彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:空( 14 )


2017年 01月 31日

細い月と金星が大接近

今夕、友人からメールが届き、南西の空で月齢4の細い月と宵の明星の金星が大接近して見える。
地球照を伴った幻想的な細い月と金星の共演は、数ある月と惑星の接近の中でも随一の美しさだ。
と教えてくれた。
天文的なことに疎いので、よく解らないまま夜空を見上げてみると、なるほど、
細い月の右上に、強い光で輝く星が見える。
「これが金星なんだな」と納得。
カメラを庭に引き出して、撮ってみた。
月が飛んでしまわない明るさで撮るのは難しいが、それより離れた月と星を
夜空に見えるように撮るのが難しい。
まぁ〜、この画では小さいので解りづらいが、どうにか月も飛ばず、
クレーターも表現でき、金星も写し込めた。(^_^)v
a0261169_19213459.jpg
a0261169_19431344.jpg
月の部分を、無理矢理アップしてみた




by taketyh1040 | 2017-01-31 19:29 | | Comments(2)
2016年 12月 02日

秋空

散歩道で見上げた空は、気持ち良い空色だったが
独特の雲が筋状に幾重にも並んでいた。
日射しは気持ち良いのに風は木枯らしを感じさせる。
もう冬だよと告げているような空であった。

a0261169_17124639.jpg


by taketyh1040 | 2016-12-02 00:01 | | Comments(2)
2016年 07月 27日

飛ぶ

人間の夢であった「飛ぶ」は、既に自由に飛べる時代になっている。
それどころか、宇宙へまで飛んでいける時代なのである。
それでも、空を飛んでいる鳥たちほど美しく自由ではない。
今尚、スーパーマンやバットマンの人気が衰えないのは自由に飛べることへの憧れなのかもしれない。

a0261169_19123752.jpg

a0261169_19125768.jpg

a0261169_19131235.jpg

a0261169_1913304.jpg

1番目は EOS 20D を使用。

by taketyh1040 | 2016-07-27 00:03 | | Comments(2)
2016年 07月 21日

夏の雲

夕方散歩の途中、空を見上げると気持ちの良い雲が浮かんでいた。
「あぁ〜夏だなぁ〜」と実感する。
正に夏の雲である。
しばらく足を止め、愛犬と空を見上げていた。

a0261169_2073191.jpg


by taketyh1040 | 2016-07-21 00:03 | | Comments(2)
2016年 02月 27日

プラネタリウム

久しぶりにプラネタリウムへ行った。
「オーロラの調べ」と「富士の星暦」が時間別に投影されていた。
遅い時間の「富士の星暦」を見たいので、時間調整をして観ることにした。
四季の星空と富士山の姿がドームいっぱいに広がり、目を見張る空撮や超ローアングルに圧倒され、
ダイヤモンド富士にパール富士など、3年間かけて撮ったという絶景の迫力と美しさに陶酔した。
また、絶景にも負けない「姫神」の音楽にも酔いしれた。
当然だが、撮影は不可であった。

入り口前に、子供向けの太陽と地球、月の説明デモ機が回っていた。

a0261169_14413839.jpg

a0261169_0493847.jpg


by taketyh1040 | 2016-02-27 00:03 | | Comments(2)
2015年 12月 23日

冬空

寒風に見上げると、すっかり冬空になっていた。
ふっと、サンタクローズが乗ったソリが見えたら良いのにと思った。
明日は、クリスマス・イブである。サンタクロースも忙しいことであろう。
以前は、商店街のどの店にもジングルベルが流れていたのに、昨今は、ほとんど耳にしない。
日本も、クリスマスは家庭で静かに迎える落ち着いたものになったらしい。(^^ゞ

a0261169_10343099.jpg


by taketyh1040 | 2015-12-23 00:03 | | Comments(2)
2015年 08月 13日

夏の雲

今日からお盆である。
新盆は、白い提灯を下げて、家を分かり易くして迎える。
家族も帰ってくるが、先祖も帰ってくるのである。
見上げた空には、夏らしい雲が浮いていた。

a0261169_15221750.jpg


by taketyh1040 | 2015-08-13 00:03 | | Comments(4)
2014年 10月 08日

皆既月蝕、妖しい色

今回の皆既月蝕を見て、今まで見たことがない妖しい色であった。
夕方、見上げた月は、普通の白い色でボワ〜と欠けていたが、
時間を追うごとに、妖しさが増していくようであった。

お詫びと訂正
先に掲載した写真は、私の認識は間違えていたらしい。
これが皆既月蝕の瞬間である。
ネット上の記事を見ると、「完全に地球の陰になると、普段と違う、このような色になる」と説明があり解ったのである。
コメントを頂いたのに申し訳ないと思いながら、そのまま掲載しておけず、お詫びと訂正の上、先の写真は削除させていただいた。<(_ _)>

a0261169_23531651.jpg


by taketyh1040 | 2014-10-08 23:53 | | Comments(2)
2014年 09月 10日

スーパームーン

妻に呼ばれて、2階へ上がると、スーパームーンだと言う。
知ってはいたが、特別、興味も無かったのだが、見ている内に
撮ってみようかと思い始めた。
月へカメラを向けるのは初めてである。
あれこれ、試してみながら設定を決める。初の月写真を撮った。

a0261169_21513918.jpg


by taketyh1040 | 2014-09-10 00:05 | | Comments(2)
2013年 12月 19日

白い雲

時々、思い出したように空を見上げてみる。
白い雲が、青空に自由な絵を描いている。
今日の雲は、何に見えるのだろうか?

a0261169_19221597.jpg


by taketyh1040 | 2013-12-19 00:05 | | Comments(2)