彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 04日 ( 3 )


2017年 05月 04日

うららかな陽射しの下

暑くもなく、寒くもなく、うららかな陽射しの中を、
愛犬と、いつもの森を歩く。
天気の良い日には、芝生の丘で木陰を見付け芝に腰を下ろす。
鳥の囀りを聞きながら、何処を見るでもなく、何も考えず、刻を過ごす。
犬が「もう行こうよ」と催促し始めたら立ち上がる。
何もしないのに満ち足りるものがある。
これは、この時期だけの特権である。
a0261169_14160847.jpg
a0261169_14161989.jpg
a0261169_14163066.jpg




by taketyh1040 | 2017-05-04 00:03 | 風景 | Comments(2)
2017年 05月 04日

藤とクマンバチ

今年、まだ藤を撮っていない。
毎年、撮っている藤が小さく、棚の上に微かに花を着けているだけで絵にならないのだ。
それならと、公園の藤棚を覗きに行った。
出迎えてくれたのは、クマンバチの大群であった。
十数匹が、棚のあちこちで蜜を吸っていて、近寄ると羽音も高く威嚇しながら警告に来る。(^_^;)
毎回、驚くのだが、クマンバチは直角飛行が得意だ。
折れ線グラフのように、カクッ、カクッと目にも留まらぬ早さで飛ぶ。
何とかカメラに収めたいのだが、ジッとしてくれない。
シャッタースピードが遅いのは解っていたが、羽が適当にブレて欲しいので
無理を承知で、そのまま随分シャッターを切ったが、案の定、ブレ写真の山であった。
その中でも、どうにか?というのを何点か載せるので、ブレにはご容赦を。
今年の初藤は、クマンバチが主役であった。
a0261169_14314833.jpg


a0261169_14325779.jpg



by taketyh1040 | 2017-05-04 00:02 | 昆虫 | Comments(0)
2017年 05月 04日

眠っていたレンズ達が起き出した

棚の奥に忘れられたように眠っていたレンズ達。
PEN-F の導入を機に再び陽が当たりだした。
レンズ達の嬉しそうな声が聞こえるような気がする。
久しぶりに光を通してレンズも生き返ったらしい。
この、手持ち唯一の出目金超広角ズームは、私には、やや手に余るが、
色の再現性も申し分なく、また活躍してくれそうである。
a0261169_19421074.jpg
a0261169_19421937.jpg



by taketyh1040 | 2017-05-04 00:01 | 風景 | Comments(0)