彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧


2017年 05月 31日

5D4の、マクロとの相性を見るため100 MACRO を着けてみた。
新緑も、そろそろ終わろうとしている。
少なくなったキレイな緑を探して歩き、
僅かに、残る新緑にレンズを向けた。
今回も、普通にシャッターを切ったが、
今度は、まだ未使用の静音シャッターを使ってみよう。
a0261169_10391962.jpg
a0261169_10393200.jpg



by taketyh1040 | 2017-05-31 00:01 | 風景 | Comments(4)
2017年 05月 30日

日本ダービー 2017

今年も、日本ダービーを観戦と言うより撮影に行った。
昨年より、やや少ない入場者だったらしいが、見た目には十分凄い観客数であった。
馬券も買わない私は、のんびりしたもので、一つ前のレースぐらいに入場し本戦に備えた。
以前は、ゴールの瞬間を狙っていたが、ここ数年は、緑の美しさに馬が映える勝負のポイント第四コーナーを狙う。
一つ前のレースを試し撮りし、「これならOK」と納得したが、新機の測距エリアの拡大と
全点 F8まで対応しているのを思い出し、使ったことが無い「 Ai サーボと連写で撮ろう」と変更した。
これが間違いの元で、怒濤のように、馬体をぶつけ合うように全頭がなだれ込んでくる第四コーナーの馬の動きに目を取られて
測距点が、どこを捉えているのか確認しないままシャッターを連写した。
考えてみれば、全てを機械任せである。
レース後、小さなカメラモニターで確認すると十分な手応えだったが、帰宅後、コンピュータの大きな画面で確認すると
肝心の場面でピントが後ろに抜けている。失敗であった。
たぶん、待ちきれず、早めにAFボタンを押し、柵の中に立つ⑥のポールにピントが合ったまま固定されたのだろう。
大きな反省をしている。一度も使用経験が無いことを本番で使った自分の愚かさにも恥じている。
良い勉強をしたと肝に銘じている。
最後に、正面に来た馬(レイデオロ)を無意識に撮ったが、その馬が優勝馬であったのは嬉しい。(^_^)v
a0261169_19125094.jpg
a0261169_19130309.jpg
第四コーナーを抜け、最後の上り坂の直線 400m
一斉にムチが入り、全力疾走の勝負。
夢中でシャッターを切った、この馬が優勝したのは嬉しい。
a0261169_19131570.jpg
レース スタート前、唯一、知っている騎手 武豊を撮る。
いざ、戦いの場へと闘志を漲らせてスタート位置へ向かう。
人馬共に、引き締まり凜々しい。
a0261169_17494088.jpg






by taketyh1040 | 2017-05-30 00:01 | 車・レース | Comments(2)
2017年 05月 29日

EOS 5D Mark Ⅳ 導入

検討していた EOS 5D Mark Ⅳ を導入した。
5D は、Mark Ⅱ導入以来、約 10年ぶりに近い更新になるだろうか。
外見は、ほとんど変わりないが、確実に進化しているのを感じる。
今まで、1DX、5D Mark Ⅱ、7D Mark Ⅱの体制だったので、時代性というか、
機能、操作性で 5DMark Ⅱだけ違和感があったが、これで、共通性が保たれそうである。
特に、測距エリアの進化および、選択方法や操作が格段に改善・進化してくれたのは嬉しい。
7D MarkⅡにも似ているが、こちらの方がファインダーに目を当てたまま操作がし易い。
3040万画素は、大き過ぎず十分で望み通りである。常用 ISO も 32000まで拡大した。
本格撮影には、新たに、デュアルピクセルRAWが新設され、さらに高精細な撮影・描写が可能となった。
当面、CANONの専用ソフト、デジタル・フォト・プロフェッショナルでのみ現像可能となっている。
私は、ほとんどを Adobe で処理しているので、取り込んだ段階で、全て DNG に変換していたが
近々、Adobeも対応予定らしい。ファイルサイズが倍になるらしいが、進捗状況を見て使ってみようと思う。
とは言え、まだ、ほとんどマニュアルにも目を通しておらず、相変わらずの見切り発車である。
追々、勉強していくつもりである。(^^ゞいつも、これ!
a0261169_19385728.jpg
a0261169_19394214.jpg
夕暮れの中で、時計草に出会った。
開放で、柔らかく撮ってみた。



