彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 31日

アサガオ

今年2度目のアサガオ写真、それも、2度とも野生化したアサガオを撮ったことになる。
以前は、お決まりのようにどこの家にもアサガオが見られたのに
なぜか、家庭に植えられたアサガオが見られなくなったような気がする。
それでも、アサガオたちは夏の花のプライドを保つように小さな草むらや垣根を飾っている。
なんだか、「頑張れよ」と言いたい来持ちになってくる。
a0261169_11085945.jpg
ネットで写友から、アメリカアサガオとルコウソウと教わった。
両方とも外来種らしいが、根付いて久しく、今や日本種に近いらしい。


by taketyh1040 | 2017-08-31 00:01 | | Comments(4)
2017年 08月 30日

長雨で

21日も雨が続いたせいか、森には、まだキノコが元気に生えている。
立派な姿を見ると、食べてみようかと思うのかもしれないが危険である。
まず、食用のものは無いであろう。
カメラを向けて楽しむだけにするのが良さそうだ。
a0261169_10514180.jpg
a0261169_10515267.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-30 00:01 | 植物 | Comments(4)
2017年 08月 29日

競馬場正門

週明けの正門。土日に、あれだけの観客が押し寄せ、
熱心なファンは開門前から並ぶ。
大レース(G1)には、一週間も前から順番撮りに徹夜で並ぶ猛者達もいる。
その門も、平日は静かである。
誰もいない早朝、カメラを向けた。
a0261169_09290427.jpg
a0261169_09291432.jpg



by taketyh1040 | 2017-08-29 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 08月 28日

木戸

散歩道の小さな木戸。
ブロック塀ばかりで竹垣など見られなくなったが、
小さな階段に木戸まで付いているのが嬉しい。
a0261169_09471204.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-28 00:02 | 風景 | Comments(4)
2017年 08月 28日

優しく修繕

池の、カモ小屋が傷んで気になっていた。
屋根は朽ち落ち、床も抜けているようだった。
ふと気がつくと、いつの間にか修繕されている。
それも、周りの草は刈らずに残したままである。
公園管理者達の優しさが伝わってきて和んだ気持ちになる。
早くも、周りを、無数のトンボが飛び交っていて、どこかで秋が近付いているのを感じさせていた。
a0261169_10574752.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-28 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 08月 27日

よさこいは 踊りと笑顔

26,27日と地元府中の「よさこい」が始まった。
年々、規模が拡大して参加チームは近隣の町からも集まってくるようになったらしい。
出来立てでヨチヨチだったチームも、すっかり様になってきている。
同じ日程で、「原宿表参道スーパーよさこい」も開催されている。
こちらは、関東最大の規模なので数年前まで毎年撮りにいっていた。
暑さと相談しながら、ここ数年ご無沙汰していたので、今年は行ってみようかと思っていたが、
地元のよさこいを見たら、すっかり気が済んでしまったので、今年も見送る気配である。
今日は曇っていてくれたので、外にいても案外楽で、暗くなるまで4時間近くも撮っていた。
やっぱり、「よさこい」特に踊り手の笑顔を見ているだけでも来持ちが良い。(^_^)v
a0261169_22103045.jpg
a0261169_22115877.jpg
a0261169_22123411.jpg
a0261169_22141998.jpg
a0261169_22160271.jpg
a0261169_22162747.jpg
a0261169_22165208.jpg
a0261169_22172117.jpg
a0261169_22174832.jpg
a0261169_22180100.jpg
こういうパレードを撮りに行く度に思うことがある。
大会に委任されているのか「記録係」とか「関係者」の腕章やベストをきたカメラマン。
大会から、何を依頼されているのだろうか?
踊り手達の先頭に、いつまでもへばり付いて広角レンズで撮ったり、
踊りの中に割り入って盛んにアップを撮ったりしている。
何時間も前から沿道や、許された撮影ポジションで待っていた出場者の家族や一般のカメラマンは
歯ぎしりしながら、入れたくもない無粋なカメラマンの入った写真を撮ることになる。
大会関係者なら、見物客が気持ち良く撮影出来たり、楽しめることに気を使うべきであろうし、
資料としての写真なら、あんなに、のべつ幕無しにへばり付く必要もないだろう。
ハッキリ言って、邪魔以外の何物でもない。
祭りの度に、観客達の呪うような声とため息が耳に残っている。


by taketyh1040 | 2017-08-27 00:01 | | Comments(2)
2017年 08月 26日

祭りの後の静けさ

数日前だったが、祭りが終わった後の夜の参道にレンズを向けた。
山車も太鼓も終われ、あんなに賑わっていた人々も三々五々解散し
神社には、もう誰もいなくなっていた。
強い風と共に、小雨が降り始めた夜陰の中で、提灯だけが、祭りの余韻を残して参道を照らしていた。
a0261169_21245590.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-26 00:01 | 風景 | Comments(4)
2017年 08月 25日

専属モデル

撮るモノに困ると、レンズが愛犬に向く。
私の唯一専属モデルなのである。
可愛さだけを狙わず、出来るだけ、自由にしている自然な表情を撮りたいと思っている。
時々、マジマジと視線をくれる。
こんな犬との時間が好きである。
a0261169_21062794.jpg
a0261169_21064084.jpg
a0261169_21065360.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-25 00:01 | | Comments(4)
2017年 08月 24日

キバナコスモス2色

相変わらず、キバナコスモスが元気だ。
ここのキバナコスモスはオレンジ色で一段と存在感がある。
一面オレンジ色の中に、一輪だけ黄色の花が咲いていた。
どういう訳で、この一輪だけ色違いで咲いているのか不思議である。
まるで、「この色が本当なのだ」と説明しているかのようである。(^^ゞ
a0261169_17150267.jpg
a0261169_17152304.jpg
a0261169_17170601.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-24 00:01 | | Comments(2)
2017年 08月 23日

雨の合間に

20日間近い雨の連続に、さすがに青空が恋しい。
時折、見せる晴れ間(曇ってはいるが)に庭に出てみる。
サザンクロスに蜜を求めて蝶が来ている。
「まだ、そこにいてよ〜」と願いながらカメラを取りに戻る。
離れたり、来たりを繰り返す内に、私に違和感がなくなったのか、
目の前に留まってくれた。
雨の合間の撮影会であった。
a0261169_13451213.jpg
ついでに、直射日光がないので、空の様子を見ながら早めの午後の散歩に出る。
いつもの近くの森を抜けようとしたら、オレンジ色が目に入った。
見たことがあるのだが名前を知らない花だ。
どこからか、種が飛んできたのだろうか、この森では初めて見る花である。
a0261169_16570455.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-23 00:01 | 昆虫 | Comments(4)