彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 13日

まるで標本のよう

今迄、夏になると、数え切れないほど、蝉や、その抜け殻を見てきた。
だが、こんな光景に出会ったのは初めてである。
殻と上下に、まるで標本のようにキレイに並んでいる。
それも、四本の足も、ピンセットで揃えたかのように規則正しく揃えているのだ。
偶然だろうが、こんなこともあるんだなぁ〜と、繁々と見入ってしまった。
予想もしない光景を見て驚き、不思議な気持ちにもなった。
a0261169_10171840.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-13 00:01 | 昆虫 | Comments(2)
Commented by GEM at 2017-08-13 23:55 x
こんばんは。
改めて拝見すると、このシーン何だか微笑ましくも思えますね。
昨夜から少し涼しくなり 虫の声も聞こえ始めています。
Commented by taketyh1040 at 2017-08-14 09:52
GEMさん おはようございます。
なんと言うのでしょうね〜。
土の中に8年、地上に出て一週間、と思うと、
切なくもあり、微笑ましくもあり、頑張れ!と思ったり
それが自然!と割り切れない、複雑な気持ちになったりしますね〜。


<< 花火      酷暑の朝 >>