彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧


2016年 04月 30日

新緑2

新緑真っ盛り、気持ちの良い色に充ち満ちている。
すぐに、色濃くなってしまうので、今のうちにと追いかけている。
それにしても、どうして、こんなに気持ちの良い色なのだろう。(^^ゞ

a0261169_23235746.jpg

a0261169_23241669.jpg

昨日、Leica M-D が発表された。カラーはブラックペイントのみ。
液晶モニターも無く、LAW専用で、ファインダー内にバッテリーとSDの残量が表示される。
SDカードは、カメラでの消去が出来ないという。
トップカバーにライカクラシックロゴを配し、旧フィルムカメラを思わせるのは魅力的だ。
でも、わざわざ、そこまでフィルムライクにする必要があるのか?
少々、不可思議な気もしてしまうのである。

by taketyh1040 | 2016-04-30 00:03 | 風景 | Comments(2)
2016年 04月 29日

鳥たちと出合う道

朝の散歩道は新緑と鳥たちの囀りに満ちている。
まるでコーラスを奏でるように、あちこちから囀りが響いている。
それでも、なかなか姿を見付けるのは難しいのだが、
短いレンズしか着けていない日に限って見付けられるのも皮肉なものである。
時々、元気でいるのを報告するように現れるインコのつがい。
そして、残念ながら、真下からしか撮れなかったが、
いつも、遙か遠くにしか見られなかったオナガが近い枝に来てくれた。
贅沢は言わない。新緑に加えて鳥が写ってくれれば十分満足である。

a0261169_10151837.jpg

オナガ
a0261169_10153942.jpg


by taketyh1040 | 2016-04-29 00:03 | | Comments(2)
2016年 04月 28日

強い花

何年か前に、ほんの1〜2本の紫蘭を植えたのが、
毎年、しかも、年々株数が大きくなって咲いてくる。
何の手入れもせず放っておくのだが、春になると
当然のように新芽を伸ばし、ここは「自分の場所」と言わんばかりに花を咲かせる。
我が家の庭の、強い花の一つである。

a0261169_2059314.jpg


by taketyh1040 | 2016-04-28 00:03 | | Comments(2)
2016年 04月 27日

赤坂 山王 日枝神社の藤

赤坂へ行くと日枝神社へ寄る。
勤務時代にも、昼の散歩をかねて、この辺りで昼食をとることが多かった。
境内にも有名な店がある。
この時期、藤棚がキレイである。
表の、横に長いエスカレーター付きの階段より、首相官邸側の階段の方が好きなので、もっぱら、こちらを利用する。

a0261169_0501462.jpg

a0261169_050328.jpg

a0261169_050554.jpg


by taketyh1040 | 2016-04-27 00:03 | 神社、仏閣 | Comments(2)
2016年 04月 26日

赤坂 ぶらり歩き

久しぶりに、赤坂の街を歩いた。
相変わらずであるが、やはり、赤坂は夜が似合う街である。
昼間は、何の変哲もないサラリーマンの街になっている。
明るいうちは影を潜めて夜を待つ店が多いが、表通りには、今も尚、次々と新しいビルが建っている。
もう、赤プリの姿もなくなり、昔の姿を残しているのはホテル東急ぐらいであろうか。
アッという間に、新しいタワービル群で埋め尽くされてしまいそうであった。。

a0261169_0224932.jpg

a0261169_023696.jpg


by taketyh1040 | 2016-04-26 00:03 | 風景 | Comments(2)
2016年 04月 25日

新緑

新緑が美しい。
済んだ青空に映える新緑は、清々しく実に心地よい。
だが、日陰にしっとりと染めている新緑も趣がある。
どちらも、この時期だけに初々しい春の色である。

a0261169_20301288.jpg

a0261169_20344748.jpg

a0261169_203276.jpg


by taketyh1040 | 2016-04-25 00:03 | 風景 | Comments(2)
2016年 04月 24日

八重桜 桜シーズンを締め括る

そろそろ、桜シーズンも終わりそうである。
八重桜の花を覆うように葉が茂ってきた。
冬の寒さで縮まっていた体も心も明るく開いてくれた桜。
今年の桜が、すっかり地面を花の絨毯に染めながら散って行く。

a0261169_19444046.jpg

a0261169_1945118.jpg

a0261169_19452085.jpg


by taketyh1040 | 2016-04-24 00:03 | | Comments(2)
2016年 04月 23日

迎賓館(赤坂離宮)2

返す返すも、撮影不可が残念であった。
もっとも、「壁もカーテンにも全てに手を触れないで下さい」なのだから
写真撮影など、もっての外であろう。
まさに美術品のなかを歩いている実感なので、とても触る気にはならない。
豪華な黄金の世界の建物を出ると、新緑に包まれた美しい庭園が目を休めてくれる。
外観も荘厳で美しく、まるでヨーロッパにいるような錯覚を覚えた一日であった。

a0261169_23124543.jpg

a0261169_2313374.jpg

a0261169_23132062.jpg

a0261169_23133761.jpg

a0261169_2314289.jpg


by taketyh1040 | 2016-04-23 00:03 | Comments(2)
2016年 04月 22日

ハナミズキ

我が家のハナミズキが咲いた。
例年、なぜか花の数が少なかったのに、
今年は、枝一面に見事に花をつけてくれた。
同じハナミズキでも、ひいき目に、我が家の花の色が一段と優しく見える。(^^ゞ

a0261169_14212516.jpg

a0261169_14214235.jpg

a0261169_1421569.jpg


by taketyh1040 | 2016-04-22 00:03 | | Comments(2)
2016年 04月 21日

迎賓館(赤坂離宮)の別世界

「叶わぬことだろうが、一度ゆっくり見てみたい」と思っていた迎賓館が公開になった。
嬉しく、早速、訪ねる。
前庭だけなら、そのまま入れるが、内部を見るのは有料の時間予約制なので、
人で溢れる午前と昼間を避け、午後3時の予約を取り、それまで赤坂で時間調整をしてから入館した。
目にも眩い豪華絢爛、バロック様式の西洋宮殿そのものである。
眩ゆさに慣れてくると、そこには西陣織や七宝焼、金粉技術など日本の美もふんだんに盛り込まれているのが解る。
また、各部屋を飾る歪み一つ無い大鏡の見事さにも圧倒された。
まさに、非日常の夢の世界を歩いてきた想いである。

a0261169_2127394.jpg

a0261169_2128320.jpg

a0261169_21282249.jpg


by taketyh1040 | 2016-04-21 00:03 | 風景 | Comments(2)