彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 06日

初秋の森

早朝の森が爽やかである。
陽射しも優しく、半袖の腕に風が心地良い。
つい先頃までの蒸し暑さが嘘のようである。
空も澄み渡ってきた。もうすぐ、秋が来る。
a0261169_11084890.jpg
a0261169_11090060.jpg
a0261169_11091095.jpg


# by taketyh1040 | 2017-09-06 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2017年 09月 05日

秋の陽射し

いつの間にか、焼け付くような陽射しから変わってきた。
強いようで爽やかさがあり、風が心地良いのだ。
あ〜、秋の風だ。と感じる。
見上げると、緑の葉に当たる陽射しが優しく見える。
a0261169_17253891.jpg


# by taketyh1040 | 2017-09-05 00:01 | 風景 | Comments(0)
2017年 09月 04日

一年、700回

ほぼ毎日、朝夕に、この道を愛犬と歩く。
一年に、ほぼ700回、もう愛犬が我が家に来て5年以上経つ。
5年としても3500回である。
車道の四車線を並木で挟んで、両側に歩道も四車線(なぜか歩道にもセンターラインがある)
安全な道のせいか、犬を連れた散歩や、ゆっくりと散歩を楽しむ人、トレーニングウェアで走る人もいる。
偶に、途中で、行き先を変えてみようとすると、「道が違う!」と愛犬が頑固にいつもの道を行こうとする。
もう習慣になっているのだろう。
それでも、時々、自分から違う方へ舵を切ることがある。
そんな時は、なにか惹かれる臭いがするのかもしれないなぁ〜。(^^ゞ
a0261169_15481861.jpg


# by taketyh1040 | 2017-09-04 00:01 | | Comments(2)
2017年 09月 03日

雨上がりの神社

雨が上がって、今迄になく涼しい風が吹いていた。
また泣き出しそうな空を見ながら、涼みがてら近くの神社へ。
最近、どうも、雨上がりに、この神社を撮っているような気がする。
a0261169_15395649.jpg
a0261169_15400850.jpg
a0261169_15401953.jpg
a0261169_15403340.jpg


# by taketyh1040 | 2017-09-03 00:01 | 神社、仏閣 | Comments(2)
2017年 09月 02日

ルコウソウ

先日、アサガオの前ボケに使ったルコウソウ。
外来種が日本に住み着いて野生化したものだという。
よく見ると、色鮮やかで、なかなか見応えもある。
a0261169_13464559.jpg
a0261169_13470056.jpg


# by taketyh1040 | 2017-09-02 00:01 | 花・実 | Comments(0)
2017年 09月 01日

縫いぐるみと一緒に

妻が小声で呼びに来た。
一緒に行くと、モコが、和室に置いてあった縫いぐるみと一緒に寝ていた。
いないので探していたら、電気の消えた和室で見付けて、寝姿が可愛いので呼びに来たらしい。
急いで、カメラを取ってきて起きないうちにシャッター切った。
こういう、意識しない可愛い仕草を見せられると堪らないのだ。
a0261169_20590155.jpg


# by taketyh1040 | 2017-09-01 00:01 | | Comments(2)
2017年 08月 31日

アサガオ

今年2度目のアサガオ写真、それも、2度とも野生化したアサガオを撮ったことになる。
以前は、お決まりのようにどこの家にもアサガオが見られたのに
なぜか、家庭に植えられたアサガオが見られなくなったような気がする。
それでも、アサガオたちは夏の花のプライドを保つように小さな草むらや垣根を飾っている。
なんだか、「頑張れよ」と言いたい来持ちになってくる。
a0261169_11085945.jpg
ネットで写友から、アメリカアサガオとルコウソウと教わった。
両方とも外来種らしいが、根付いて久しく、今や日本種に近いらしい。


# by taketyh1040 | 2017-08-31 00:01 | 花・実 | Comments(4)
2017年 08月 30日

長雨で

21日も雨が続いたせいか、森には、まだキノコが元気に生えている。
立派な姿を見ると、食べてみようかと思うのかもしれないが危険である。
まず、食用のものは無いであろう。
カメラを向けて楽しむだけにするのが良さそうだ。
a0261169_10514180.jpg
a0261169_10515267.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-30 00:01 | 植物 | Comments(4)
2017年 08月 29日

競馬場正門

週明けの正門。土日に、あれだけの観客が押し寄せ、
熱心なファンは開門前から並ぶ。
大レース(G1)には、一週間も前から順番撮りに徹夜で並ぶ猛者達もいる。
その門も、平日は静かである。
誰もいない早朝、カメラを向けた。
a0261169_09290427.jpg
a0261169_09291432.jpg



