<   2015年 02月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 28日

迷い道2

新しい風景を求めて、歩いたことのない道を探してみる。
こんな道があったのか〜と、チョッと違う街を歩いているような新鮮な気持ちが心地良い。
少し、迷い道が癖になりそうである。

a0261169_1935486.jpg

a0261169_19361970.jpg


by taketyh1040 | 2015-02-28 00:03 | 風景 | Comments(4)
2015年 02月 27日

公園にも開花

いつもの散歩コースの公園にも、ポツポツと梅が開花してきた。
通りかかる人が足を止め、眺めたり、顔を近づけて香りを確かめたりしている。
不思議なのは、同じ所に同じように立っているのに咲くのは数本だけ、
早起きさんとお寝坊さんのようなものであろうか。
日中は暖かく、春は、もうすぐそこまで来ていそうである。

a0261169_18175274.jpg

a0261169_18182062.jpg

a0261169_18184362.jpg


by taketyh1040 | 2015-02-27 18:19 | | Comments(2)
2015年 02月 27日

落書き

先日、建物や塀に落書きをして逮捕されたというニュースが流れていた。
いたる所で、似たような書体の落書きが街を汚している。
困ったものである。
買い物に行った近くの川で、可愛い落書きを見つけた。
こんな落書きなら、誰も文句を言わずに微笑むであろう。(^^ゞ

a0261169_22582092.jpg


by taketyh1040 | 2015-02-27 00:03 | 風景 | Comments(2)
2015年 02月 26日

書いた本人から

旧機復活で、いつもの神社の参道へレンズを向けていたら、
顔見知りの近所のご老人が通りがかり、挨拶をすると「実は、その字は私が書いたのです」と言う。
「本当ですか、素晴らしいですね〜」と申し上げると、石柱に掘られた、この堂々たる文字を書かれた経緯を、
立ったまま30分間も聞くことになった。
いつもお参りをし、写真を撮らせてもらっているので、これぐらいは仕方がない。(^_^;)

a0261169_2010610.jpg

この参道の途中には踏切があり、偶にではあるが電車が通る。
a0261169_20133277.jpg


by taketyh1040 | 2015-02-26 00:03 | 風景 | Comments(4)
2015年 02月 25日

家路

1D Mark Ⅱ N を、ついでに、あちこち持ち歩いてみたが、なかなか軽快である。
今は、APS-H 仕様機は無くなっているので貴重な存在なのかもしれない。
これらの旧機が復活すると、一気にボディーの数が増えて、ある意味で大変である。
毎日、持ち出すボディー選びに迷いそうなのである。(^_^;)

a0261169_19354666.jpg

競馬場から、メインレースや最終レースを待たずに帰路につく人がいる。
理由は、人それぞれであろう。
所詮、競馬をしない私には解らない世界である。

by taketyh1040 | 2015-02-25 00:03 | 風景 | Comments(4)
2015年 02月 24日

迷い道

知らない道は、魅力的である。
目新しい光景は好奇心を刺激して、さらに背中を押してくる。
この歳になっても、初めて見るものを見つけると楽しい。
偶には、行き止まりになって戻ることもある。(^_^;)

a0261169_19551768.jpg

a0261169_19554691.jpg


by taketyh1040 | 2015-02-24 00:24 | 風景 | Comments(8)
2015年 02月 24日

旧機復活2

昨日の勢いで、続いて、1D Mark Ⅱ N にも火を入れてみた。
1Ds に軽快さを加えたような心地良いフィーリングが蘇ってきた。
「なんだ、まだ、バリバリの現役じゃ〜ないか」と何の不足も感じさせない。
不思議なもので、新機が来ると、新機に目がくらんで訳もなくお蔵入りをさせていたのを痛感する。
(いや、短すぎる電池寿命にホトホト手を焼いていたのも事実であった)
同形状の改良電池などで、特定の欠点を改善する対策というのは打てないのであろうか?
ユーザーとしては、本当の意味のアップデートを望みたいものである。


a0261169_18423942.jpg

a0261169_1843030.jpg


by taketyh1040 | 2015-02-24 00:03 | 風景 | Comments(0)
2015年 02月 23日

旧機復活

写友からの声がけで、久しぶりに、1Ds を引っ張り出した。
自分の愛機はモニュメントとして飾っておくにも、せめて感謝の印に、どの機もオーバーホールをしてから飾っている。
お陰で、電池を入れたらスムーズに起動し、軽快な作動音を聞かせてくる。
特に、シャッター音は何ともいえない心地良い音がする。
時々、棚から現世に戻してやろうと思う。

平日の競馬場は静かで美しい散歩道である。
a0261169_21493484.jpg

これらのカメラで、特に、印象に残っているのは、ペンタックス SP をオーバーホールに出した折、
返送されてきた箱に、「丁寧に使っていただきありがとうございます。カメラメーカーとして嬉しく思います。
すでに無い部品もあり、シャッターは1/250以上は切れませんが、精一杯直しました。今後も、どうぞ大切に使ってください」という内容の手紙が同封されていた。
日本のカメラメーカー技術者の熱い想いに触れたような気がした。
どことは言わないが、ぶっきらぼうな定型文で返してくる大メーカーにも、是非、見習ってほしいものである。

by taketyh1040 | 2015-02-23 00:03 | 風景 | Comments(2)
2015年 02月 22日

JPEG 撮って出し

デジタルカメラで撮りだしてから、最初のほんの短い期間を除いて
ほとんど、当然のようにRAWで撮り、いちいち現像をしてきた。
そして、自分なりに納得する絵を創り出してきたつもりであった。
今回、ほんの気まぐれのように、「そう言えば JEPG と RAW の同時記録があるのだから使ってみよう」と設定をしてみた。
撮った画像を読み込んでみて、考えてみれば当たり前なのだが、現代のJPEG の完成度に驚いた。
膨大な枚数を撮った日など、目を充血させ肩の凝りに呻きながら(楽しみながら)現像してきたのは何だったのだろう ?
別の意味で、十年以上もたってから、昔のRAWファイルを現像し直してみると、
ソフトの進化や多少なりとも自分の現像技術の向上で、遙かに良い作品に再加工できたRAWの優位性も知っているが、
もっと気楽に、ケースバイケースで使い分けて良いのではないかと思い直している。
いやぁ〜、今日は大きな転換期にさえなりそうな気がする。
以下は、すべてJPEGの撮って出しである。

a0261169_22535630.jpg

a0261169_2254208.jpg

a0261169_22544775.jpg


by taketyh1040 | 2015-02-22 00:03 | 風景 | Comments(2)
2015年 02月 21日

雪を割る春の色

雪国ではないので雪を割らないが、冬枯れの草を割って
春の色を見せたくれる福寿草。
やはり、この花を見ると温かい春を実感するなぁ〜。

a0261169_227892.jpg

a0261169_2273387.jpg

a0261169_2275393.jpg


by taketyh1040 | 2015-02-21 00:03 | | Comments(2)