by taketyh1040 | 2017-05-29 00:01 | 風景 | Comments(4)
2017年 05月 28日

植物園も楽し

神代植物園は広大である。
この時期の暑さだと、園内を歩き回るのは少し無理がある。
入り口から、すぐ近くの薔薇フェスタ広場と牡丹園だけ歩くので精一杯だ。
折角なので、温室も覗いてみると思い掛けない花とも出会えた。
a0261169_16521884.jpg
a0261169_16522920.jpg
a0261169_16524507.jpg
a0261169_16525753.jpg
a0261169_16531208.jpg
a0261169_16532542.jpg
薔薇フェスタ広場
さらに、この両サイドにも広がっている
a0261169_17083906.jpg
一番下の写真は、OLYMPUS PEN-F + M.ZUIKO ED 12-40mm F2.8 PRO







by taketyh1040 | 2017-05-28 00:01 | | Comments(2)
2017年 05月 27日

バラに挑戦2

それほどバラに執着もなく、何気なく見ていた花だが
こうしてマジマジと見ていると、華やかも美しさも別格な花である。
また、好きな花が増えそうである。
a0261169_23551171.jpg
a0261169_23552169.jpg
a0261169_23553652.jpg
a0261169_23555123.jpg
a0261169_23501743.jpg





by taketyh1040 | 2017-05-27 00:01 | | Comments(0)
2017年 05月 26日

バラに挑戦

何年かぶりにバラに挑戦しようと、神代植物園へ出かけた。
丁度、恒例の「薔薇フェスタ」開催中で薔薇目当ての人でごった返していた。
薔薇園に足を踏み入れると、世界中のありとあらゆる種類が無数に迎えてくれる。
広大な園内は薔薇で埋まっていて、もう、こちらは、どれもこれも区別が付かなくなりそうである。
それでも、目を凝らして自分の琴線に触れる花を探す。
やはり、ヨーロッパ産が多いように思われるが、見た側から忘れる。
結局、自分好みを何点か撮っただけかもしれない。
a0261169_23492832.jpg
a0261169_23494437.jpg
a0261169_23560337.jpg
a0261169_23500191.jpg

a0261169_23504921.jpg






by taketyh1040 | 2017-05-26 00:01 | | Comments(4)
2017年 05月 25日

睡蓮

従来、あまり得意としていないと言うより、花は良いのだが、
葉や水面が汚れていて、好ましい題材と思えなかった睡蓮。
写友達の作品に刺激されて、少し気合いが入って神代植物園へ出かけてみた。
改めて、よく見ると、色も多彩で、光により表情も豊かで美しい。
今までの思い込みも消えて、好きな題材になりそうである。
a0261169_20265824.jpg
a0261169_20271704.jpg
a0261169_20272942.jpg
a0261169_20274249.jpg
a0261169_20275899.jpg
一番下の写真は、OLYMPUS PEN-F + M.ZUIKO ED 12-40mm F2.8 PRO






by taketyh1040 | 2017-05-25 00:01 | | Comments(2)
2017年 05月 24日

夕暮れの道

早くも、日中が真夏日を迎え出すと、愛犬の朝夕の散歩も時間変更である。
涼しい風が吹き始める夕暮れ時になる。
皆さん、同じことを考えていて、犬連れの方が多い。
これから夏に向かって、犬も人もご苦労である。
a0261169_23123197.jpg


by taketyh1040 | 2017-05-24 00:01 | 風景 | Comments(4)
2017年 05月 23日

逞しくも美しく

新緑の葉を茂らせ、5月の空を美しく彩っている欅。
逞しい幹は、相変わらず脱皮を繰り返している。
古い皮を脱ぎ捨てるように剥ぎ、さらに太く逞しさを増していく。
見ていると、「つまらぬ蟠りは脱ぎ捨てよ」と教えているようにも思える。
a0261169_22523246.jpg
a0261169_22524368.jpg



by taketyh1040 | 2017-05-23 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2017年 05月 22日

名前も知らない花

何処かで見たことがあるけど、名前も知らない花。
でも、なんだか気になる花ってありますよね。
何日も前から前を通る度に目に入っていたのですが、
そんな花に今日レンズを向けました。
a0261169_23482254.jpg


by taketyh1040 | 2017-05-22 00:01 | | Comments(5)