# by taketyh1040 | 2017-08-29 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 08月 28日

木戸

散歩道の小さな木戸。
ブロック塀ばかりで竹垣など見られなくなったが、
小さな階段に木戸まで付いているのが嬉しい。
a0261169_09471204.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-28 00:02 | 風景 | Comments(4)
2017年 08月 28日

優しく修繕

池の、カモ小屋が傷んで気になっていた。
屋根は朽ち落ち、床も抜けているようだった。
ふと気がつくと、いつの間にか修繕されている。
それも、周りの草は刈らずに残したままである。
公園管理者達の優しさが伝わってきて和んだ気持ちになる。
早くも、周りを、無数のトンボが飛び交っていて、どこかで秋が近付いているのを感じさせていた。
a0261169_10574752.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-28 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 08月 27日

よさこいは 踊りと笑顔

26,27日と地元府中の「よさこい」が始まった。
年々、規模が拡大して参加チームは近隣の町からも集まってくるようになったらしい。
出来立てでヨチヨチだったチームも、すっかり様になってきている。
同じ日程で、「原宿表参道スーパーよさこい」も開催されている。
こちらは、関東最大の規模なので数年前まで毎年撮りにいっていた。
暑さと相談しながら、ここ数年ご無沙汰していたので、今年は行ってみようかと思っていたが、
地元のよさこいを見たら、すっかり気が済んでしまったので、今年も見送る気配である。
今日は曇っていてくれたので、外にいても案外楽で、暗くなるまで4時間近くも撮っていた。
やっぱり、「よさこい」特に踊り手の笑顔を見ているだけでも来持ちが良い。(^_^)v
a0261169_22103045.jpg
a0261169_22115877.jpg
a0261169_22123411.jpg
a0261169_22141998.jpg
a0261169_22160271.jpg
a0261169_22162747.jpg
a0261169_22165208.jpg
a0261169_22172117.jpg
a0261169_22174832.jpg
a0261169_22180100.jpg
こういうパレードを撮りに行く度に思うことがある。
大会に委任されているのか「記録係」とか「関係者」の腕章やベストをきたカメラマン。
大会から、何を依頼されているのだろうか?
踊り手達の先頭に、いつまでもへばり付いて広角レンズで撮ったり、
踊りの中に割り入って盛んにアップを撮ったりしている。
何時間も前から沿道や、許された撮影ポジションで待っていた出場者の家族や一般のカメラマンは
歯ぎしりしながら、入れたくもない無粋なカメラマンの入った写真を撮ることになる。
大会関係者なら、見物客が気持ち良く撮影出来たり、楽しめることに気を使うべきであろうし、
資料としての写真なら、あんなに、のべつ幕無しにへばり付く必要もないだろう。
ハッキリ言って、邪魔以外の何物でもない。
祭りの度に、観客達の呪うような声とため息が耳に残っている。


# by taketyh1040 | 2017-08-27 00:01 | | Comments(2)
2017年 08月 26日

祭りの後の静けさ

数日前だったが、祭りが終わった後の夜の参道にレンズを向けた。
山車も太鼓も終われ、あんなに賑わっていた人々も三々五々解散し
神社には、もう誰もいなくなっていた。
強い風と共に、小雨が降り始めた夜陰の中で、提灯だけが、祭りの余韻を残して参道を照らしていた。
a0261169_21245590.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-26 00:01 | 風景 | Comments(4)
2017年 08月 25日

専属モデル

撮るモノに困ると、レンズが愛犬に向く。
私の唯一専属モデルなのである。
可愛さだけを狙わず、出来るだけ、自由にしている自然な表情を撮りたいと思っている。
時々、マジマジと視線をくれる。
こんな犬との時間が好きである。
a0261169_21062794.jpg
a0261169_21064084.jpg
a0261169_21065360.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-25 00:01 | | Comments(4)
2017年 08月 24日

キバナコスモス2色

相変わらず、キバナコスモスが元気だ。
ここのキバナコスモスはオレンジ色で一段と存在感がある。
一面オレンジ色の中に、一輪だけ黄色の花が咲いていた。
どういう訳で、この一輪だけ色違いで咲いているのか不思議である。
まるで、「この色が本当なのだ」と説明しているかのようである。(^^ゞ
a0261169_17150267.jpg
a0261169_17152304.jpg
a0261169_17170601.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-24 00:01 | 花・実 | Comments(2)
2017年 08月 23日

雨の合間に

20日間近い雨の連続に、さすがに青空が恋しい。
時折、見せる晴れ間(曇ってはいるが)に庭に出てみる。
サザンクロスに蜜を求めて蝶が来ている。
「まだ、そこにいてよ〜」と願いながらカメラを取りに戻る。
離れたり、来たりを繰り返す内に、私に違和感がなくなったのか、
目の前に留まってくれた。
雨の合間の撮影会であった。
a0261169_13451213.jpg
ついでに、直射日光がないので、空の様子を見ながら早めの午後の散歩に出る。
いつもの近くの森を抜けようとしたら、オレンジ色が目に入った。
見たことがあるのだが名前を知らない花だ。
どこからか、種が飛んできたのだろうか、この森では初めて見る花である。
a0261169_16570455.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-23 00:01 | 昆虫 | Comments(4)
2017年 08月 22日

