彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2017年 02月 25日

ツタが描く

冬枯れで、壁に伝わるツタの幹が剥き出していた。
この季節しか見られない光景である。
こうして見ると、実に巧みに壁を伝わっているのが解る。
その描き出すアートのような模様が面白く、レンズを向けた。
a0261169_23280310.jpg


by taketyh1040 | 2017-02-25 00:01 | 風景 | Comments(4)
Commented by sacra fragola at 2017-02-25 01:29 x
こんばんは。
ご無沙汰しておりました。
相変わらず季節に敏感なお写真。サボっている私には、頭が下がる思いです。
ツタもそうですが、落葉樹も冬の葉っぱが落ちた時に、その佇まいを見せてくれますね。
木のデッサンをするなら冬に・・・といわれるのもうなずけます。
NやCはもちろん素晴らしい写りですが、Fujiのレンズも素晴らしいですよ~(悪魔の囁き)
Commented by taketyh1040 at 2017-02-25 15:00
sacraさん こんにちは。
こちらこそ、ご無沙汰しています。
唯々、門前の小僧のつもりで積み重ねているだけです。
sacraさんの、Leicaレンズによる写真で刺激を頂きたく楽しみに拝見しています。
FUJIでは、長い間、悩み続けています。
我慢しながら、時々触っているのも楽しみ方の一つかなと思っています。(^_^;)
Commented by GEM at 2017-02-25 21:07 x
こんばんは。
こういう被写体って、練習問題を与えられた様で挑戦のし甲斐がありますね。
公園のフェンスをつたう植物も撮ってみたら楽しいですよね。
明日は休みなので何処かへで撮りに出かけ様と思っていますが、梅撮影は正直ちと飽いたかな。
Commented by taketyh1040 at 2017-02-25 21:36
GEMさん こんばんは。
題材探しの苦し紛れに近いのですが、フッと目に留まった塀のツタ。
でも、漠然として、何処までも続いているので、「どう切り取ろうか?」
結構、悩まされました。
撮った後、なにも無いと思っていたのに、意外に題材はあるものだなぁ〜と
妙に、教えられたような気持ちになりましたよ。(^_^;)


<< iPhone の利      梅が旬 >>