2017年 03月 20日

彼岸桜2

今まで、例年、一眼の望遠系でアップを撮ってきたが、
この桜をLeicaで撮ったこがないことに気がつき、
標準 50mmで撮ってみることにした。
何本もあるのなら、絵になる木を選べば良いが、
たった一本の木を相手にすると意外に難しいのを実感する。
逆光の日陰という悪条件だが、使い方によってはかえって絵に出来そうだ。
ISO 80 に落としても、やや開け気味なら十分手持ちで撮れるSSが確保できる。
1ポーズのモデルなので、寄れない標準で枝単位の絵作りに専心してみた。
a0261169_16574979.jpg
a0261169_16575922.jpg
昨日、20年ぶり以上で、久しぶりに友人と逢った。
懐かしく、時間の経つのも忘れて話が弾んだ。
10以上ものボランティア活動、しかも重責を担っているという。
「大変なので後継者がいない」と嘆きながらも、充実感が滲み出ていた。
久しぶりに見る、その顔が輝いて見えた。
大学や、高校、中学の関係にも活躍されていて、苦労はあるがやり甲斐があるという。
昨今、マスコミを賑わせている学校関係の醜い話とは隔世の感がある。
再会を約して別れたが爽快感のある時間であった。



by taketyh1040 | 2017-03-20 00:01 | | Comments(2)
Commented by GEM at 2017-03-20 22:00 x
こんばんは。
50㎜でしかもM9での撮影となると大変ですね。
咲き誇れば28㎜での撮影もありとは思いますが、いずれにせよ
贅沢な悩みですね。
素晴らしい友人と出会うと、妬みなどは微塵も感じず、心底尊敬出来ますね。
そして夫婦仲が良いカップル その様な友人をたくさん持ちたいものです。
Commented by taketyh1040 at 2017-03-20 22:18
GEMさん こんばんは。
寄れない50、だけど、この解像や色には満足させられます。
チョッと迷ってから持ち出しても、結果は、いつも満足されられてしまいます。
なんとなく、望遠やズームやマクロを選んでしまうのに、あとから不自由な単玉で
フットワークやアングルで撮れば良かったと想ったりします。
また、最初から、一本勝負やレンジファインダー勝負と決めて出かけてみようかと思ったりしています。(^^ゞ


<< 椿の小径にも、やっと花が来た      お彼岸に彼岸桜 >>