カテゴリ:昆虫( 17 )


2016年 11月 01日

無理を承知で

散歩の途中、いつものベンチで休もうとしたらトンボが留まっていた。
いくらなんでも、このレンズでトンボは無理だろう〜思ったが息を止めて忍び足。
複眼の相手に忍び足もないだろう〜と思いながらやってみた。
ここまでが、70mmの逃げられない限界である。(^_^;)今年の初トンボだ。

a0261169_23205332.jpg

不思議なことに、私の次女(もう既におばさん)はトンボを呼べる。
彼女が「おいで〜」と呼ぶと、本当に指に留まるのである。(@_@;)
数年前、目の前でやってみせられて目が点になった。
これがその時の写真である。なぜ、こんなことが出来るのであろう?
EOS 7D, EF-s 18-200mm F3.5-5.6 IS
a0261169_13283060.jpg

複眼を、実に、ありありと撮れたのはこの時だけかなぁ〜。
EOS 5D MarkⅡ、EF180mm F3.5 L MACRO
a0261169_13311126.jpg


by taketyh1040 | 2016-11-01 00:03 | 昆虫 | Comments(2)
2016年 09月 18日

黄色い蝶

迫力があったり、見事な美しさのアゲハ蝶なども好きであるが、
一番好きなのが「黄色い蝶」である。
私の「蝶」のイメージは、幼い頃から、この「黄色い蝶」なのである。
他の蝶より、意外に静止してくれず撮れる機会が少ない。
今回は、機嫌が良かったのか、やっと撮ることが出来た。(^_^)v

a0261169_1256646.jpg

a0261169_12562123.jpg


by taketyh1040 | 2016-09-18 00:03 | 昆虫 | Comments(2)
2016年 08月 03日

セミ撮り

神社で出会った子供達が、自慢げに捕まえたカブトムシを見せてくれた。
「あっちの木に、いっぱいいるよ。」 と教えてくれる。
この歳になって、カブトムシを追いかける気持ちはないが 「有り難う」 と礼を言って別れる。
近くで、大きな蝉の声がするので目を凝らすと 「いた!」 、よく見ると、あちこちにいる。
120mm いっぱいに伸ばして近づく、どうにか撮れそうである。この + 15mmが実に効果的なのだ。
足音を忍ばせて、網を持たずに、もっぱらカメラで捕る、今年初の「蝉撮り」である。 
大人びたことを言っていたのに、なんのことはない。気持ちは子供の頃と何も変わっていないのである。(^_^;)

a0261169_11321329.jpg

a0261169_11322845.jpg


by taketyh1040 | 2016-08-03 00:03 | 昆虫 | Comments(2)
2015年 09月 27日

満腹

雨上がりの我が家の庭で、熟れて落ちた柿の実に、アゲハがやって来て果汁を吸っていた。
なんと、吸い口が果汁の色に染まって(透けて)オレンジ色に見えるのには驚いた。
余程気に入ったのか、妻が、「まだいるの?」と聞きに来るほど長い時間吸っていた。
なんの心配もなく、ゆっくりと満腹を味わう機会もないのだろうと、ソッと窓を閉めた。(^^ゞ

a0261169_1504264.jpg


by taketyh1040 | 2015-09-27 00:03 | 昆虫 | Comments(2)
2015年 09月 25日

セセリ2

先日に続いてセセリである。
蛾に似ているなどと悪態をついたが、確かに可愛い顔をしている。
意外に、近付いても逃げないのも良い。

a0261169_163423100.jpg


by taketyh1040 | 2015-09-25 00:03 | 昆虫 | Comments(4)
2015年 09月 24日

トンボ

秋になると トンボが飛び始める。
間違いなく季節が移っているのを感じる。
飛ぶ姿は美しく優雅であるが、このフェースドアレイレーダーを思わせる複眼は迫力がある。

a0261169_16243860.jpg


by taketyh1040 | 2015-09-24 00:03 | 昆虫 | Comments(2)
2015年 09月 21日

セセリ

私は、セセリを見て蝶とは思えない。
どちらかと言えば蛾であるが、実際はセセリチョウ科の分類らしい。
それでも、セセリは目が可愛い。
この大きな目を見ていると許せる気になる。(^^ゞ

a0261169_18585847.jpg


by taketyh1040 | 2015-09-21 00:03 | 昆虫 | Comments(2)
2015年 08月 20日

夏の終わりへ

セミの声が一段と大きく響いている。
どこかで、夏の終わりが近付いているのを知っているかのようである。
一時の、逃げ場のないような暑さは収まり、暑さの中にも爽やかさを感じ始めている。
そう思うと、もう少し夏を味わいたいと思ったりする。

a0261169_17314261.jpg


by taketyh1040 | 2015-08-20 00:03 | 昆虫 | Comments(4)
2015年 08月 12日

セミ

朝の散歩から帰って、庭木に水をやろうとしたら、
足下からセミの声が聞こえた。
覗いてみると、山椒の若木の葉にセミがいる。
仕方ないので、出来るだけ遠い木から順に水をやることにした。
そう言えば、「朝顔に 釣瓶とられて もらい水」 なんて句があったなぁ〜。

a0261169_1132250.jpg


by taketyh1040 | 2015-08-12 00:03 | 昆虫 | Comments(4)
2015年 07月 30日

覚醒

脱皮と言うより覚醒なのであろうか。
それぞれが羽ばたく処を選んだかのように、いろんな場所に脱ぎ捨てた殻が残っている。
そう思うと、セミたちの声が心地良く聞こえてくる。

a0261169_1054388.jpg

どうすれば、薄い葉の裏に、爪も立てずに自重をささえるのであろうか?
まして、脱皮中は意識もないのであろうに・・・
a0261169_1061070.jpg

a0261169_106369.jpg

a0261169_107550.jpg


by taketyh1040 | 2015-07-30 00:03 | 昆虫 | Comments(2)