彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 07日

紫蘭を WI-FI 撮影

庭の紫蘭が咲いた。
欄とは言え、雑草に近いが気に入っている。
この花も、なにも手入れなどしないのに、毎年、元気に咲いてくれる。

今回、初めて WI-FI 撮影をしてみた。(ほぼ、テストのつもりでの撮影だ)
7DMarkⅡ用の WI-FI 用SD が発売になるのと同時に購入していたのだが、
使う機会がなく、今回が初めてである。
最初、操作に戸惑ったが、飲み込めると楽に操作できた。
被写体へレンズを向けるアングル調整だけカメラを触り、あとは全てスマホ画面で操作できる。
固定ファインダーだと超ローアングルでは、毎回、四苦八苦なので、「楽になれるのか?」
と期待して購入したが、なるほど、これなら良さそうだ。(^_^)v
あと一つ、モニター画面が左右反転しているのだけ解消できていない。(^_^;)
a0261169_10574680.jpg


by taketyh1040 | 2017-05-07 00:02 | 花・実 | Comments(2)
Commented by GEM at 2017-05-07 21:55 x
こんばんは。
説明を伺っても殆ど理解出来ない殆ど仙人状態の自分ですが、こういうアングルを遠隔操作で撮れたら楽になりますよね。
自分は直ぐに寝転んで色々なアングルを探るのですが、これならピント精度も含めて完璧みたいですね。
紫蘭独特の白いヒダヒダが心地よく描写されていますね。
Commented by taketyh1040 at 2017-05-07 22:10
GEMさん こんばんは。
最近、カメラに WI-FI 機能がついたものも増えてきましたが、(PEN-Fも可)
7DMarkⅡは、あとから、その機能が入ったソフト(SD)が発売されました。
まだ、どの機種にも使えるというほど対応機種はなく、私の手持ちでは7DMarkⅡだけが可能です。
このSDカードをカメラにセットし、スマホにも対応アプリを入れると、カメラとスマホが連動し操作できます。
カメラを地面に置き、手元のスマホでピント、絞り、SS・・など全てが自由に操作できます。
こう言うと、一見良さそうですが、カメラの固定が問題です。
今回は、たまたま自宅でしたから、超ローアングル用のミニ三脚にセットできましたが、
外で、咄嗟の時には、ターゲットに的確に照準を定められるのか心配ですね。(^_^;)


<< 欅並木の爽やかな風      全手動で撮る >>