夏祭り

恒例の地元八幡神社の夏祭りが催された。
普段は、参拝客すら見かけない小さな神社が氏子でギッシリ埋まっていた。
太鼓や山車も町内を練り歩く、小さな参道には屋台も出て賑やかだ。
抽選くじの当選発表や表彰なども行われ、夜はカラオケ大会で盛り上がる。
昔ながらのローカル色豊かな夏祭りである。
この日ばかりは、神社の扉も開かれ、お社が直に見られる。
もちろん、中には入れないが静かにレンズを向ける。
a0261169_17592301.jpg
a0261169_17593630.jpg
a0261169_17595013.jpg
a0261169_18000750.jpg
a0261169_18004376.jpg
a0261169_18010137.jpg
a0261169_18011627.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-22 00:01 | | Comments(2)
2017年 08月 21日

アンダー12

下の孫のお供で買い物へ。
小学生達に人気のお店をあちこち廻る。
ゲームからファッション、文具、食事、友達とのプレゼント交換グッズまで、
大人顔負けの幅の広さである。
それでも、可愛らしいものが多く楽しい気持ちになる。
孫と妻が店内で吟味している間、待ちながら店頭の陳列を楽しんで過ごすのも由である。
a0261169_17222719.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-21 00:01 | 街景 | Comments(4)
2017年 08月 20日

雨の日の心残り

数日前の競馬場の厩舎。
雨の日でも変わらず、馬の運動や手入れ、調教がされている。
午前中、違うカメラで、飼育員の馬への愛情が手に取るように解るシーンを撮影出来た。
ところが、夢中で撮り終えたあとで、メモリーカードが入っていないことに気がついた。
千載一遇のようなシーンであったので残念で仕方がない。
その悔しさが、雨の中、もう一度、競馬場へ足を向けさせたが、午後になると、馬どころか飼育員の姿も見えない。
それでも待っていると、屋内で歩かせる建物へでも行くのか白馬が出てきた。
なんの変哲もない光景だがシャッターを切り、またの機会にと、自分に言い聞かせながら帰宅する。(^_^;)
a0261169_15565521.jpg
上の写真は、EOS 5D Mark Ⅳ+EF70-200mm F4 L IS

根気よく、さらに翌日、もう一度、午前中に訪ねてみた。
先日のイメージとは違うが、どうも飼育員ではないらしい、
乗馬クラブの生徒のような若者達が、愛おしそうに話しかけながら手入れをしていた。

下の写真は、OLYMPUS PEN-F+M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 ED
a0261169_16233173.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-20 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 08月 19日

雨の日

連日の雨。
出かけられず、恨めしく空を見上げていたが、
我慢できずに、近くの氏神様へ。
雨の神社にレンズを向けた。
雨に濡れた神社は久しぶりである。
a0261169_14382218.jpg
a0261169_14383493.jpg
a0261169_14384440.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-19 00:01 | 神社、仏閣 | Comments(2)
2017年 08月 18日

300g超えステーキ

長年、ステーキは落ち着いたレストランで楽しんできた。
その概念が一変してしまった。
新しいビルにオープンしたステーキハウス。
入り口に、「当店では300gレアー以上が基本です」と書かれている。
長い列で順番を待って案内され、席を確保したら席札を持って注文カウンターへ、
肉の種類と焼き方を指定し精算をしてから席に戻る、程なく、注文のステーキが席へ運ばれてくる。
ナイフ、フォークも自分でとり、基本以上のタレや調味料は各自の好みで使う。
今迄、せいぜい200g〜250gで、300超えを頼んだ記憶がない(沖縄であったかも)のに、自然と300越えを注文する。
客ごとに独立のテーブルではないが、思ったより余裕もある十分な席で窮屈感はない。
なるほど、周りも、見慣れない大きさのステーキにフォークを運んでいる。
私は、リブロースやサーロインより、もっぱらヒレのミディアムが好みである。
正直、味も申し分ない、値段もリーズナブルであり、長蛇の列になるのも仕方ないであろう。
今回、2度目だったが、これからも、時々、長い列に並びそうである。
a0261169_10084650.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-18 00:01 | 街景 | Comments(4)
2017年 08月 17日

