彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:生物( 40 )


2017年 06月 15日

三つ編み

こちらを向いたら、三つ編みにした毛が額から垂れている。
大きな馬体と、貫禄のある風貌に不似合いなのが可愛い。
側に若い女性の飼育員が来ると駆け寄っていった。きっと、彼女が編んだのだろう。
馬への、細やかな愛情が垣間見えた気がした。
a0261169_09550606.jpg


by taketyh1040 | 2017-06-15 00:02 | 生物 | Comments(2)
2017年 06月 14日

馬の爪楊枝

実は、アオゲラに「また会えるのでは・・(^^ゞ 」と淡い期待をして
さらに写りの確かな一眼に望遠レンズを着けて散歩に出た。
しかし、そうは問屋が卸さずで、声も姿も見えなかった。
そうそう、こちらの思い通りにはいかないものだ。(^_^;)
帰り際に、競馬場の厩舎を覗いたら、馬が砂場でなにか探している。
まるで爪楊枝が欲しかったと言わんばかりに、細い棒を咥え、器用にモグモグしているのが
面白かったので撮ってみたが、馬の顔のアップは初めてである。
鳥の代わりに馬を撮ったことになった。
a0261169_14095848.jpg
帰宅すると、山紫陽花がピークを迎え
赤と言うより朱色になっている
鮮やかすぎるほどの色に、レンズを向けた。
a0261169_14120262.jpg



by taketyh1040 | 2017-06-14 00:02 | 生物 | Comments(2)
2016年 09月 26日

水上スケーター

まるで、アイススケートのように水の上を滑る。
水の上を、アメンボほど自由自在に動き回れるモノは他にいないであろう。
考えてみれば、神様も妙な生き物を創るものである。
なにげなく覗いたのに、彼らの動きに魅せられて、気がつくと大分時間が経っていた。

a0261169_14482416.jpg


by taketyh1040 | 2016-09-26 00:03 | 生物 | Comments(2)
2016年 03月 12日

大人しく待つ

競馬場の朝、厩舎は忙しそうである。
一斉に、厩舎の掃除が行われ、その間、馬たちは外に繋がれて待っている。
まるで、ワンルームマンションのように並んだ扉の前に、それぞれの馬が整列するように立っている。
毎日のことなので、「朝の行事」と理解して大人しくしているようだ。
馬たちの目を見ていると、なぜか「達観」したような眼差しに思えてくる。
こんなに優しい目をした動物も少ないのではないだろうか。

子供達に人気のポニーにも、他の馬同様に、一人前の厩舎を与えられているようである。
「ラッキー」という名が愛らしい。
a0261169_10173998.jpg

a0261169_101757100.jpg


by taketyh1040 | 2016-03-12 00:03 | 生物 | Comments(2)
2015年 01月 05日

羊_岩場に立つ

滅多に主役にならない羊であるが、なんと言っても、今年は未年で主役なのである。
牧草地のイメージもあるが、最も似合うのが岩場であろう。
随分、以前に撮ったモノだが、そんな写真を探してみた。

a0261169_20101794.jpg

a0261169_2092781.jpg

a0261169_2011616.jpg

a0261169_2011273.jpg

a0261169_20115158.jpg


by taketyh1040 | 2015-01-05 00:03 | 生物 | Comments(4)
2014年 12月 24日

孫悟空

映画館で、久しぶりに西遊記の予告編を見た。
昔は、テレビでも放映され、なにかと目にした物語だが、すっかり忘れていた。
確かに、ドラゴン・ボールなど現代の表現豊かなアニメを見ている子供達には、もう、受けないのかもしれない。
随分前だが、名古屋の東山動物園で、孫悟空のモデルだという「キンシコウ」に、初めて出逢った時は妙に感動したのを思い出す。
今も、元気でいるのだろうか?

a0261169_16514090.jpg


by taketyh1040 | 2014-12-24 00:03 | 生物 | Comments(4)
2014年 10月 11日

蝶と遊ぶ(遊ばれる)

蝶を追いかける。近くに来てくれたと思うと飛び去る。
まるで鬼ごっこである。
これでは、どちらが遊んでいるのか、遊ばれているのか分からないなぁ〜。

a0261169_1454333.jpg

a0261169_146379.jpg

a0261169_1463365.jpg


by taketyh1040 | 2014-10-11 00:05 | 生物 | Comments(2)
2014年 09月 22日

夏のうちに

庭で、大きなカマキリを見付けた。
身体も、色つやが良く活き活きとして元気である。
秋が近付きつつある中で、忙しそうであった。

a0261169_1563366.jpg


by taketyh1040 | 2014-09-22 00:05 | 生物 | Comments(2)
2014年 08月 15日

ノーファインダー

散歩道の木々の根元には、セミの出てきた穴が無数に空いている。
8年間も土の中で過ごし、やっと出てくるのかと思うと、少し切ない気がする。
歩き始めた時、どういう訳か、不意に、私のシャツの袖にセミが留まった。
そっと、iPhone を出しても動かないので、ノーファインダーでシャッターを切った。
やはり、見事に的外れのピンボケであった。

a0261169_10115843.jpg

a0261169_10121867.jpg


by taketyh1040 | 2014-08-15 00:05 | 生物 | Comments(2)
2014年 08月 11日

台風一過

台風が各地に大きな被害を出して去った。
幸いにも、この地は大したこともなく過ぎ、ホッとしている。
それでも、台風の過ぎた朝、あちこちに折れた枝などが散乱し生々しい。
セミの殻も、辺り一面に落ちていたが、しっかり残ったモノもあった。
孵化したセミは、幹と同化したように身を伏せ、風を防いでいたのであろうか。

a0261169_8573971.jpg

a0261169_8575961.jpg


by taketyh1040 | 2014-08-11 08:58 | 生物 | Comments(0)