彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 11日

雨にも凜と

今朝、庭の紫蘭が、昨夜からの雨に打たれながらも
凜と立っているのを見て、「それなら撮ってやろう」と思った。
雨の庭に膝をついたり寝そべる訳にもいかないので、
カメラに、滅多に使わない外付け液晶モニターを装着し、
背中に傘を背負いながらの撮影となった。
少々、手間は掛かったが、これも楽しい撮影であった。
a0261169_14533834.jpg



# by taketyh1040 | 2017-05-11 00:02 | | Comments(2)
2017年 05月 11日

赤いヘリコプター

モミジに、赤いヘリコプターが付きだした。
この種子が付き始めると「そろそろ新緑も終わりだなぁ〜」と知る。
これから陽射しと共に、新緑も色を濃くしていく。
この心地良い色を、もう少し味わいたいのになぁ〜と思いながら
ヘリコプターを眺めていた。
a0261169_15430116.jpg


# by taketyh1040 | 2017-05-11 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2017年 05月 10日

共通点=似たもの同士

Df を買った時も、PEN-F を買った時も、違和感がなくスンナリ入った。
どこかで懐かしさを感じたりもした。
他に数えられないほどの新製品があるのに、どうしても、この2台に惹かれてしまった。
クラシックスタイルと言うだけででなく、なにか馴染んだものさえあった。
大分昔に味わったワクワク感のようなものまで身体の中から戻ってきた。
今日、何気なく飾り棚の旧機を見ていて「これだ」と気がついた。
F 3 だった。
さすがにFやF2は、並べてみても、マニュアル過ぎて継続性を感じるには無理があるが、
洗練されたジウジアーロのデザインや、電池によるデジタルの走りを感じさせるものがあるF3。
そこで、久しぶりに引っ張り出し、3台を並べてみた。
並べてみると、まるで、兄弟機種のようにさえ感じられる佇まいや雰囲気がある。「やはりなぁ〜」と実感する。
久しぶりに、電池を入れ F3のシャッターを切り、交互に構えてみた。
要するに、こいつらに共通するものが好きなんだなぁ〜。(^_^)v
たとえ、Ⅱ型、Ⅲ型が出ても追いかけず、こいつらを使い続けるだろうと確信している。
a0261169_22202848.jpg
a0261169_22203925.jpg
ならば、メインシステムの CANON は何なのだ?
Leicaを持った時の恍惚感は何なのだ?
 と自分に問うている。
そこが一概に言えない悩ましいところであり、カメラの魅力でもある。(^_^;)





# by taketyh1040 | 2017-05-10 00:01 | 道具・機械 | Comments(4)
2017年 05月 09日

黄色いバラ

どうしたのだろう? あまり興味がなかったバラに目が行く。
それも、いつも同じお宅の庭に咲くバラである。
バラなら、なんでも良いという訳ではないらしい。
なにか違うのか? よく解らない。
まぁ〜、興味が湧くようになったのだから良いことだ。
今頃、バラに目覚めたとも言いにくいので秘密である。
a0261169_18374512.jpg


# by taketyh1040 | 2017-05-09 00:01 | | Comments(2)
2017年 05月 08日

欅並木の爽やかな風

愛犬を連れて、妻と散歩がてら、時々行くオープンテラスのレストランへ。
噴水を囲んで、1テーブルごとに大型のパラソルが立てられていて、強い陽射しの日も快適である。
愛犬も、オープンカフェで慣れているので、食事の間、テーブルの下に大人しく座っている。
まだ、お昼に少し早めだったので連休最終日の割に空いていた。
ゆっくり食事をしたあと、ウィンドウ・ショッピングをかねて街中へ。
欅並木を5月の風が爽やかにながれ、緑の中から木漏れ日が心地良い。
こんな時、一番、5月の爽やかさを感じるなぁ〜。
a0261169_13554900.jpg


# by taketyh1040 | 2017-05-08 00:01 | 風景 | Comments(4)
2017年 05月 07日

紫蘭を WI-FI 撮影

庭の紫蘭が咲いた。
欄とは言え、雑草に近いが気に入っている。
この花も、なにも手入れなどしないのに、毎年、元気に咲いてくれる。

今回、初めて WI-FI 撮影をしてみた。(ほぼ、テストのつもりでの撮影だ)
7DMarkⅡ用の WI-FI 用SD が発売になるのと同時に購入していたのだが、
使う機会がなく、今回が初めてである。
最初、操作に戸惑ったが、飲み込めると楽に操作できた。
被写体へレンズを向けるアングル調整だけカメラを触り、あとは全てスマホ画面で操作できる。
固定ファインダーだと超ローアングルでは、毎回、四苦八苦なので、「楽になれるのか?」
と期待して購入したが、なるほど、これなら良さそうだ。(^_^)v
あと一つ、モニター画面が左右反転しているのだけ解消できていない。(^_^;)
a0261169_10574680.jpg


