彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:街景( 10 )


2017年 08月 18日

300g超えステーキ

長年、ステーキは落ち着いたレストランで楽しんできた。
その概念が一変してしまった。
新しいビルにオープンしたステーキハウス。
入り口に、「当店では300gレアー以上が基本です」と書かれている。
長い列で順番を待って案内され、席を確保したら席札を持って注文カウンターへ、
肉の種類と焼き方を指定し精算をしてから席に戻る、程なく、注文のステーキが席へ運ばれてくる。
ナイフ、フォークも自分でとり、基本以上のタレや調味料は各自の好みで使う。
今迄、せいぜい200g〜250gで、300超えを頼んだ記憶がない(沖縄であったかも)のに、自然と300越えを注文する。
客ごとに独立のテーブルではないが、思ったより余裕もある十分な席で窮屈感はない。
なるほど、周りも、見慣れない大きさのステーキにフォークを運んでいる。
私は、リブロースやサーロインより、もっぱらヒレのミディアムが好みである。
正直、味も申し分ない、値段もリーズナブルであり、長蛇の列になるのも仕方ないであろう。
今回、2度目だったが、これからも、時々、長い列に並びそうである。
a0261169_10084650.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-18 00:01 | 街景 | Comments(1)
2017年 08月 04日

今度は商工祭り

早朝散歩で大国魂神社へ。
参道に万国旗が並んでいた。
そうだ、明日から商工祭りが始まるので、その準備が始まっているのだ。
昔は、地元商店街が一堂に会してくれるので、この機会にいろいろ見たり買ったりしたものだが、
今は、ネット販売もあり、デパートや大手ショッピングセンターも出揃っていて、祭りでないと買えないものはない。
それでも、なんとなく皆が押し寄せるので、この時ばかりは出展する地元商店も元気いっぱいである。
a0261169_11160009.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-04 00:01 | 街景 | Comments(4)
2017年 07月 31日

森を抜けると

朝、いつもの森の小径を抜けると、丁度、電車がやって来た。
この森の中から木立越しに見る電車が好きである。
a0261169_09550877.jpg


by taketyh1040 | 2017-07-31 00:01 | 街景 | Comments(4)
2017年 07月 30日

盆踊り

町内の小さな盆踊りが始まった。
以前は、まだ明るい内から賑やかな盆踊り曲が大音量で流れてきたが、
最近は、「五月蠅い!」と苦情もあるらしく、開始時間から始めるようだ。
こういうことに苦情(文句)を言うこと自体理解できないが、最近は増えているらしい。
以前に聞いた話に、養豚場や養鶏場、または牧場など昔から郊外で営んでいたところに、
あとから住宅が押し寄せ、挙げ句は「臭い、五月蠅い、出ていけ」と苦情が来ると困惑していた話を思い出す。
少し似ているようで、違うが、古来の風習や祭りを楽しむ気持ちを持ってほしいものである。
a0261169_21123582.jpg
a0261169_21124689.jpg
少し乱暴だが、同じく道路から撮ったものを、トリミングし
櫓で踊る人と太鼓を叩く人だけ切り取ってみた。
F3.5 1/40 ISO 500


by taketyh1040 | 2017-07-30 00:01 | 街景 | Comments(2)
2017年 07月 28日

窓辺の席がお気に入り

買い物で、妻と、お互いに捜し物があると別行動し、待ち合わせする。
私は、最近、この店の窓辺の席がお気に入りである。
窓辺に、適当に本が置いてあり、さらに自由に選べる本棚もある。
なにより、窓から欅の木々が見えるのも心地良い。
この店なら、少々待たされても構わないのだ。
a0261169_16444327.jpg


