彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:風景( 831 )


2017年 08月 16日

夏草

夏草の生長は驚くほど早い。
庭の芝を覆い尽くすほどの勢いで伸びてくる。
気を許すと、生け垣にも縦横にツタが絡んでいる。
気温の低い日を選んで草刈りに格闘する。
専属管理人の手入れが行き届いているはずの館でも、例外ではないらしい。
a0261169_10050492.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-16 00:01 | 風景 | Comments(4)
2017年 08月 12日

酷暑の朝

酷暑が続いている。
早朝でも、あっと言う間に温度が上がってくる。
快調に歩いていた愛犬の息も荒くなってくる。
無理をしないで木陰を選んで歩く。
それでも、朝だけは歩いて季節を実感している。

競馬場の新厩舎の屋根に付けられたパイプの正体が初めて分かった。
焼けた屋根に散水して温度を下げるためのものらしい。
馬への優しい思いやりが感じられた。
a0261169_09564696.jpg
その塀に生えている草と実。
毒々しく赤黒い色が、さらに暑さを感じさせる。
馬の近くに、こんな実があっても大丈夫なのか?
a0261169_09592685.jpg



by taketyh1040 | 2017-08-12 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 08月 08日

40年ぶりのモノクロ撮影に想う

写友達がモノクロで撮っているのにつられて、
40年以上も遠退いていたモノクロ撮影をしてみた。
と言っても、PEN-F のモノクロモードで撮っただけである。
時代の進化は有り難いもので、フィルターワークもプロファイルとして備わっている。
赤フィルターほど強い設定は使わず、標準よりやや強めの、もう忘れかけているが、
黄色のフィルターぐらいのつもりで(合っているのか?)撮ってみた。
やる気になれば、各色ごとの調整が自由に出来るのは驚く。技術の進歩は凄い。
それと、驚いたのは、ファイルを取り込もうとしたら、カラー(RAW)の写真もあって、
モノクロの jpg ファイルと両方が保存されているのだ。
一端、カメラとしてはカラーで取り込み、カメラ内現像でモノクロ化しているのかもしれない。
正直、あまり感激もなく、モノクロの必要性も感じない。
きっと、テーマもなく、ただ撮っているからであろう。
今は、余程、モノクロの必要性を感じない限り、あまり撮ろうとは思っていないが、
テーマが見付かれば挑戦するかもしれない。
a0261169_11344298.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-08 00:01 | 風景 | Comments(4)
2017年 08月 03日

涼を求めて

連日の酷暑に撮影にも出ていない。
何か涼しいものを撮りたいと勝手に思う。
涼と言えば滝である。
日光の竜頭の滝。
紅葉か猛暑のシーズンになると行きたくなる滝である。
どうしようかなぁ〜。(^_^;)
a0261169_18045224.jpg
2011年に撮影


by taketyh1040 | 2017-08-03 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 07月 08日

ミストを受けながら

うだるような湿気と暑さ、まさしく梅雨である。
少し出かけるのが遅れると、途中で、強い陽射しから木陰に逃げ込む。
心地良い風と木陰の優しさにホッとしながら休む。
目の前の噴水から、時々、ミストのような細かい霧が降ってくる。
しばらく動かず涼しさに浸る。
a0261169_14100921.jpg


by taketyh1040 | 2017-07-08 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 07月 05日

夕闇に浮かぶ茅葺き

日増しに暑くなり、さすがに陽のある内は散歩に出られない。
陽が落ち、幾分温度が下がってから愛犬と歩く。
それでも、なにか撮れるかもしれないとカメラを肩にする。
そんな目に飛び込んできたのが、いつもの茅葺きの門。
三脚もなく、どうしようか?悩んだが、垣根に背をつけ、
呼吸を止めて胸にカメラを押し当てて撮ってみた。(人間三脚だ)
数枚撮った内の一番良いのがこれである。
a0261169_23320181.jpg


by taketyh1040 | 2017-07-05 00:01 | 風景 | Comments(4)
2017年 06月 25日

茅の輪

何気なく神社を覗いたら、茅の輪が出ていた。
茅の輪を見ると、今年も、この季節になったのかぁ〜と実感する。
もう、すっかり定着したのか、潜り方の説明立札も出ていない。
茅の輪を潜ると、なんだか、気持ちが良いものだ。
a0261169_14243977.jpg
a0261169_14240508.jpg




by taketyh1040 | 2017-06-25 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 06月 23日

朝日の随神門

毎朝、愛犬と、軽くお辞儀をして通る随神門。
大国魂神社、創立1900年の記念事業として随神門を新築した折に、
古来の門をこの神社へ移築したので、小さい神社には不釣り合いなほど立派な門であるが、
もう、すっかり馴染んで、昔から、ここにあったように佇んでいる。
私にとっては有り難いことで、ほとんど参拝客もない神社なので、四季折々に
私専任のモデルのように撮らせてもらっている。
特に、冬の雪の日には、真っ先に、ここに撮りに来る。
と言うより、理由などなく、ほぼ習慣のように、カメラを向けている。
a0261169_11393226.jpg


by taketyh1040 | 2017-06-23 00:02 | 風景 | Comments(4)
2017年 06月 23日

梅雨のススキ

森の、この一角だけに生えているススキ。
まるで保護されているかのように毎年元気に育つ。
梅雨の今、もう秋に備えて茂り始めている。
なぜか、毎年、この時期から確認したくなり見に来てしまう。
秋には、まるで綿雲のような独特の穂をたなびかせてくれるが楽しみである。
a0261169_16230961.jpg


by taketyh1040 | 2017-06-23 00:01 | 風景 | Comments(2)
2017年 06月 22日

森に咲く

森の中を散策する。
確か、この辺に?と、いつもの場所を探すと・・
やはり、例年のところに咲いていることが多い。
これを楽しみに、この森を歩く。
初めて見た花に、蝶が止まってくれた
(写友が、「トラノオ」だと教えてくれた)
a0261169_23182664.jpg
1本だけ見付かった なでしこ
a0261169_21244117.jpg
ホタルブクロ
a0261169_21242628.jpg






by taketyh1040 | 2017-06-22 00:01 | 風景 | Comments(2)