彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 10日

蝉の夏

この時期、森を歩いていると、必ずセミに出会う。
精一杯、鳴く声に夏を実感する。
よく見ると、隣にカラ蝉がいた。
自分の剥け殻ではないだろうが、
夏の風景を見る想いでシャッターを切る。
a0261169_10010064.jpg
珍しく、ミンミンゼミだろうか。
皇太子(現天皇)の結婚記念樹の碑に留まっていた。
しばらく待ってみたが、鳴かずに飛んでいった。
a0261169_10024774.jpg


by taketyh1040 | 2017-08-10 00:01 | 昆虫 | Comments(2)
Commented by GEM at 2017-08-11 00:06 x
こんばんは。
先日TVで、セミに就いての興味深い話を聞きました。
セミの止まる場所が、以前よりかなり低くなったという事です。
自分は止まっているセミを余り見た事がないので真偽の程は分かりませんが、
子供の時を思い起こせば、背の高い大人でも長い網を持っていた様な記憶が。
今年も裏返っているセミを見たら、精一杯レスキューしています。
Commented by taketyh1040 at 2017-08-11 10:01
GEMさん おはようございます。
そういうことなのか解りませんが、確かに、低いところにいますね〜。
今の子供達は、夢中になって採らなくなったせいでしょうか。
カメラを向けても、かなり近づけますよね。
外人からすると「あり得ない」奈良の鹿と同じかもしれませんよ。(^^ゞ


<< スズラン 夏はオレンジ玉      キバナコスモス >>