by taketyh1040 | 2017-07-28 00:01 | 街景 | Comments(4)
2017年 07月 26日

盆踊りの準備も出来たらしい

まだ誰もいない早朝の公園に、町内の盆踊り会場が出来上がっていた。
そう言えば、学校が夏休みに入って、毎年、この時期に行っていたと思い出す。
ここのところ青年会が夜遅くまで頑張って準備してくれていたらしい。
一時は、町内会活動も年寄りが多かったが、最近は青年会が復活していて活動的だ。
彼らを見ていると、楽しんでやっているのが伝わってくる。
心配しなくても、継承されていくものが大事にされているようである。
a0261169_10331006.jpg
a0261169_10331972.jpg



by taketyh1040 | 2017-07-26 00:01 | 街景 | Comments(6)
2017年 07月 17日

新しい街が誕生

ここ数年、工事中であった駅前の新しい巨大高層ビルが完成し、
ビルと言うより、新しい街の一角(ゾーン)が誕生した。
駅前のバスターミナルも拡充、整備され、通行も自由度が一気に増し、
従来からの巨大ビル群と連結・連携されて、一段と機能化し利便性が高まった。
ここはどこ?と思うほど、街の顔が変わった印象である。
オープンの日、この街に、こんなに人がいたのか?と思うほど賑わっていた。
あの細い路地に無数の小さな店が犇き合っていた以前の駅前光景は、もう誰の頭にも無かった。
a0261169_17125317.jpg
a0261169_17130474.jpg
a0261169_17132718.jpg
この街から撤退したと思っていた店が再会したのは嬉しかったが、
店内装飾も、すっかり変わって、以前の落ち着いた雰囲気はなかった。
それでも、元のままのテーブルクロスと味にホッとする。
この街に来て欲しいと思っていた店が、数多く開店してくれたのも嬉しい。
a0261169_17184747.jpg





by taketyh1040 | 2017-07-17 00:01 | 街景 | Comments(4)
2017年 07月 16日

一番 競馬場らしい門

今迄にも、何度も撮っているこの門。
門柱に「東京競馬場」と表示され、門扉に馬の彫刻まである。
正門、東門、西門、南門、どの門も名前の表示や彫刻など無い。
(さすがに正門は、門扉自体が手の込んだものになっている)
天皇陛下や皇族の方が御出での時に使用されるようである。
だからという訳ではないが、これらと緑の静けさが相俟って独特の風格すら感じさせている。
意識していないのだが、季節ごとに撮りたくなる。
新緑と、秋の紅葉が特に好きだが、早朝、初夏の門も、また良いと思った。
a0261169_20261228.jpg


by taketyh1040 | 2017-07-16 00:01 | 街景 | Comments(2)
2017年 07月 11日

ファミレス・アート

下の孫(小学生)を預かり週末から泊まっていた。
親から離れ、なんでも自由にさせてくれる爺婆は良いらしい。
昼食は、手作り料理と気分を変えて、孫がよく行くらしいファミレスへ行く。
我々の行き慣れている店とは雰囲気も違い、なんだか懐かしいものがある。
店内の装飾が面白く、料理を待つ間にレンズを向けた。
海外のものなのか、国内で造っているのか、どうやって集めてくるのか興味深い。
思ったより料理も美味しく満足であった。また偶には来ようと思いながら帰宅した。

それにしても、このレンズの小気味良い描写は好きである。(^_^)v
a0261169_16004020.jpg
a0261169_16011313.jpg
a0261169_16015005.jpg
a0261169_16020352.jpg






by taketyh1040 | 2017-07-11 00:01 | 街景 | Comments(2)
2017年 07月 07日

七夕

七夕である。
小さい頃は、竹に短冊を付けた思い出がある。
戦後、まだ、そのまま居た疎開先の島では、
七夕のあと、竹ごと海に流しに行く習慣があったのを思い出す。
今日でも、子供達の真剣な可愛い願いが付けられている。
願いを受ける神様も大変であろう。
a0261169_14081466.jpg
a0261169_14095106.jpg



by taketyh1040 | 2017-07-07 00:01 | 街景 | Comments(4)