テッポウユリ

毎年、いろんなユリを撮っているのに、今年は、なぜか撮っていなかった。
散歩道の、今迄ユリなど見たことがないところに咲いていた。
決して良いシチュエーションでもなく、撮りにくい条件だったが
背伸びしてレンズを向けた。
a0261169_18480388.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-17 00:01 | 花・実 | Comments(4)
2017年 08月 16日

夏草

夏草の生長は驚くほど早い。
庭の芝を覆い尽くすほどの勢いで伸びてくる。
気を許すと、生け垣にも縦横にツタが絡んでいる。
気温の低い日を選んで草刈りに格闘する。
専属管理人の手入れが行き届いているはずの館でも、例外ではないらしい。
a0261169_10050492.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-16 00:01 | 風景 | Comments(4)
2017年 08月 15日

モンブラン 松ぼっくり

森のヒマラヤ杉に、例の松ぼっくりが着き始めた。
他の松ぼっくりを楽しみにしたことはないが、
ヒマラヤ杉の、このモンブラン・ケーキのような松ぼっくりは好きで、
毎年、楽しみにして撮っている。
思い返せば、昭和記念公園で初めて知り、地元のヒマラヤ杉にもあるはずと探して見付けたのである。
雨上がりの森に、モンブランケーキが並んでいた。
a0261169_14020483.jpg
a0261169_14021563.jpg
a0261169_14022622.jpg
a0261169_18160386.jpg
a0261169_18161576.jpg
下の2枚が、EF50mm F1.2 L


# by taketyh1040 | 2017-08-15 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2017年 08月 14日

花火

孫達が遊びに来て、夜、花火をする。
打上げ花火は住宅街で上げられないので、大人しく庭花火である。
いろいろあるが、一番キレイで面白がるのが線香花火のようだ。
それと、この短い、あっと言う間に終わる花火を、どう撮れば良いのか?が悩みである。
結局、エイ・ヤーで、盲滅法にシャッターを切った、
こういう楽しみのある、暑い夏も、また良いものである。
a0261169_22403342.jpg
a0261169_22405184.jpg
a0261169_22411344.jpg
a0261169_22412842.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-14 00:01 | 風情 | Comments(2)
2017年 08月 13日

まるで標本のよう

今迄、夏になると、数え切れないほど、蝉や、その抜け殻を見てきた。
だが、こんな光景に出会ったのは初めてである。
殻と上下に、まるで標本のようにキレイに並んでいる。
それも、四本の足も、ピンセットで揃えたかのように規則正しく揃えているのだ。
偶然だろうが、こんなこともあるんだなぁ〜と、繁々と見入ってしまった。
予想もしない光景を見て驚き、不思議な気持ちにもなった。
a0261169_10171840.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-13 00:01 | 昆虫 | Comments(2)
2017年 08月 12日

酷暑の朝

酷暑が続いている。
早朝でも、あっと言う間に温度が上がってくる。
快調に歩いていた愛犬の息も荒くなってくる。
無理をしないで木陰を選んで歩く。
それでも、朝だけは歩いて季節を実感している。

競馬場の新厩舎の屋根に付けられたパイプの正体が初めて分かった。
焼けた屋根に散水して温度を下げるためのものらしい。
馬への優しい思いやりが感じられた。
a0261169_09564696.jpg
その塀に生えている草と実。
毒々しく赤黒い色が、さらに暑さを感じさせる。
馬の近くに、こんな実があっても大丈夫なのか?
a0261169_09592685.jpg



# by taketyh1040 | 2017-08-12 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 08月 11日

スズラン 夏はオレンジ玉

以前、スズランの緑玉を掲載したが、その緑玉が夏を迎えてオレンジ玉に変わっていた。
既に、葉は枯れ始めているが、玉はキレイに色付いている。
このまま色が進むのか、さらに変色するのか興味深い。
それにしても、強い花である。
a0261169_13401543.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-11 00:01 | 花・実 | Comments(4)
2017年 08月 10日

蝉の夏

この時期、森を歩いていると、必ずセミに出会う。
精一杯、鳴く声に夏を実感する。
よく見ると、隣にカラ蝉がいた。
自分の剥け殻ではないだろうが、
夏の風景を見る想いでシャッターを切る。
a0261169_10010064.jpg
珍しく、ミンミンゼミだろうか。
皇太子(現天皇)の結婚記念樹の碑に留まっていた。
しばらく待ってみたが、鳴かずに飛んでいった。
a0261169_10024774.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-10 00:01 | 昆虫 | Comments(2)
2017年 08月 09日

キバナコスモス

夏の陽射しに立ち向かうように咲くキバナコスモス。
あまり撮らないが、時々、キレイな個体に出会うとレンズを向ける。
何が違うのか、よく解らないが、花によって「キレイだなぁ〜」と思う。
a0261169_09390752.jpg


# by taketyh1040 | 2017-08-09 00:01 | 花・実 | Comments(4)