カテゴリ:花( 615 )


2017年 03月 29日

カイドウ 芽吹く

庭のカイドウが芽吹いてきた。
玄関前と裏庭に各一本あるが、順調に蕾を膨らませている。
毎年、まるで桜と張り合うように同じ頃にピンクの花を開くが、
我が家には、少々、気の早い「啓翁桜」がやって来て、既に満開なので、
これからの桜シーズン中はカイドウの一人天下であろう。
a0261169_19363136.jpg
a0261169_19364264.jpg



by taketyh1040 | 2017-03-29 00:01 | | Comments(0)
2017年 03月 28日

庭の春

大分早い春先から咲き続けているヒメリュウキンカが、未だに勢いが衰えず、さらにエリアを広げつつある。
他の庭木たちも、次は自分だと準備を始めているのが多く、いつの間にか蕾を膨らませている。
驚いたのは、さらに次の次だろうと思われる紫陽花のダンスパーティーが、既に葉を広げ始めているのだ。
その葉の、花にも負けない鮮やかな緑が心地良く、側を通る度に足を止めてしまう。
「こんなにキレイな葉を着けるのかぁ〜」今更だが、今年初めて気がついた。
a0261169_17314593.jpg
a0261169_17315696.jpg

翌日、雨になり、垂れ梅の花弁が葉に落ちて
早春の、心地良いコラボを見せてくれていた。
a0261169_11405491.jpg



by taketyh1040 | 2017-03-28 00:01 | | Comments(2)
2017年 03月 27日

起きている写真も

変な寝姿の写真だけ載せたのでは怒られそうなので
起きている時の写真も撮った。
庭にも、お気に入りの場所があって、
裏庭では、日当たりの良い芝生のポジション。
表では、この紫陽花の側が良いらしい。
a0261169_17145285.jpg


by taketyh1040 | 2017-03-27 00:01 | | Comments(2)
2017年 03月 26日

コブシ咲く

待っていたコブシが咲いた。
何時の頃からか、この花が好きになった。
例によって、この花を見ると千昌夫の「北国の春」が思い出される。
それほど好きな歌手ではないのだが、この歌は印象的である。
そう、東北勤務の時代に、この歌詞を実感したのかもしれない。
薄れた東北の記憶が、この花を見ると断片的に思い出されるのである。
a0261169_00335293.jpg
a0261169_00340276.jpg
a0261169_00341358.jpg
a0261169_00342477.jpg
a0261169_00343685.jpg
a0261169_00344866.jpg
a0261169_00354062.jpg
「北国の春」
白樺(しらかば) 青空 南風(みなみかぜ)
こぶし咲く あの丘 北国の
ああ 北国の春
季節が都会では わからないだろと
届いたおふくろの 小さな包み
あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな









by taketyh1040 | 2017-03-26 00:01 | | Comments(4)
2017年 03月 24日

鉄砲水仙

中学校の校庭の塀の隙間から、一本だけ鉄砲水仙が
やっと抜け出たというように顔を出していた。
大人しく校庭に咲いていれば良いのに、どうも窮屈らしい。
その気持ち解らなくもないと、やや同情気味にレンズを向けた。
a0261169_14282588.jpg


by taketyh1040 | 2017-03-24 00:01 | | Comments(2)
2017年 03月 23日

専属のコブシ

暖かさに、気の早いコブシが咲き出している。
でも、私は、毎年、撮るコブシを決めている。
余程のことがない限り、このコブシ以外は撮らない。
他の木(花)では、こうまで拘ることはないのだが、なぜかコブシはこれに決めているのだ。
今日覗いてみたら、まだ蕾が、やっと開き始めたところであった。
開花は、あと4〜5日と言ったところかなぁ〜。
このレンズ、簡易的にマクロに切り替え使用できるので、咄嗟には十分応えてくれる。
a0261169_13514751.jpg
a0261169_13515644.jpg
a0261169_13520729.jpg




by taketyh1040 | 2017-03-23 00:01 | | Comments(2)
2017年 03月 22日

木蓮

一斉に、木蓮の木も花を開き始めている。
葉がなく、全体に花が覆うので単色でも華やかである。
何時咲いたのか?と驚くほど急に花が咲いているが不思議である。
青空一面に白い花が咲き揃う様は見応えがある。
そう言えば、似ているコブシも、もうすぐ咲きそうである。
a0261169_18095893.jpg
a0261169_18101375.jpg
a0261169_18102411.jpg
a0261169_18104302.jpg





by taketyh1040 | 2017-03-22 00:01 | | Comments(2)
2017年 03月 21日

椿の小径にも、やっと花が来た

今年は駄目なのか?と心配していた椿の小径。
遅れていた花が来はじめた。
例年ほどではないが、それでも、あちこちに花が着くと活気が出てくる。
カメラを構えていると、通りがかりのご婦人が
「やっと花が来ましたね〜」と声を掛けてくる。
やはり、皆が心配していたのであろう。
a0261169_18021867.jpg
a0261169_18023189.jpg
a0261169_18025711.jpg
a0261169_18030815.jpg
a0261169_18032055.jpg







by taketyh1040 | 2017-03-21 00:01 | | Comments(2)
2017年 03月 20日

彼岸桜2

今まで、例年、一眼の望遠系でアップを撮ってきたが、
この桜をLeicaで撮ったこがないことに気がつき、
標準 50mmで撮ってみることにした。
何本もあるのなら、絵になる木を選べば良いが、
たった一本の木を相手にすると意外に難しいのを実感する。
逆光の日陰という悪条件だが、使い方によってはかえって絵に出来そうだ。
ISO 80 に落としても、やや開け気味なら十分手持ちで撮れるSSが確保できる。
1ポーズのモデルなので、寄れない標準で枝単位の絵作りに専心してみた。
a0261169_16574979.jpg
a0261169_16575922.jpg
昨日、20年ぶり以上で、久しぶりに友人と逢った。
懐かしく、時間の経つのも忘れて話が弾んだ。
10以上ものボランティア活動、しかも重責を担っているという。
「大変なので後継者がいない」と嘆きながらも、充実感が滲み出ていた。
久しぶりに見る、その顔が輝いて見えた。
大学や、高校、中学の関係にも活躍されていて、苦労はあるがやり甲斐があるという。
昨今、マスコミを賑わせている学校関係の醜い話とは隔世の感がある。
再会を約して別れたが爽快感のある時間であった。



by taketyh1040 | 2017-03-20 00:01 | | Comments(2)
2017年 03月 19日

お彼岸に彼岸桜

自然の摂理には納得を通り越し、驚嘆さえ感じてしまう。
今年は寒いとか温かいとか騒がしいが、どうなのか?と心配していると
まるでカレンダーを見ているかのように、彼岸になるとキチンと約束通り彼岸桜が咲いてくる。
早咲きの、この桜、透き通るような透明感のある美しさに魅了される。
それなのに、毎年、思い描いているイメージ通りに絵に出来ないが残念に思っている。
今年も、几帳面に彼岸の日に美しく咲き揃ってくれたので、今年こそはと、少々、気合いを入れてレンズを向けた。
まぁ〜どうにか、昨年までよりは思い通りに撮れたのかと少々満足できそうである。(^^ゞ
a0261169_16343978.jpg
a0261169_16344800.jpg
a0261169_16350214.jpg
a0261169_16351208.jpg
a0261169_16352747.jpg
a0261169_16353864.jpg
a0261169_16355069.jpg
a0261169_16360267.jpg
a0261169_16361589.jpg
a0261169_16362491.jpg











by taketyh1040 | 2017-03-19 00:01 | | Comments(2)