# by taketyh1040 | 2017-05-07 00:02 | | Comments(2)
2017年 05月 07日

全手動で撮る

上の WI-FI 撮影とは真逆に、こちらは全て手動で撮る。
ピント、絞り、シャッター、ISO、の手動設定にプラス、膝付き横屈みで、荒い息までのオマケ付きである。(^_^;)
特に、風で揺れる花(シベに開放)にレンジファインダーでピント合わせは至難。
それなのに、撮ると、得も言われぬ満足感(手応えも)がある。
たとえ失敗だとしても、この充実感はスマホ画面からは得られない。
便利さを追求する一方で、面倒な作法に快感があったり、
人間とは、厄介な生き物である。
a0261169_13213365.jpg


# by taketyh1040 | 2017-05-07 00:01 | | Comments(2)
2017年 05月 06日

ゼンマイ

散歩道で、久しぶりにゼンマイ(だと思う?)を見付けた。
見付けたと言うより、いつも生えているのだろうが、
久しぶりに目が行ったのかもしれない。
だが、昔は、そこいら中にあったのに、今は探さないと見付からない。
街がキレイになったのだろうが、反面、寂しさもある。
a0261169_19384362.jpg


# by taketyh1040 | 2017-05-06 00:01 | 植物 | Comments(4)
2017年 05月 05日

くらやみ祭

今年も、恒例のくらやみ祭が始まった。
いろんな祭りが催しされるが、関東の国府として、大国魂神社の最大の祭りである。
3日間の祭りの初日は、やはり、夕方から、山車による府中囃子の競演や駒競べが行われるが、
明るい内に神社へお参りし、参道の内外を埋め尽くした屋台を見て回った。
今回は、食べ物には目もくれず、オモチャ類を主に写して廻った。(^^ゞ
a0261169_20143256.jpg
参道の両側は入ると、どちらも奥深く屋台村がビッシリ並んでいる
楽しげな中高生や若者達で、すれ違うのも難しいほど混んでいた
a0261169_20144482.jpg
人気キャラなのか、それとも、お面まで猫ブーム?
a0261169_20145653.jpg
この彩りの渦を見ていると異次元の世界へ引き込まれそうである
a0261169_20150801.jpg
毎年見ていても、次々と新しいものが登場する
今年は、この頭を触ると光る笛が人気らしい
a0261169_20151990.jpg
既に、明るい内から各町内でお囃子が鳴り響いていた





# by taketyh1040 | 2017-05-05 00:02 | | Comments(2)
2017年 05月 05日

新緑と出会いの春の花

祭りへ行く前に、いつものように愛犬と森を歩く。
大分、濃くなってきたが、まだまだ新緑が心地良い。
帰り道で、数年前に出会って以来、見たことがなかった花に出会えた。
何という花だか、未だに知らない。久しぶりなので道端だったがレンズを向けた。
さらに、あるお宅の塀からヒョッコリ顔を出していたバラ。
なんと柔らかな花びらなのだろうと、立ち止まって見入ってしまった。
あまりバラを撮らない私も、思わず、理屈抜きに正面から日の丸に撮らせてもらった。
a0261169_13370135.jpg
a0261169_13430724.jpg
a0261169_13381550.jpg
a0261169_09583127.jpg


# by taketyh1040 | 2017-05-05 00:01 | | Comments(0)
2017年 05月 04日

うららかな陽射しの下

暑くもなく、寒くもなく、うららかな陽射しの中を、
愛犬と、いつもの森を歩く。
天気の良い日には、芝生の丘で木陰を見付け芝に腰を下ろす。
鳥の囀りを聞きながら、何処を見るでもなく、何も考えず、刻を過ごす。
犬が「もう行こうよ」と催促し始めたら立ち上がる。
何もしないのに満ち足りるものがある。
これは、この時期だけの特権である。
a0261169_14160847.jpg
a0261169_14161989.jpg
a0261169_14163066.jpg




