2017年 01月 09日

山茶花一輪

下に投稿した意識があったのか、午後の散歩でも山茶花が目に入った。
一輪だけ、痛んでいない花を見付けたのでレンズを向けた。
a0261169_19525525.jpg


# by taketyh1040 | 2017-01-09 19:53 | | Comments(2)
2017年 01月 09日

山茶花

昨夜から冷たい冬の雨が降っている。
こんな時は、思いっきり晴れたときの写真を掲載したい。
つい先日、散歩道で暮れから咲き続けている山茶花にレンズを向けたのを思い出した。
あまりに日射しが強すぎて、日陰側から撮ったのに、さらに明るさを強調してみた。
こんな風に丸く刈り込まれた山茶花も珍しい。

a0261169_20295065.jpg


# by taketyh1040 | 2017-01-09 00:01 | | Comments(2)
2017年 01月 08日

野性の目覚め?

最近、散歩から帰ってくると、愛犬が家に入りたがらない。
塀際の植え込みで拗ねたように座っている。
昼間も、裏庭の芝生で過ごす時間がグッと増えてきた。
もしや、野性に目覚めたのか?
それでも、寝る頃になると私のベッドに飛び乗ってくるのは相変わらずである。
その縫いぐるみのような愛らしい姿を見ていると「野生」とは、これほど縁遠い可愛さはないのに、自分なりの想いがあるらしい。

a0261169_15594541.jpg


# by taketyh1040 | 2017-01-08 00:01 | | Comments(2)
2017年 01月 07日

残り紅葉

すっかり葉の落ちた街路樹に数枚の葉が残っていた。
撮ってから気がついたが、この木の残り紅葉を昨年も撮ったのを思い出した。
気がついたり目について反応するところは同じなのだなぁ〜と面白く思う。
人それぞれの感性は「隠しようのないモノ」かもしれないなぁ〜。

a0261169_1593252.jpg


# by taketyh1040 | 2017-01-07 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 01月 06日

静かな初詣

小寒の朝、地元の氏神様、八幡神社へ初詣する。
大きな神社と違って、他に人影も無く、愛犬と私だけの初詣である。
毎年思うのだが、この神社への初詣が一番厳粛な気持ちになる。
風の音、鳥の囀り、木漏れ日、微かなはずの簡素な手水舎の音までが大きく響いてくる。
投げた賽銭の音が驚くほど大きく響き渡る。
自然の中で神社に詣でている厳かさを身体中に感じる。
これこそ、とても恵まれ贅沢な初詣だと思っている。

a0261169_21461616.jpg

a0261169_21463679.jpg

a0261169_2146529.jpg

a0261169_21471073.jpg


# by taketyh1040 | 2017-01-06 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 01月 05日

夕陽

三が日を過ぎ、テレビ番組や街の雰囲気も落ち着きを取り戻しつつある。
今年になって初めてカメラを肩にして歩いた。
特に撮るモノも目に付かない散歩道に、夕陽が木立の間から差し込んでいた。
街が、ゆっくり、平常の生活に戻りつつあるのを感じながら歩いた。

a0261169_18223265.jpg


# by taketyh1040 | 2017-01-05 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 01月 01日

明けまして おめでとうございます

a0261169_2012599.jpg


# by taketyh1040 | 2017-01-01 00:00 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 31日

今年一年 ありがとうございました。

今年の大晦日は、愛犬と一緒に、ゆっくり炬燵で新年を迎えようと思っています。
一年間、ありがとうございました。
来る年が、皆様に 良い年でありますようお祈りいたします。
来年も、どうぞ よろしくお願いいたします。<(_ _)>

a0261169_1220439.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-31 16:48 | | Comments(2)
2016年 12月 31日

黄葉シーズンを締めて

この街の紅葉シーズンを見事に締めて、
自らも、一枚残らず綺麗に落として、やっと役目を終えたと言わんばかりに
冬空に清々しく枝を伸ばしていた。
今年も随分楽しませてもらったが、ここまで綺麗に締めてもらうと、
気分一新、気持ち良く新年を迎えられるのである。

a0261169_16472725.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-31 16:47 | 木、森 | Comments(1)
2016年 12月 30日

すき焼き

今年の大晦日はどうしようか? 検討している。
確か、昨年は、暮れの浅草へ行って食事をしてきた。
いろいろな案も出ている一方、節約ムードも漂っていて、
どうも、炬燵でテレビを観る確率が高そうである。(^_^;)

a0261169_2152194.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-30 00:01 | 食べ物 | Comments(4)
2016年 12月 29日

何億年の眠り

大掃除をしていると、普段忘れていたモノに気がつくことが多い。
この化石もそうである。
いったい、いつの時代のモノなのか? 門外漢の私には想像も出来ない。
きっと、何億年か、眠っているのであろう。
それにしても、家に残されている、こういうものを 「どうしようか?」
毎回、悩むのである。 (左の石は、約30㎝)

a0261169_1353621.jpg

a0261169_13532228.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-29 00:01 | 作品 | Comments(2)
2016年 12月 28日

