じる午後である。
今日は、訪れる人もいないらしく静かであった。
のんびりとした空気に包まれて、ゆっくり、ゆっくり撮影した。
a0261169_21064450.jpg
a0261169_21071065.jpg
a0261169_21072769.jpg
a0261169_21074550.jpg
a0261169_21080880.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-18 00:00 | 風景 | Comments(2)
2017年 12月 17日

初冬

紅葉も、すっかり落ちてしまい、池の水面も落ち葉が覆っていた。
カモたちも、枯れ葉を避けながら泳いでいるのが初冬らしい光景を見せている。
どんよりしていた空に、俄に青みが差し、撮りたい絵を創ってくれた。
a0261169_12501953.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-17 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 12月 15日

新宿イルミネーション 2

考えてみれば、ほとんどのイルミネーションは木の枝に飾り付けられている。
当然、風が吹けば揺れる。これが、上手く絵にすれば楽しいのだが、なかなかの難敵である。
高感度撮影が可能になってから、例年、早いSSの手持ちで撮ってきたので、どうしても見物客が写り込む。
今年は、ジックリ長時間露光で対策してみようと、三脚を持ち、あれこれ考えながら出向いた。
撮影を始めると、その分、落ち着いて撮れていたが、段々、寒さが増して、風も出始める。
場所柄、外人観光客や乗りの良い若い人が多いので、落ち着いて撮るのも難しい。
撮るタイミングを待っていると、「シャッターを押して欲しい」と次々と頼まれる。
さてさて、撮影とは儘ならないものであるが、それも含めて楽しいのである。
a0261169_15241766.jpg
a0261169_15243696.jpg
a0261169_15250633.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-15 00:00 | 風景 | Comments(4)
2017年 12月 14日

新宿イルミネーション

夕飯を終えてから新宿へ向かった。
電車の中で、三脚を見て気がついた。
この雲台はワンタッチアダプター専用なのに、カメラにアダプターを付けてこなかった。
なんの為に三脚を持って来たのか?
仕方がないので新宿に着いたらアダプターだけ買おうと○×バシへ。
久しぶりに買ったら、思いほか高額だったので、忘れたのを後悔しながら現地へ。(^_^;)
一年ぶりの光景が目の前に広がると、そんなことは頭から吹っ飛んだ。
案の定、人通りが多い。昨年までは、この人混みに困ったので、今年は、それを見越して三脚を持って来たのだ。
狙いは、長時間露光で動く人を消してしまう計算であるが・・上手く行くか?
最初は、普通に撮って(これも良し)それから長時間へ移る。
思っていた以上に効果的で、人のいない光景がモニターで確認でき、一人でガッツポーズ。
あれこれ楽しみながら撮っていたが、強い風が吹き始めたので撮影を終了した。
a0261169_00412206.jpg
a0261169_00413848.jpg
a0261169_00420359.jpg
a0261169_00421964.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-14 00:00 | 風景 | Comments(2)
2017年 12月 13日

晩秋の森

晩秋の森は、枯れ葉に埋まっている。
歩くと、十分に足首まで埋まってしまう。
犬は大喜びで、ボートが波を切るように、胸で枯れ葉を切り分けながら走る。
彼らの本能が走らせるのかもしれない。
森の管理の方々に堆肥場へ運ばれ、大地を肥やす大切な肥料にされるが、
営々と続く、その気の遠くなるような作業に頭が下がる。
まだ、所々で、残り黄葉が目を癒やしてくれる。
a0261169_16324054.jpg
a0261169_16330482.jpg
a0261169_16332216.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-13 00:00 | 風景 | Comments(2)
2017年 12月 12日

山茶花

山茶花が目立っている。
散歩道にも、花が少ないこの季節、鮮やかな色が目を引く。
椿と違って、ハラハラと花弁を散らす。
そんなことからか、女の涙として演歌に謳われるらしいが、
路肩で見る花は、元気で、そんな弱さは、微塵も見せていない。
a0261169_16174340.jpg
a0261169_16180586.jpg
a0261169_16182289.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-12 00:00 | 花・実 | Comments(4)
2017年 12月 10日

横綱大銀杏が色付いてきた

いよいよ、待っていた普門寺の大銀杏が色付いてきた。
まだ緑色が見え隠れしているが、全体に黄金色に輝きだした。
周囲の木は、落ち葉も目立ち晩秋の様相だが、この大物はこれから黄葉である。
毎年、「紅葉シーズンを締めるのは俺だ」と言わんばかりに最後の締めを飾る。
相変わらず、その威容と見事な美しさに魅せられてしまう。
a0261169_19511761.jpg
a0261169_19522116.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-10 00:00 | 風景 | Comments(4)
2017年 12月 04日

一番好きな黄葉

紅葉も黄葉も好きである。
それでも、黄葉に強い思い入れがある。
その中でも、この木の色が一番好きである。
a0261169_22272599.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-04 00:00 | 風景 | Comments(4)
2017年 12月 03日

茅葺きを彩る紅葉

四季折々に撮っている茅葺き。
どの季節にも良い絵をくれているが、この季節、紅葉に彩られた姿は最高である。
最も美しく、好きな彩りを装ってくれた。
a0261169_22230993.jpg
a0261169_22233080.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-03 00:00 | 風景 | Comments(4)
2017年 12月 01日

ファンタジーなイエローの世界に

何年かぶりに、神宮外苑の銀杏並木を訪れた。しかも、一日置きに2度である。
初日は、絶好の撮影日和と勇んで出たのに、到着時には曇り空になったで、青空を求めて再度訪れた。
何度見ても、円錐形に整えられた見事な黄葉に圧倒されながら、すっかり魅了されてしまった。
大正15年の明治神宮創建に当たり、新宿御苑の厳選した銀杏から種子を取り
大切に育て、さらに、1600本の若木の中から選別し育成、樹形を整え大正12年に植栽されたという。
しかも、青山通りから絵画館へ向かって遠近法の手法を活用して、
樹高 24m の高さのものから17m のものへ段々低くなるよう植えられている。
既に、世界でも屈指の美しい銀杏並木として広く知られており、海外からの賞賛や観光も多いという。
四季折々の美しさを見せてくれるが、何と言っても、この時期の黄葉の美しさは格別である。
a0261169_20375038.jpg
a0261169_20382848.jpg
a0261169_20384546.jpg
a0261169_20391355.jpg
a0261169_20394333.jpg
a0261169_20395727.jpg
a0261169_20401120.jpg


by taketyh1040 | 2017-12-01 00:00 | 風景 | Comments(2)