# by taketyh1040 | 2017-05-04 00:03 | 風景 | Comments(2)
2017年 05月 04日

藤とクマンバチ

今年、まだ藤を撮っていない。
毎年、撮っている藤が小さく、棚の上に微かに花を着けているだけで絵にならないのだ。
それならと、公園の藤棚を覗きに行った。
出迎えてくれたのは、クマンバチの大群であった。
十数匹が、棚のあちこちで蜜を吸っていて、近寄ると羽音も高く威嚇しながら警告に来る。(^_^;)
毎回、驚くのだが、クマンバチは直角飛行が得意だ。
折れ線グラフのように、カクッ、カクッと目にも留まらぬ早さで飛ぶ。
何とかカメラに収めたいのだが、ジッとしてくれない。
シャッタースピードが遅いのは解っていたが、羽が適当にブレて欲しいので
無理を承知で、そのまま随分シャッターを切ったが、案の定、ブレ写真の山であった。
その中でも、どうにか?というのを何点か載せるので、ブレにはご容赦を。
今年の初藤は、クマンバチが主役であった。
a0261169_14314833.jpg


a0261169_14325779.jpg



# by taketyh1040 | 2017-05-04 00:02 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 04日

眠っていたレンズ達が起き出した

棚の奥に忘れられたように眠っていたレンズ達。
PEN-F の導入を機に再び陽が当たりだした。
レンズ達の嬉しそうな声が聞こえるような気がする。
久しぶりに光を通してレンズも生き返ったらしい。
この、手持ち唯一の出目金超広角ズームは、私には、やや手に余るが、
色の再現性も申し分なく、また活躍してくれそうである。
a0261169_19421074.jpg
a0261169_19421937.jpg



# by taketyh1040 | 2017-05-04 00:01 | 風景 | Comments(0)
2017年 05月 03日

黄色い花が咲く道

散歩道に、いろんな花が咲いている。
その中でも、つい黄色い花に目が行く。
この時期、山吹が、あの独特の山吹色を見せてくれる。
野には、黄色い野草(かたばみ)が一面に春の色に染めていた。
心地良い、緑と黄色い道である。
a0261169_14092371.jpg

a0261169_14094613.jpg
a0261169_14101258.jpg
驚いた。このレンズ、マクロとしても十分使えるのである。(^_^)v





# by taketyh1040 | 2017-05-03 00:02 | | Comments(2)
2017年 05月 03日

3年待った甲斐があった

きっと、買ったのには気に入った訳があったはずだ。と思いながらも、
何という木で、どんな花が咲くのか、全く憶えていなかった。
「咲くのかなぁ〜」この3年、半信半疑でいたのだ。
5月に入るのを待っていたかのように、初めて花が咲いた。
花を見た途端、「山査子(サンザシ)」だと思い出した。
まるで簪のような花が、わずか1m の若木全体にビッシリと咲いた。
「我慢して、待っていて良かったなぁ〜」が実感である。
a0261169_15245407.jpg
a0261169_15250485.jpg



# by taketyh1040 | 2017-05-03 00:01 | | Comments(2)
2017年 05月 02日

間違いだらけのテスト撮り

PEN-F のテスト撮り。
例によって、ろくに説明書も読まずにテスト撮りを始める。
現像しながら、「なんだか、全般に明るめの絵が出てくるなぁ〜」と思ったら、
ファインダーに目を当てたまま、「カチッカチッと感じよく回るぞ」と
露出補正ダイヤルの感触を確かめながらプラス側に回したままだったらしい。
ファームウェアのバージョンアップもせず、いきなり持ち出し、設定も見ずに、
なにがテスト撮りなのか・・・自分ながら呆れる。(^_^;)

それでも、操作感、特にシャッターの切れ具合や、各ダイヤルの操作感触も心地良く感じられ、
背面液晶のタッチ操作も申し分ない・・など大いに及第点であった。
昨今は、珍しくなくなったが、ボディー内5軸手ぶれ補正機構で5段分の手ぶれ補正も頼もしい。
なにより、このレンズ、操作感、描写、驚くほどの近接撮影・・私の勝手な要求に不満無く応えてくれる。
今後、主力レンズになりそうだが、まぁ〜、楽しみながら、気長にテスト撮りしていこうと思う。(^^ゞ
a0261169_18143646.jpg
a0261169_18150938.jpg
店を出て、其の足でテスト撮りをする。
この複雑に交差する直線や曲線、
周りのビルの大小の線や色の濃淡、
真夏のような反射光線と陰、
テストの全ての要素を備えている。
これだけ写れば、私の要求基準には十分な性能である。
a0261169_20473531.jpg







