彩りの軌跡

take1040.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 18日

曲線の美と平衡感覚への挑戦

大桟橋の設計は曲線への挑戦だったのだろうか。
歩いていて、平衡感覚をテストされているかのような錯覚に落ち入る。
一番の実感は、なんと言っても木目が美しく、そして気持ち(居心地)が良い。

a0261169_2003057.jpg

a0261169_200558.jpg

a0261169_2011886.jpg


by taketyh1040 | 2013-10-18 00:05 | 建物 | Comments(4)
Commented by GEM at 2013-10-18 22:09 x
こんばんは
あちらの板で拝見して、どうなっているのだろうと思っていましたが
改ためてこちらで拝見しても 今ひとつピンときません。
全て木で作られているなんて すごく贅沢です。
ここは民間の施設なんですか?
Commented by taketyh1040 at 2013-10-18 22:40
GEMさん こんばんは。
ここは、メリケン波止場と呼ばれた横浜の海の玄関です。
国内外の大型の大型客船が着きますが、船着き場の上の階が展望デッキになっていて、しかも、全てウッドデッキと芝生になっています。
ところが、起伏に富んだデザインで、言葉ではなんとも説明できないものがあります。
部分的な写真しか撮っていないので、次の機会にでも全景が解るように努力してみますね。(^_^;)
Commented by tajiri8jp at 2013-10-23 05:40
ウッドデッキって、歩いていると心地よいですよね。ここは一度行ってみたいなあ・・。
Commented by taketyh1040 at 2013-10-23 16:31
tajiri8jpさん こんいちは。
そうなんですよ。ここは、なによりウッドデッキが気持ち良く、裸足になって走っている子供もいますが、大人もそんな気持ちになります。
その隣に芝生まで植わっているんですよ。(^_^)v


<< 野外展覧会 HORIZON      記念碑 >>