カテゴリ:木、森( 142 )


2017年 04月 11日

新緑

桜に目を奪われている内に、森は新緑に染まりだしている。
花も良いが、この新緑の心地よさは言葉に出来ないほどである。
思わず、立ち止まって見入ってしまう。
その足下にボケの花が咲き始めていた。
例年、なんとも言えない微妙なグラデーションを見せてくれるボケだが、
今年は、その華やかさが無く、正に、名の通りボケた色合いに見えた。
a0261169_20110633.jpg
a0261169_20341342.jpg






by taketyh1040 | 2017-04-11 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2017年 02月 09日

プラタナスの実

時々、散歩で遠回りする道に立っているプラタナス。
もう一つの道には大木が何本もあるが、秋に紅葉を撮るのはこの木だ。
今日、愛犬に引かれて通りかかると、足下に、まるで鉄菱を敷き詰めたようにプラタナスの実が落ちていた。
木の上にあるのは、いつも見ているが、手に取って見たのは初めてだった。
丁度、ゴルフボールぐらいの大きさで、表面はディンプルならぬトゲがギッシリとバランス良く生えている。
近くの公園のベンチに置いて撮ってみたが、見れば見るほど実に見事な形をしている。
自然は、本当に凄いアーチストである。
a0261169_13334822.jpg
a0261169_13340070.jpg
a0261169_13341152.jpg




by taketyh1040 | 2017-02-09 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2017年 02月 08日

脱皮なのか成長なのか

欅の木が自ら皮を剥がしている。
いつも、「これは単なる古い表皮を脱ぎ捨てているのか、それとも成長なのか?」
と不思議に思いながら見ている。
皮を自ら剥ぎなら太くなっているのである。
他の木では、あまり目にしない光景だが、きっと、欅にとっては必要な行動なのであろう。
a0261169_20122127.jpg


by taketyh1040 | 2017-02-08 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2016年 12月 31日

黄葉シーズンを締めて

この街の紅葉シーズンを見事に締めて、
自らも、一枚残らず綺麗に落として、やっと役目を終えたと言わんばかりに
冬空に清々しく枝を伸ばしていた。
今年も随分楽しませてもらったが、ここまで綺麗に締めてもらうと、
気分一新、気持ち良く新年を迎えられるのである。

a0261169_16472725.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-31 16:47 | 木、森 | Comments(1)
2016年 12月 24日

また来年

特に注目もされないが、この森一番の大銀杏である。
森の小径を、落ち葉で真っ黄色に染めてくれる大好きな銀杏である。
既に、残る葉も痛み、辺り一面にギンナンを落として今期の幕引きを計っている。
向う側に、それを見守るように椿が開花し始めていた。
また来年、見事にこの森を染めてくれるのを待っているよ。

a0261169_1423163.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-24 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2016年 12月 18日

大銀杏の輝き

いつも逆光で撮っている大銀杏。
初めて、午後の光が、やや順光気味に当たっている姿を撮る。
「金色に輝いている黄葉」 こんな黄葉は、あまり目にしたことがない。
色も姿も、実に美しい。

a0261169_2315647.jpg

a0261169_23152541.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-18 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2016年 12月 13日

大銀杏の黄葉 色鮮やか

大銀杏の色が一段と鮮やかになってきた。
この近くで働いている警備員さん達は「金色の仏増」と呼んでいると言う。
正に実感のある言葉である。
どうしても、午前中に訪れてしまうので、いつも真逆光で撮っている。
順光の美しさは「黄金色」そのものである。
早い時期の午後に訪れてみようと思う。

a0261169_16581288.jpg

a0261169_16583860.jpg

a0261169_1659196.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-13 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2016年 12月 07日

上の葉か、下の葉か

庭木に残る最後の葉が、痛みもなくキレイな色を見せてくれていた。
夜来の雨が上がって、葉に雫が乗り、まるで、早く枯れないように
潤いを与えているかのように思えた。
背景の処理をしたいので開放を選んだが、
撮りながら、上の葉にピントを合わせるか、下の葉か、迷った。
下の葉の雫の方がボリュームがあったからだ。
結局、上下を数カット撮ったが、上のピントで、下にもややピンがきていたのを選んだ。

a0261169_11544829.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-07 00:02 | 木、森 | Comments(2)
2016年 12月 06日

なごり紅葉

いよいよ紅葉も終盤を迎えて、森の中は枯れ色が目立ち始めてきた。
往生際悪く、まだ紅葉を探しながら歩いている。
遠目に「あった〜」と思って近づくと、意外に枯れていることも多い。
そんな中に、ポツンポツンとなごり紅葉を拾いながら歩いている。

a0261169_16133610.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-06 00:01 | 木、森 | Comments(2)
2016年 11月 30日

我が家の紅葉

自宅の庭木も紅葉したり落葉して、僅かな木なのに、毎日、掃いても掃いても、いつの間にか溜まっている。
そんな中に、紅葉し枯れ落ちると同時に新しい葉を青々と着ける木もある。
よく見ると、なかなか味のある良い色をしていたり、面白い枯れ方をしているものがある。
なんだか、新しい楽しみ方を発見したような気がする。

a0261169_21405413.jpg

a0261169_21422835.jpg

a0261169_2143760.jpg


by taketyh1040 | 2016-11-30 00:01 | 木、森 | Comments(2)