愛犬も正月準備

もう一つの正月準備で、モコのトリミングへ行ってきた。
トリマーから受け取るときに 「トリミングの最中、台の上で寝ちゃったのね〜」と
愛おしげに抱かれて連れてこられ、ちぎれるほどしっぽを振りながら飛びついてきた。(^^ゞ
これで、伸びていた毛も綺麗に刈られ、家の皆と一緒に正月を迎える身支度が整ったのである。

a0261169_15164666.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-28 00:01 | | Comments(2)
2016年 12月 27日

神社も新年の準備

まだ神社には、これと言った準備も見えないようで、そこかしこに新年準備が進んでいる。
これから一気に準備が始まるのであろう。
なんだか年々、初詣客が増えているように思われるので、今年も凄い混雑が予想される。
今から、どのタイミングで初詣に行こうか検討中である。

a0261169_1544044.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-27 00:01 | 風景 | Comments(2)
2016年 12月 26日

一年ぶりの しめ縄

正月の準備を始めている。
大掃除をし、床の間を飾り、各部屋の障子も張り替えて正月らしく整えた。
神棚も、昨年は喪中であったので飾らなかったが、今年は、しめ縄を飾り付ける。
やはり、この四尺のしめ縄を飾ると、一段と正月を迎える気持ちになる。
あとは、鏡餅と玄関の飾りを供えるだけとなった。

a0261169_1835566.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-26 00:01 | 風景 | Comments(2)
2016年 12月 25日

歩道のドングリ

ふと目を遣ると。路上にドングリ達がいた。
まるで、寒風に耐えながら土のあるところへ行ける日まで頑張っているように見える。
気の遠くなるような数のドングリが落ちる中で、運良く、芽が出るのは数百万分の一なのかもしれない。
山で動物たちの餌になったり、土に帰ったり、芽を出す以外にも役目は多いのであろう。
そう思って見直すと、土のないコンクリートに落ちたことも悔いているようには見えない。

a0261169_14193981.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-25 00:01 | 風景 | Comments(2)
2016年 12月 24日

また来年

特に注目もされないが、この森一番の大銀杏である。
森の小径を、落ち葉で真っ黄色に染めてくれる大好きな銀杏である。
既に、残る葉も痛み、辺り一面にギンナンを落として今期の幕引きを計っている。
向う側に、それを見守るように椿が開花し始めていた。
また来年、見事にこの森を染めてくれるのを待っているよ。

a0261169_1423163.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-24 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2016年 12月 23日

椿と山茶花

長い間、その区別が付かずにいた。
ネットで写友から見分け方を教わって、ようやく迷わなくなった花である。
他に花らしい花を見ない季節に街を彩る貴重な花でもある。
今日は、一日に両方の花を撮ってみた。

椿
a0261169_1411184.jpg

a0261169_1412781.jpg

山茶花
a0261169_1414993.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-23 00:01 | | Comments(2)
2016年 12月 22日

ふるさと便

妻の友人から、暮れのふるさと便が続いている。
今回は、宇都宮の友人から生もので、「日本一の卵」に選定された卵だと言う。
「磨宝卵GOLD」と気張った名が付いている。
一流シェフやパティシェが賞賛しているらしいので
早速、半熟の目玉焼きを作ってみた。(^_^; 素人だから
同時に、生の卵かけご飯にもしてみたが、なるほど絶賛したい味であった。
あれこれ、卵料理に挑戦してみようと妻と話している。
なにより、貴重なモノ以上に、友人達のその気持ちに感謝である。

a0261169_13295662.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-22 00:01 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 21日

メジロ

春先にしか撮ったことのないメジロ。
偶然、目の前の草に餌を食べに来た。
長い間、このうぐいす色に「ウグイス」と思っていた大好きな鳥である。

a0261169_1317598.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-21 00:01 | | Comments(2)
2016年 12月 20日

これも実り?

椿の木につぼみが膨らみ始めている。
その横に、枯れた草のツタと実が寄り添っていた。
これも実りの一種なのかもしれないが、迷惑モノである。
もしかしたら、鳥たちにはご馳走なのかな?

a0261169_13122982.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-20 00:01 | 風景 | Comments(2)
2016年 12月 19日

贈り物

妻の仙台の友人から、毎年の、暮れの贈り物が届いた。
大きな段ボールに、手作りのものがギッシリと詰まっている。
手作り干し柿、梅干し、梅ゼリー、米、せんべい、実家の農園(山形)で採れるリンゴやラフランス・・・。
まるで母娘のような、彼女たちの情の濃い付き合いはなんなのであろうか。
男とは違う、濃い友情の絆があるらしい。
既に、私たちは二人とも両親も亡くなり、東京育ちで故郷もないのに、 まるで、暮れになると届く 「ふるさと便」 のようである。
感謝しながら、「友情の故郷の味」 に舌鼓を打っている。

a0261169_17551314.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-19 00:01 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 18日