# by taketyh1040 | 2017-05-02 00:02 | 風景 | Comments(2)
2017年 05月 02日

テスト2

帰宅後、従来の手持ちレンズも着けての相性テスト。
なるほど、2030万画素に増えただけあって精密さが増したように思える。
私には、これぐらいの画素数が実に相性が良いのだ。
まだ、他にも何本もテストを待っているので、当分、忙しくなりそうだ。
元々、このレンズは好きで、使い心地も気に入っていたが、
不思議なもので、今まで以上に操作性まで良く感じてしまう。
a0261169_14462909.jpg
a0261169_14464095.jpg



# by taketyh1040 | 2017-05-02 00:02 | | Comments(2)
2017年 05月 01日

すずらん

今年も、我が家のスズランが咲いた。
申し訳ないほど、何の手入れも肥料も与えていないのに、
律儀に、毎年、綺麗に咲いて、門から玄関への通路一面を可愛く飾ってくれる。
そう言えば、このスズランも亡き母が植えたのだったなぁ〜。
a0261169_14360599.jpg


# by taketyh1040 | 2017-05-01 00:02 | | Comments(4)
2017年 05月 01日

オープン・カフェテラス

愛犬と散歩中、いつものオープン・カフェテラスに寄る。
心得たもので、テーブルの下で、他の席の方に迷惑にならないよう大人しくしている。
時々、私の膝に手を掛けておねだりもあるが、基本は我慢するものと理解しているようだ。
でも、大人しく座っているのを見ると、つい上げたくなり妻に叱られるのだが、
この仕草はいじらしいのだ。
a0261169_23321838.jpg


# by taketyh1040 | 2017-05-01 00:01 | | Comments(2)
2017年 04月 30日

春の花が次々と

散歩道を春の花が次々と飾っている。
毎日、新しい花が目に入ってくる。
まさに春の花ラッシュである。
芝桜
a0261169_21101169.jpg
紫蘭
a0261169_21104492.jpg
菖蒲
a0261169_21111579.jpg
名前知らず(好きな草花)
a0261169_21112765.jpg





# by taketyh1040 | 2017-04-30 00:02 | | Comments(2)
2017年 04月 30日

春の花が次々と 2

小さな茂みの隙間に、鮮やかな色が見えたので覗いてみた。
なんとシャクヤクであった。
華やかに開花しているのに、茂みの中で誰にも見られずにいたらしい。
それならと、一番、上の方に咲いている花を撮ってきた。
ブログで、みんなに見てもらおうね。
a0261169_12165031.jpg



# by taketyh1040 | 2017-04-30 00:01 | | Comments(2)
2017年 04月 29日

外に出られない日の押し問答

外に出られない日、さかんに「外へ行こうよ」と訴える。
庭への戸を開けてやると、雨に濡れないギリギリの処まで出て行き理解するようだ。
それでも今度は「こっちは?」と玄関の方を開けろとせがむ。
玄関でも、屋根のあるとこを行き来し、やっと納得する。
我が家は、家の周りを濡れずに歩けるようになっている分、犬の自由度が高い。
それでも、やっぱり外を思いっきり歩きたいよね。
a0261169_23155643.jpg
a0261169_23160988.jpg



# by taketyh1040 | 2017-04-29 00:01 | | Comments(2)
2017年 04月 28日

ナンジャモンジャがやって来た

今年も、ナンジャモンジャの木に花が来た。
華やかさは無いのだが、大木全体を白い綿のような花が覆う。
そもそも、この名前は、誰が、どんな理由で付けたのだろうか。
毎年、この花を見ると不思議な気持ちになる。
a0261169_20555650.jpg
a0261169_20561140.jpg
a0261169_20562311.jpg




# by taketyh1040 | 2017-04-28 00:01 | | Comments(4)
2017年 04月 27日

桜道

散った八重桜が、散歩道に桜の絨毯を敷いてくれていた。
気のせいか、愛犬も心地よさそうに歩いている。
今年は、「花筏」を撮りに行かなかったので、その代わりに「花の絨毯」を味わう。
此の方が、足に直に感触が味わえて実感があるのが良い。
見上げれば、まだ花は少し残っているが「また来年だね」と踏みしめながら歩いた。
a0261169_14473489.jpg


