彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 18日

300g超えステーキ

長年、ステーキは落ち着いたレストランで楽しんできた。
その概念が一変してしまった。
新しいビルにオープンしたステーキハウス。
入り口に、「当店では300gレアー以上が基本です」と書かれている。
長い列で順番を待って案内され、席を確保したら席札を持って注文カウンターへ、
肉の種類と焼き方を指定し精算をしてから席に戻る、程なく、注文のステーキが席へ運ばれてくる。
ナイフ、フォークも自分でとり、基本以上のタレや調味料は各自の好みで使う。
今迄、せいぜい200g〜250gで、300超えを頼んだ記憶がない(沖縄であったかも)のに、自然と300越えを注文する。
客ごとに独立のテーブルではないが、思ったより余裕もある十分な席で窮屈感はない。
なるほど、周りも、見慣れない大きさのステーキにフォークを運んでいる。
私は、リブロースやサーロインより、もっぱらヒレのミディアムが好みである。
正直、味も申し分ない、値段もリーズナブルであり、長蛇の列になるのも仕方ないであろう。
今回、2度目だったが、これからも、時々、長い列に並びそうである。
a0261169_10084650.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-18 00:01 | 街景 | Comments(1)
2017年 08月 17日

テッポウユリ

毎年、いろんなユリを撮っているのに、今年は、なぜか撮っていなかった。
散歩道の、今迄ユリなど見たことがないところに咲いていた。
決して良いシチュエーションでもなく、撮りにくい条件だったが
背伸びしてレンズを向けた。
a0261169_18480388.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-17 00:01 | | Comments(4)
2017年 08月 16日

夏草

夏草の生長は驚くほど早い。
庭の芝を覆い尽くすほどの勢いで伸びてくる。
気を許すと、生け垣にも縦横にツタが絡んでいる。
気温の低い日を選んで草刈りに格闘する。
専属管理人の手入れが行き届いているはずの館でも、例外ではないらしい。
a0261169_10050492.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-16 00:01 | 風景 | Comments(4)
2017年 08月 15日

モンブラン 松ぼっくり

森のヒマラヤ杉に、例の松ぼっくりが着き始めた。
他の松ぼっくりを楽しみにしたことはないが、
ヒマラヤ杉の、このモンブラン・ケーキのような松ぼっくりは好きで、
毎年、楽しみにして撮っている。
思い返せば、昭和記念公園で初めて知り、地元のヒマラヤ杉にもあるはずと探して見付けたのである。
雨上がりの森に、モンブランケーキが並んでいた。
a0261169_14020483.jpg
a0261169_14021563.jpg
a0261169_14022622.jpg
a0261169_18160386.jpg
a0261169_18161576.jpg
下の2枚が、EF50mm F1.2 L


by taketyh1040 | 2017-08-15 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2017年 08月 14日

花火

孫達が遊びに来て、夜、花火をする。
打上げ花火は住宅街で上げられないので、大人しく庭花火である。
いろいろあるが、一番キレイで面白がるのが線香花火のようだ。
それと、この短い、あっと言う間に終わる花火を、どう撮れば良いのか?が悩みである。
結局、エイ・ヤーで、盲滅法にシャッターを切った、
こういう楽しみのある、暑い夏も、また良いものである。
a0261169_22403342.jpg
a0261169_22405184.jpg
a0261169_22411344.jpg
a0261169_22412842.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-14 00:01 | 風情 | Comments(2)
2017年 08月 13日

まるで標本のよう

今迄、夏になると、数え切れないほど、蝉や、その抜け殻を見てきた。
だが、こんな光景に出会ったのは初めてである。
殻と上下に、まるで標本のようにキレイに並んでいる。
それも、四本の足も、ピンセットで揃えたかのように規則正しく揃えているのだ。
偶然だろうが、こんなこともあるんだなぁ〜と、繁々と見入ってしまった。
予想もしない光景を見て驚き、不思議な気持ちにもなった。
a0261169_10171840.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-13 00:01 | 昆虫 | Comments(2)
2017年 08月 12日

酷暑の朝

酷暑が続いている。
早朝でも、あっと言う間に温度が上がってくる。
快調に歩いていた愛犬の息も荒くなってくる。
無理をしないで木陰を選んで歩く。
それでも、朝だけは歩いて季節を実感している。

競馬場の新厩舎の屋根に付けられたパイプの正体が初めて分かった。
焼けた屋根に散水して温度を下げるためのものらしい。
馬への優しい思いやりが感じられた。
a0261169_09564696.jpg
その塀に生えている草と実。
毒々しく赤黒い色が、さらに暑さを感じさせる。
馬の近くに、こんな実があっても大丈夫なのか?
a0261169_09592685.jpg



by taketyh1040 | 2017-08-12 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 08月 11日

スズラン 夏はオレンジ玉

以前、スズランの緑玉を掲載したが、その緑玉が夏を迎えてオレンジ玉に変わっていた。
既に、葉は枯れ始めているが、玉はキレイに色付いている。
このまま色が進むのか、さらに変色するのか興味深い。
それにしても、強い花である。
a0261169_13401543.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-11 00:01 | | Comments(4)
2017年 08月 10日

蝉の夏

この時期、森を歩いていると、必ずセミに出会う。
精一杯、鳴く声に夏を実感する。
よく見ると、隣にカラ蝉がいた。
自分の剥け殻ではないだろうが、
夏の風景を見る想いでシャッターを切る。
a0261169_10010064.jpg
珍しく、ミンミンゼミだろうか。
皇太子(現天皇)の結婚記念樹の碑に留まっていた。
しばらく待ってみたが、鳴かずに飛んでいった。
a0261169_10024774.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-10 00:01 | 昆虫 | Comments(2)
2017年 08月 09日

キバナコスモス

夏の陽射しに立ち向かうように咲くキバナコスモス。
あまり撮らないが、時々、キレイな個体に出会うとレンズを向ける。
何が違うのか、よく解らないが、花によって「キレイだなぁ〜」と思う。
a0261169_09390752.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-09 00:01 | | Comments(4)