カテゴリ:風情( 21 )


2017年 02月 12日

ひな人形

そろそろ、ひな人形が飾られだした。
保存商家に飾られた、これらの人形は、かなり古い貴重なものらしい。
妻と二人の生活では、季節に合わせ、玄関に小さな人形を置くぐらいで
何段もの飾りなど、とんと縁が無くなった。
そもそも人形にレンズを向けることが少ないが、偶には、と撮ってみた。
a0261169_23352018.jpg


by taketyh1040 | 2017-02-12 00:01 | 風情 | Comments(4)
2017年 01月 01日

明けまして おめでとうございます

a0261169_2012599.jpg


by taketyh1040 | 2017-01-01 00:00 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 22日

ふるさと便

妻の友人から、暮れのふるさと便が続いている。
今回は、宇都宮の友人から生もので、「日本一の卵」に選定された卵だと言う。
「磨宝卵GOLD」と気張った名が付いている。
一流シェフやパティシェが賞賛しているらしいので
早速、半熟の目玉焼きを作ってみた。(^_^; 素人だから
同時に、生の卵かけご飯にもしてみたが、なるほど絶賛したい味であった。
あれこれ、卵料理に挑戦してみようと妻と話している。
なにより、貴重なモノ以上に、友人達のその気持ちに感謝である。

a0261169_13295662.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-22 00:01 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 19日

贈り物

妻の仙台の友人から、毎年の、暮れの贈り物が届いた。
大きな段ボールに、手作りのものがギッシリと詰まっている。
手作り干し柿、梅干し、梅ゼリー、米、せんべい、実家の農園(山形)で採れるリンゴやラフランス・・・。
まるで母娘のような、彼女たちの情の濃い付き合いはなんなのであろうか。
男とは違う、濃い友情の絆があるらしい。
既に、私たちは二人とも両親も亡くなり、東京育ちで故郷もないのに、 まるで、暮れになると届く 「ふるさと便」 のようである。
感謝しながら、「友情の故郷の味」 に舌鼓を打っている。

a0261169_17551314.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-19 00:01 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 17日

濡れ落ちて

庭木の最後の紅葉が夜来の雨に濡れ落ちていた。
多彩な色変化で楽しませてくれた 葉であったが、
庭に撒いた錆砂の上で、最後の鮮やかさを見せてくれていたので、
雫をいっぱい纏っている姿にレンズを向けた。

a0261169_13495957.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-17 00:01 | 風情 | Comments(2)
2016年 12月 16日

床の間 復活

長い間、家具で塞いでいた床の間を復活させた。
家具を移動させ、掃除をし、あれこれ掛け軸の中から選び、
20年前に中国蘇州市 寒山寺で買い求めた楓橋夜泊詩 拓本の掛け軸を掛けた。
香を焚くと、一段と、部屋が落ち着きを感じさせ格調も上がったような気がする。
やはり、復活させて良かった。

a0261169_2357118.jpg

          楓橋夜泊 張継

           月落烏啼霜滿天
           江楓漁火對愁眠
           姑蘇城外寒山寺
           夜半鐘聲到客船

by taketyh1040 | 2016-12-16 00:01 | 風情 | Comments(3)
2016年 09月 23日

竹の下駄

いろんな下駄を見てきたが、竹の下駄は初めて出会った。
「履きにくいんじゃ〜ないかなぁ〜」と独り言を言いながら見ていたが、
大分、掃き込まれているようにも見える。
勝手に履いてみるわけにもいかず、カメラにだけ収めてきた。(^_^;)ドウナノダロ~

a0261169_17125746.jpg


by taketyh1040 | 2016-09-23 00:03 | 風情 | Comments(2)
2016年 08月 10日

残暑お見舞い申し上げます

a0261169_13231626.jpg


by taketyh1040 | 2016-08-10 12:47 | 風情 | Comments(2)
2016年 07月 03日

小さなお願い

もうすぐ七夕である。
所々に短冊を結んだ竹飾りが見かけられるが、
どの短冊にも、可愛い小さな(でも真剣な)お願いが書かれている。
きっと、神様も叶えてくれるよね。(^^ゞ

a0261169_12324515.jpg


by taketyh1040 | 2016-07-03 00:03 | 風情 | Comments(2)
2016年 02月 28日

旅枕

史料館で「旅枕」を見付けた。
枕の上蓋を開けると、そろばん、硯、筆、さらに、下の段にも、いろいろ工夫が凝らしてあるらしい。
古人の知恵に感心するのと、どれほどの想いで旅に出たのだろうと想いを巡らせる。
現代は、下手をするとトートバッグ一つで宿泊旅行へ行く若者もいる。
旅へ出るときに、「水杯を交わした」など、まったく解らないだろうなぁ〜。

a0261169_18183096.jpg


by taketyh1040 | 2016-02-28 00:03 | 風情 | Comments(2)