# by taketyh1040 | 2017-04-27 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 04月 26日

ハナミズキ

街路樹のハナミズキが咲き始めるのを待っていたかのように、我が家のハナミズキも花を着けた。
風が強く、少し躊躇ったが、風に靡く花も良いだろうとレンズを向ける。
まだ咲き始めたばかりなので、どうしても堅さが見られる花をしっかり撮ってしまうのだが、
風に靡く姿は、柔らかく舞うようにも思え、そんな感じが表現できればと何枚かチャレンジしてみた。
a0261169_10552577.jpg
a0261169_10553956.jpg
a0261169_10561147.jpg
a0261169_19365987.jpg
a0261169_19371189.jpg
下の2枚は、7DMarkⅡ
上の3枚より2日後に撮ったので、シベが開いてきた。




# by taketyh1040 | 2017-04-26 00:01 | | Comments(5)
2017年 04月 25日

散歩道は日ごとに新しい

50mm を着けて歩いてみた。
開放が明るい分、背景を気にせず切り取れるのが良い。
ついズームを着けてしまうが、もっと使うことにしよう。
散歩道は、代わり映えしないどころか、日替わりのように新しい光景を見せてくれる。
新緑も日増しに形も色も変え、足下には、次々と新しい花に出会える。
そう言えば、愛犬の目線ではどんな風に見えているのかなぁ〜。
a0261169_15523802.jpg
a0261169_15525037.jpg
a0261169_15530362.jpg
a0261169_15531642.jpg
a0261169_15534690.jpg

やはり、このカメラで撮ると発色が記憶色のままである。
曇り空であったせいもあるのだろうが、最も信頼性が高いカメラだ。





# by taketyh1040 | 2017-04-25 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 04月 24日

シャガ

桜が咲き始めた頃から見かけてきたシャガ。
なんとなくレンズを向ける機会がないままだった。
今日、いつも通る境内に「撮ってくれるよね」と言わんばかりに咲いていた。
こうまで面と相対したのなら撮るのが男(変な理屈)とレンズを向けた。
a0261169_16553766.jpg
a0261169_16555157.jpg






# by taketyh1040 | 2017-04-24 00:01 | | Comments(4)
2017年 04月 23日

新緑 一段と濃く

新緑が、一段と濃くなってきた。
何日か、早くも夏日が続き、暑さに木陰を求めてしまう。
新緑が作ってくれる木陰は、目にも優しく心地良い。
a0261169_22510506.jpg
a0261169_22512177.jpg



# by taketyh1040 | 2017-04-23 00:02 | 風景 | Comments(2)
2017年 04月 23日

早い者勝ち

私がパソコンに向かっている横で、ベッドから寝息が聞こえる。
目を遣ると、愛犬が私のベッドで熟睡である。
今日は、森を散々歩いたので汚れが目立つ。
念入りに足を拭いたが、ベッドカバーの上とは言え考え物だ。
あれほど、シャワーに入ってから寝なさいと言っていたのに・・・
しかし、彼は、早い者勝ち(寝た者勝ち)だと思っているらしい。
あとで、彼の寝床へ運んでやろう。
明日は、必ずシャワーだよ。(^_^;)
a0261169_23272342.jpg
挙げ句に、寝返りを打って、あられもない恰好に・・(-。-;)オミグルシイ
a0261169_23052581.jpg
今日、未現像だったフォルダーが見つかり、
こんな1歳の頃の写真が出てきた。
まだ、あどけなさが残っていて可愛い。
a0261169_17563751.jpg
7D + EF15-85mm F3.5-5.6 IS






# by taketyh1040 | 2017-04-23 00:01 | | Comments(2)
2017年 04月 22日

筍がやって来た

竹林に、妖しげな気配を感じて覗いてみた。
タケノコだ〜。(@_@;)
今年もやって来た。
ここの筍は採らないが大好物である。
いや、大好きな被写体である。(^_^;)クイシンボー
風で、強い木漏れ日が射し込んだり消えたりで
不安定な光が難しい。
本当は、曇りか、しっとり雨が似合うのかもしれないなぁ〜。
a0261169_16320174.jpg
a0261169_16321310.jpg
a0261169_16322603.jpg




# by taketyh1040 | 2017-04-22 00:01 | 植物 | Comments(2)