大銀杏の輝き

いつも逆光で撮っている大銀杏。
初めて、午後の光が、やや順光気味に当たっている姿を撮る。
「金色に輝いている黄葉」 こんな黄葉は、あまり目にしたことがない。
色も姿も、実に美しい。

a0261169_2315647.jpg

a0261169_23152541.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-18 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2016年 12月 17日

濡れ落ちて

庭木の最後の紅葉が夜来の雨に濡れ落ちていた。
多彩な色変化で楽しませてくれた 葉であったが、
庭に撒いた錆砂の上で、最後の鮮やかさを見せてくれていたので、
雫をいっぱい纏っている姿にレンズを向けた。

a0261169_13495957.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-17 00:01 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 16日

床の間 復活

長い間、家具で塞いでいた床の間を復活させた。
家具を移動させ、掃除をし、あれこれ掛け軸の中から選び、
20年前に中国蘇州市 寒山寺で買い求めた楓橋夜泊詩 拓本の掛け軸を掛けた。
香を焚くと、一段と、部屋が落ち着きを感じさせ格調も上がったような気がする。
やはり、復活させて良かった。

a0261169_2357118.jpg

          楓橋夜泊 張継

           月落烏啼霜滿天
           江楓漁火對愁眠
           姑蘇城外寒山寺
           夜半鐘聲到客船

# by taketyh1040 | 2016-12-16 00:01 | 風情 | Comments(3)
2016年 12月 15日

なごり紅葉と冬空

すっかり冬枯れに変わって行く森に、ポツリポツリと残るなごり紅葉。
空は、すっかり冬の空になっている。
そんな空を背景に似合う木を探してみた。

a0261169_223780.jpg

a0261169_2245485.jpg

a0261169_2251554.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-15 00:01 | 風景 | Comments(2)
2016年 12月 14日

一段と紅く

庭木の紅葉が頑張ってくれている。
既に、枝には数枚しか残っていないが、一段と色鮮やかになってきた。
しかも、隣には青い葉が開き始めている。
それと、広角での接写は初めてかも知れない。

a0261169_8385781.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-14 00:01 | 風景 | Comments(2)
2016年 12月 13日

大銀杏の黄葉 色鮮やか

大銀杏の色が一段と鮮やかになってきた。
この近くで働いている警備員さん達は「金色の仏増」と呼んでいると言う。
正に実感のある言葉である。
どうしても、午前中に訪れてしまうので、いつも真逆光で撮っている。
順光の美しさは「黄金色」そのものである。
早い時期の午後に訪れてみようと思う。

a0261169_16581288.jpg

a0261169_16583860.jpg

a0261169_1659196.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-13 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2016年 12月 12日

新宿モザイク通りを彩る

イルミネーションを撮った後、毎回、モザイク通りを通って新宿駅西口へ向かう。
この時期、ここも通りの上を個性的なイルミネーションで飾るからだ。
昨年のモノは色もデザインも秀作であったと思っている。
今年は、やや平凡な印象を受けたが、それでも美しく、通行人を楽しませていた。

a0261169_22213324.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-12 00:01 | 風景 | Comments(2)
2016年 12月 11日

丸の内イルミネーション

新宿のイルミネーションを撮る前に丸の内へ行ってみた。
今年は、ブランドショップが通りを彩る約1.2kmにおよぶ丸の内仲通りや、大手町仲通りの街路樹、合わせて約250本が、
上品に輝く丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」のLED約103万球で彩られ話題を呼んでいるからだ。
大分以前に、東京ルミナリエの撮影に行って以来の夜の丸の内である。
新宿に比べると、単調に並木を彩っているようだが、これはこれで見事な奥行きと
オフィス街とイルミの織りなす新鮮な光景が魅力的である。
帰り際、闇夜に浮かぶ東京駅舎に立ち止まり、シャッターを切った。

a0261169_10333181.jpg

a0261169_10334858.jpg

a0261169_1034856.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-11 00:01 | 風景 | Comments(2)
2016年 12月 10日

新宿イルミネーション

年末は、各地でイルミネーションが始まる。
東京中で無数に開催されているが、やはり今年も、毎年撮っている新宿イルミネーションへ行ってみた。
なんと今年は単色であった。
どんな色でも、このシチュエーションでの装飾は胸をときめかすものがある。
今年も、相変わらず若い人達のカップルやグループでごった返していた。
今年は、なんとなくそんな気になって、初めてマニュアル機で撮ろうと決めた。
最初に一つの設定を決め、あとは只、シャッターとレンジファインダーのアバウトなフレーミングに集中した。

a0261169_9423189.jpg

a0261169_9425042.jpg

a0261169_9431656.jpg

a0261169_2213446.jpg

a0261169_23385976.jpg


# by taketyh1040 | 2016-12-10 00:01 | 風景 | Comments(2)